結婚式を黒字化・儲かる方法10選!プランナーが裏側を語る

結婚式を黒字化・儲かる方法10選!プランナーが裏側を語る

こんばんは。

takeshi kadotaです。

本日はお客様に質問された内容から記事を書いていこうと思います。

今日お話ししたお客様は結婚式にはあまり価値を感じておらず

  1. 結婚式に対してこだわりや要望はありますか?
  2. 特にそういうのはありません。
  3. では何か叶えたい希望はありますか?
  4. 新生活にお金を使いたいから結婚式は黒字にしたい!

というご要望がありました。

正直率直に思ったのが「うん。憧れがないのであればごもっとも。」

ということで、プランナーとしてどうしたら黒字化出来るのか徹底的に考えたので

ハネムーンにお金を使いたい!

家具家電は良いもので揃えたい!

新居は妥協したくない!

そんな方は是非参考にして下さい。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒字化① 出来るだけたくさんのゲストを招待する

これは素敵な結婚式を挙げるうえでも大切なポイントです。楽しい一日&黒字!

ということが叶う方法です。

ゲスト1人招待するごとにかかる金額は20,000円~25,000円です。

その招待した方が3万円以上お祝いで下さるわけですから

1人招待するごとに5,000円~10,000円は儲けられる!ということです。

家族だけで。と言わずにたくさんの方に声をかけましょう。

参加するかしないかはゲスト次第ですが、声がかかって悪い気がする方は少ないと思います。

ゲストを不快にさせずに黒字化する一番オススメの方法です。

詳しく知りたい方はこちらも合わせて参考にして下さい。

ご祝儀と負担額のことを詳しく解説しております。

結婚式は自己負担0で叶う!相場より安く抑える3つの方法
結婚式の費用を抑えるのではなく、自己負担額を相場より安く抑えられることをご存知でしょうか。0円でも叶います。 ご祝儀の計算方法や相場、更には自己負担額を減らす具体的な方法をご紹介します。結婚式は同じ内容でも賢くやることで費用を抑えられるので参考にしてみて下さい。

黒字化② 会社の上司をたくさん招待する

会社の規模が大きい方!ラッキーです!

大企業に務めた自分を褒めてあげましょう!笑

友人や同僚は3万円のご祝儀ですが、上司は平均でなんと7万円です!

単純計算で上司を1名招待するごとに5万円ぐらいの儲けが出るんですね。

呼ばない手はない!!

また、会社の方を結婚式に招待するということ自体がとても良いことです。

これからの社会人人生において生きやすくなりますし、招待せずにネチネチ言われるよりも会社での居心地が良くなるはずです。

黒字化③ 親族をたくさん招待する

親族は家族だけ招待する方がいらっしゃいますが、もちろんそれもありです。

ただ、いとこまで招待するのが一般的なので声を掛けましょう。

親族は平均5万円とご祝儀をたくさん包んでくれることが一般的です。

いとこより広げると、ほぼ会ったことがないような方々になるのでそれはさすがにお勧めしません。招待された側も感情移入しきれませんからね。。。

黒字化④ 遠方のゲストを呼ばないようにする

新幹線や飛行機を使用しないと招待できないようなゲストには基本的に

お車代や宿泊費の半額を新郎新婦からお渡しするのが一般的です。

遠方ゲストが多いといくらご祝儀を頂いても新郎新婦の方が負担が多くなります。

どうしても呼びたい!という方以外は招待するかしっかりと検討しましょう。

遠方ゲストがどうしても多くなってしまう方はこちらの記事を参考にして注意点を把握しておきましょう。

結婚式で遠方ゲストが多いカップルの注意点まとめ
まだ地元に住んでいるけど都内で結婚式をすることは出来る?遠方ゲストが多いけど注意する点は?お車代や宿泊費はどうしたらいい?そんな疑問を解決しながら交通費分を賢く安くする方法を伝授いたします。

黒字化⑤ 夫婦や家族で招待しない

夫婦で参加した場合のご祝儀相場は5万円です。

1人最低でも3万円はもらえる中、2人で5万円という形になるので

基本的には夫婦で仲が良くない限りは招待しなくてもいいかと思います。

家族となるとなおさらですね。

ただし!いとこを家族で招待するパターンで子供が社会人の場合は、夫婦で5万円&子供3万円が一般的です。

招待状を夫婦用と子供用で発送しましょう。

黒字化⑥ 子供は呼ばない

基本的に子供の参加でも式場に対して支払いが発生します。子供料理とかですね。

さらにいうと、披露宴会場内に入れる人数は限られていますが子供も1カウントです。

祝儀がないゲストに1席設ける状態となりますので子供を招待すると間違いなく支払のみ

が発生します。

黒字化⑦ 極力アイテムは持ち込みにする

アイテムによりますが、式場に頼むのと持ち込みにするのでは半額程度に抑えられる物が大半です。

式場の裏側を暴露しますと、アイテムをほぼ倍額で販売しております。

300万円の結婚式をしたら内容は150万円ぐらいのものということです。

ビックリしますよね。。。

結婚式するのやめないでくださいね?笑

だからこそ持ち込みという選択をすることで金額を大幅に下げられます。

今やメルカリやジモティーなどでいくらでもお得に手に入りますからね。

ちなみに持ち込みには2パターンあります。

①手作りする

②ネット等で他企業に発注する

どちらにしても式場に頼むよりは安いですが、手作りが出来るアイテムはしてみましょう。

ペーパーアイテム

生い立ちDVD

オープニングDVD

この辺りは比較的簡単に素材が手に入り、手作りがしやすいはずです。

持ち込みに関して詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

結婚式の持ち込みアイテムおすすめ6選
ドレスなどのウェディングアイテムを持ち込みたい!オリジナリティーのある結婚式にしたい!そんなカップル必見!! 現役プランナーが持ち込みのメリット・デメリットをまとめながら持ち込むべきアイテム6選をご紹介します。

また、メインアイテムは基本的に持ち込みNGとしている式場が多いので、持ち込む方法を知っておきましょう。

結婚式場にペーパーアイテムを持ち込む際の3つの注意点とは
節約になるから!とペーパーアイテムについて何も知らずに持ち込むと後悔しますよ。持ち込みにする際の注意点や選ぶ基準、どういうショップから購入するべきかをプランナーから解説いたします。持ち込み発注する前に読んでください。
カメラマン持ち込み不可の結婚式場に無料で持ち込むおすすめの交渉術
写真撮影は絶対にしたいけど式場に頼むと高額すぎる!という悩みを解決いたします。スキルのあるカメラマンを賢く式場に持ち込み大切な思い出を記念に残してください。もちろん無料で持ち込めますし交渉も必要ありません。
引出物を無料で結婚式場に持ち込むたった1つの交渉術
結婚式場に引出物を持ち込みたい!でも持ち込み料が高すぎる!そんなカップル必見です。プランナーの私がどうしても持ち込み料を取れない方法をご紹介します。式場として持ち込み料も貰う理由がなくなる方法なので交渉はいりません。
招待状を手作りする際の作り方と10の手順
招待状は式場に頼むのか持ち込むのか迷っている方、手作りしたいけど作り方が分からない方、是非参考にしてみて下さい。 持ち込むか判断する際のアドバイスや手作りするときの手順と注意点をプランナー目線でまとめてあります。

ちなみに結婚式の中で、一番単価が高いアイテムは衣装(ドレス)です。

これはほぼ100%持ち込み料が発生しますが、無料で持ち込む方法もあります。

詳しくはこちらで方法を解説しております。

ドレス持ち込み料交渉術3選!式場プランナーが伝授
【無料でドレスを持ち込む交渉術3選】式場は気に入ったけどドレスの持ち込みが出来ない!ドレスの持ち込み料が高い!という悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい。式場の裏側を知っている現役プランナーが持ち込みを無料でする方法を3つお伝えします。

黒字化⑧ インスタで先輩花嫁と繋がる

これがなぜ、黒字化に繋がるかというと

持ち込みでアイテムを沢山作ったり購入した方は、そのアイテムどうしますか?

正直もう使わないですよね。それは先輩花嫁も一緒です。

それをインスタで繋がったこれから式をする花嫁に格安で販売していたり仲良くなると、無料で貸してくれたりします。

実際、私のお客様でも「インスタで繋がった方にティアラ借りた!」というような方も大勢いらっしゃいます。

先輩花嫁と繋がっておくと、様々な情報が聞けて参考になりますよ。

ちなみに、式場が決まっているのであれば式場名でインスタ検索してみましょう。

そこで式をした花嫁はだいだい式場をフォローしているので、そういう方と繋がれるはずです。情報収集に使ってみるのもありです。

黒字化⑨ ブライダルフェアで値引きしてもらう

これは上手くいけば50万円ぐらい金額を減らすことが出来ます。

プランナーだからこそ書ける内容を別の記事に書いてますので参考にどうぞ。

結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。

また日程により金額が50万ぐらい変わることはご存知ですか?

旅行とかと同じで、年末年始やゴールデンウィークはどこ行っても飛行機代やホテル代が高いですよね。

結婚式も同じです。

時期・日柄・時間帯などの条件で金額が全然変わります。

トップシーズンとオフシーズンでは上手くいけば100万円変わることも少なくありません。

日程にこだわりのない方はこの方法がお勧めです。こちらも詳しく書くと長くなるので、別記事で書いてます。

ブライダルフェアでディズニーペアチケットを貰う方法
ブライダルフェアや式場見学でディズニーペアチケットを初めとしたお得な特典を貰う方法を、3,000組のカップルを接客してきたプランナーが公開しちゃいます!交渉するのは気が引ける、みっともない、けど安くなったら嬉しい。そんなカップルは是非参考にしてみて下さい。

黒字化⑩ 相談カウンターから予約する(ハナユメ以外はあまり効果なし)

相談カウンターを通すと、式場の金額が安くなる!

と思っている友人が私の周りにもたくさんいますが、ハッキリ言ってなりません。

むしろ、割引が少なくなる可能性が高いです。

理由は、式場側はカウンターから送客があった場合紹介料を支払う必要があります。

その分割引が少なくなるということです。もし契約になったら紹介料○○万円払わないといけないから割引あんまり出来ないなー。となってしまうんです。

ただし、最近CMでよく見るハナユメさんだけは安くなります。

私の式場でも実際にハナユメさんを通してフェア予約してきた方だけは通常よりも100万円以上安く見積もりを作成しています。

ハナユメは提携する時に「他のサイトやカウンターには出していないハナユメ専用の激安プランを作ること」を条件にしています。

これによりゼクシィなどのサイトやカウンターを通したり、自分で予約すると紹介してもらえない激安プランを紹介してもらえるようになります。

自分で予約してフェアに参加したら400万円の会場でも、ハナユメを通して予約するだけで250万円になるということはブライダル業界は当たり前です。

ハナユメさんはローラを使ったCMで話題になり、各地でイベントも開催している大人気サイトです。ブライダルをよく知っている私からするとゼクシィ見る前にハナユメを見るべき!というサイトです。

新郎新婦様からの支持が高すぎて、式場は安いプランを出してでもハナユメに掲載せざるを得ない程のカウンターなので出来ることです。

予算面でお得に結婚式を叶えたい方はハナユメから絶対に予約することをオススメします。

式場側からしたら一番安いプランを案内せざる負えない相談カウンターですが、新郎新婦様からしたらMUSTで使うべき愛するカウンターですね。

公式サイトはこちら

ハナユメ

ブライダルカウンターについて詳しく知りたい方はこちら

ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!
結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。

黒字化する方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

この方法は何も1つ選択して使う必要はありません。

複数使えば使うほど結婚式の費用が抑えられますし、祝儀もたくさんもらえる黒字化に繋がります。

使える方法があれば参考にして下さい。

<合わせて読みたい結婚式費用に関する記事>

結婚式を貯金なしで挙げる方法はたった2つ
この記事を読めば結婚式は貯金なしでお金をかけずに出来るということが分かるはずです。結婚式にお金を掛けすぎて貯金がない!という状況にならない為には結婚式費用を抑えたり0円で結婚式を挙げる必要があります。現役プランナーがその方法を2つご紹介いたします。
結婚式費用を節約する7つのコツをプランナーが公開
結婚式の費用は節約する知識さえあれば相場よりも贅沢な結婚式を相場よりも安く叶えることが出来ます。現役プランナーだからこそ分かる結婚式の費用を抑える方法を7つ伝授いたします。この方法を全て取り入れて150万円程度の割引を貰ってください。
結婚式を後払いにする交渉術4つを紹介
結婚式の費用を後払いに出来れば貯金がなくても結婚式をすることが出来ます。ご祝儀払いも出来ます。ただし、通常通り式場にブライダルフェア予約をして契約しようとするとほぼ100%前払い制になります。後払いにする方法を知ったうえで契約しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>