結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは

結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの交渉術

こんばんわ。takeshi kadotaです。

今日は結婚式場選びの中で値引きしてもらう方法についてお話します。

結婚式場の裏側を知り尽くしたプランナーがお伝えしますので、かなり有効かと思います。

最近お金の話が多くなってしまってますが、金額面で不安になっている方や困っている方。

式後に後悔してる方が凄く多いので、そんな方のお役に立てれば嬉しいです。

この値引き術は

春や秋など大人気の高額な時期で日柄も時間帯も最高な日に結婚式がしたい!けど安くやりたい!

というワガママ(笑)な方にオススメです。

でもね、いいんです。ワガママで。だって結婚式ですから。

方法はたった一つです。相見積もりを取る。

これだけです。なんだ家電量販店とかと一緒か。と思われた方、結婚式場の値引き額をなめちゃいけません。

1万、2万の世界じゃなく最低10万。うまくいけば100万円変わりますよ。

100万あったら新居の家具家電は全て揃いますよ?結婚式場を複数回るだけで家具家電揃うんですから是非やって下さい。

ちなみにこの方法以外に交渉するをするのは不可能です。

唯一、可能性があるのは「予算を低く伝えること。」でもこれオススメしません。

その予算に合わせて見積もりの内容を削られるだけで、値引きは増えません。

スッカスカのなーんにもアイテムが入ってない今後150万上がる見積もりが出てきて終わりです。

私がお伝えする方法は、内容が充実した見積もりで値引き額を上げる方法です。

ではそのやり方を詳しく説明していきます。3ステップだけです。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆値引きのコツ① 即決はしない

後ほどご説明しますが、本命は最後に行きます。

本命を残したまま即決するのは本末転倒なので即決はNGです。

行ってみたら意外とよかった!これはあると思いますが

別に即決しなくても最終的に全部回って、そこが良かったらそこにしたらいいだけです。

おそらくプランナーから「今決めてくれたら30万OFF」とか言われると思います。

しかし!その30万はもとから値引きする予定ですよ。

即決しなくても最終的に3つ回ってそこが良ければ、30万引いてくれたら決めると交渉して下さい。ほぼ100%値引きしてくれますから。

あとは日程埋まります。というパターン。

これはあり得ますが、次の日に希望日程がピンポイントで埋まることは相当レアです。

奇跡的に埋まってしまったらそれはもう運命です。ただし、結婚式場が出してくる空き日程は嘘だということを知っておきましょう。

結婚式場の空き状況は嘘!?本当の空き日程を確認する6つの方法
現役プランナーが式場の空き状況についてぶっちゃけます。嘘の空き状況を伝えている式場は多く、焦らせることで即決を狙おうとしています。本当の空き状況を確認する方法を知り冷静な判断が出来る状況を作りましょう!

即決を迫られるのがイヤ!という方は事前に対策しておくことで当日スッと帰ることが出来ます。こちらで紹介しておきます。

ブライダルフェアで即決すると後悔する5つの理由
ブライダルフェアで即決はしたくない!押し売りを断れないから営業をかけられたくない!そんな方は是非読んでからブライダルフェアに参加してください。たった1言伝えるだけで、上手に断れて長引かせません。

しつこい連絡がこないようにする対策はこちらです。

結婚式場からしつこい営業の連絡がくるのを防ぐ5つの方法
フェアに参加したいけど営業をかけられるのがイヤ!連絡がしつこくきてうざい!そんな方の悩みを解決できる方法をまとめております。フェア参加前でも後でも参考にして頂けて、誰でも出来る簡単なものをピックアップしております。

◆値引きのコツ② 最低でも3軒は回る

これはなぜかというと言い方が悪いですが「咬ませ犬」です。

回る順番と回る式場選びも重要なので手順を解説いたします。

1、検討のエリア内で、かなり安いプランがある結婚式場に行く

参考になるのは

・ネットのプラン

・ゼクシィの会場ページ左下の見積もり金額です。

ゼクシィの見積もりは同エリアであれば、見積もりの内容や人数が同じ条件で掲載されてます。その中で安いところにまずは行ってください。

2、ある程度アイテムが入った見積もりを貰う。

何も言わないとスカスカの見積もりになることが多いので初めから、下の内容ぐらいが入った見積もりを貰います。

料理、ドリンクの1ランクアップ

ケーキのランクアップ

ペーパーアイテム

席札やメニューカード、席次表

ドレス2点とタキシードを30万程度。

ヘアメイクリハーサル2点分

両親の着物やモーニング

両親の着付けヘアセット

花は見積もりから総額10万アップ

スナップアルバム

VTR撮影

生い立ち映像

エンドロール

引き出物引菓子

クロス、ナフキン

最低こんなものでしょう。あとは希望に応じてアレンジして下さい。

3、本命と同じぐらいの金額のところでグレードを合わせる

出来れば少し安いぐらいがベスト。ここで1件目と同じ内容の見積もりを貰います。

本気でお得にやりたいのなら、2件目は安い時期の見積もりを貰いましょう。

安い時期は1,2,7,8月です。

◆値引きのコツ③ 本命会場に行く

その後いよいよ本命です。

ここで2軒目の見積もりを出して「同じ内容で作って下さい」と依頼して下さい。

ちなみに2軒目を気に入っているというアピールをしたら完璧です。

この流れで本命の見積もりを貰うと安くなります。

間違いなく1軒目で本命に行って即決するよりも安くなります。

式場回るのは面倒くさい部分もあると思いますが、知識も得られますし見ていくと自分のやりたい結婚式が見えてきます。

そもそも本命があって値引きしたい場合でなくても、3軒は回ることを私はオススメしてます。どうせ回るなら効果的な回り方をしましょう。

◆値引きのコツ④ ブライダルフェア予約するサイトはハナユメを使わないと損

このステップを行う為にもう1つ知っておいて頂きたいのが、驚かれるかもしれませんが結婚式の費用は予約するサイトによって150万円変わる可能性があります。

ゼクシィから予約したら400万円の結婚式が同じ結婚式場で同じ内容なのに250万円になるかもしれない。ということです。

ゼクシィなどを含めるウェディングサイトは結婚式場に元々ある情報を掲載しているだけです。

ただ、ハナユメは掲載する段階で専用の割引プランを式場に用意させてます。

これにより、同じ式場で同じ内容の結婚式でも安く叶います。

ローラのCMで話題になり、今や大人気のサイトとなったのはこれが理由であり新郎新婦からの支持が高すぎて式場側は安いプランを作ってでもハナユメに掲載しないとお客様が来てくれないという状況にブライダル業界はあります。

なかなかブライダル業界で働いていないとこういうことは知らないですよね。未だにゼクシィが一番良いと思っている方も多いと思います。

公式サイトはこちら

ハナユメ

◆値引きコツ~番外編~

結婚式の値引き方法は上記が一番大きな値引きが貰えます。

さらに他の値引き方法を併用して安くすることもあるので紹介しておきます。

1、安い月を選ぶ

結婚式は1年間ずっと同じ金額ではなく、月によって値引き額が変わります。

安い時期は1,2月と8月です。

人気の時期は高く、不人気な時期は安くなります。皆さん気候の良い時期に結婚式を選ぶので真冬と真夏は安く結婚式を挙げることが出来ます。

結婚式の高い時期と安い時期をもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

結婚式を高い時期でも安く挙げる6つの方法!
結婚式はシーズンによって金額が変わりますが、高い時期でも安くする方法はたくさんあります。春や秋のトップシーズンでも夏や冬のオフシーズンと同じぐらいの金額で結婚式が叶う方法を現役プランナーが徹底解説致します。

2、安い日柄を選ぶ

こちらも同じ考え方で不人気な「仏滅」を選ぶと安くなります。

5万円~10万円程度の割引であることが多いですが、バカに出来ない額です。

大半の式場が「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」は同じ金額のことが多く「仏滅」だけは値引きが入ります。

3、安い時間帯を選ぶ

大半の式場は午前中・午後と1日2部制で結婚式を行っていますが、結婚式場によっては夕方にも結婚式を行ういわゆる「ナイトウェディング」を実施している結婚式場があります。

こういった結婚式場は必ずナイトウェディングを安く販売しています。

ナイトウェディングは2次会が出来なかったりするので午前午後に比べると不人気なので値引きをして提供します。

4、大型連休を選ぶ

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などはゲストが旅行に行けるようにと、結婚式をする方が減ります。つまり不人気の為、結婚式は安くなります。

5、直前申込をする

結婚式の費用は申込から挙式までの期間が短ければ短いほど安くなるということを知っておきましょう。

結婚式の予約は1年前~半年前を目安に皆さん動きます。その為、半年前を切ってしまうともう日程が埋まるのは厳しくなります。

結婚式場は建物を持っている以上、稼働しなければ1円にもならず安くしてでも稼働させたいので埋まらないぐらいなら値引きして結婚式を受注したいと考えます。

結婚式場からするとギリギリに申し込んでくれる方は「もう埋まらない」と諦めていた日程を埋めてくれる救世主です。どうしても他社に取られたくないので大きな値引きをして契約を取りに来ます。

このように挙式日程の半年を切ってから予約をすると値引き額が増えます。特に3か月以内の準備期間となれば一気に安くなります。

もう少し詳しくは知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは
結婚式は式場の予約をするタイミングによって金額が大幅に変わることをご存知でしょうか。半年前か3か月前かによって100万円以上変わりますので、プランナーとして予約のベストタイミングとお得に結婚式を叶える方法を公開致します。

6、午前中のブライダルフェアに参加する

ブライダルフェアは参加する時間帯によって割引が変わります。午後や夕方よりも朝一番のブライダルフェアは値引き額が増えます。

ブライダルフェアでは即決してしまう方がたくさんいる為、午前中にブライダルフェア参加した式場でそのまま契約してしまい、自社が午後の予約だった場合キャンセルとなってしまいます。

結婚式場にとってブライダルフェアのキャンセルは非常に痛手なので、それを防ぐためにどうにかして一番先に自社に来てもらえるよう工夫しています。

このキャンセルを防ぐための手段が値引き額です。

ブライダルフェア予約サイト(ハナユメなどのサイト)を見ると分かりますが、午前中のブライダルフェア限定特典がついた式場がたくさんあります。

これを利用することで通常よりも値引き額を増やすことが出来ます。

詳しく知りたい方はこちらの記事で紹介しております。

ブライダルフェアは午前中に参加すると割引が増える理由とは
【オススメのスケジュール付き】ブライダルフェアは何時に行っても一緒だと思っているカップルは要注意です!午前中に参加すると割引が増えることを知っておきましょう!なぜ割引が増えるのかを現役プランナーが徹底解説致します。

7、月末のブライダルフェアに参加する

結婚式場もビジネスですから、年間で○○件の結婚式受注!など数値で目標をおいています。

これを月間に割り当て、「今月は○件の結婚式を受注する!」という目標をプランナーは追っています。

月末に近くなり目標に達しなさそう・・・ということが分かれば、値引き額を増やしてでも契約を取りに行く結婚式場が増えます。

年末決算大セールとか、売り尽くしセールみたいなものですね。

告知があるわけではありませんが、月初よりも月末の方が値引き額が増える可能性があります。

8、特典の多いブライダルフェアに参加する

ブライダルフェアは日程によってフェア名や内容・特典が異なります。大型連休や年末年始などは特に集客時期なので特典を多くして他社との競争に勝とうとします。

特別なブライダルフェアは見積もりに「年末年始ビックフェア特典」などで大きな値引きが入ったります。

予約サイトを見て「~~ビックフェア!」などと書いてあったら特典内容を見てみましょう。値引き額が増えそうならそのブライダルフェアを狙って参加しましょう。

◆結婚式値引きのコツ まとめ

交渉をしてどうにかなる部分もありますが、どこの業界も他社を引き合いに出して割引を貰うのが一番有効な方法です。

一番良い方法は

ハナユメで3軒予約してキャンペーンの4万円GET

②全ての会場でハナユメ割を使ったお得な見積もりをもらう

③最後の本命会場でハナユメ割&他社の情報を使った割引しまくり見積もりを貰って決定

「ハナユメ割」はハナユメから予約しただけで付く特典なので特に何もする必要はありません。

という方法がベストです。

公式サイトはこちら

ハナユメ

自分が住んでいるエリアでハナユメの掲載式場がない!気になっている式場の掲載がない!

という場合でも使うべきサイトがあります。

こちらの記事で全てのサイトを比較しながら、お勧めのサイトを紹介してます。

ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!7社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>