カメラマン持ち込み不可の結婚式場に無料で持ち込むおすすめの交渉術

カメラマン持ち込み不可の結婚式場に無料で持ち込むおすすめの交渉術

こんばんは。

takeshi kadotaです。

結婚式場の大半がカメラマンの持ち込みを禁止していますよね?

写真は絶対に残したいけど、式場で頼んだらメチャクチャ高い!という悩みを解決できる裏技をご紹介します。

プランナーをやっていますが、この方法で持ち込まれたら何も言えない。という方法なので交渉はいりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、カメラマン持ち込みNGの理由

カメラマンが持ち込みNGである理由は1つだけで写真やVTRという大きな売上を作る商品を持ち込まれたら困る。というだけです。

・うちのカメラマンだから式場のことを分かっている。だから綺麗な写真が撮れる

・うちのカメラマンは凄いから任せた方が良い。

というのは営業トークでしかありません。

実際私はカメラマンの知り合いが何人もいますが、結婚式のカメラマンってレベル高くないんですって。

私もビックリしたのですが、全員口を揃えて言ってました。最初のステップで結婚式を選ぶ感じらしいです。

本当は物撮りとか人撮影の方が難しいみたいなので、結婚式専属のカメラマンがスキル高いと思っているのは勘違いらしいです。

確かに正直写真の出来を見ると、ピンキリで素敵な写真を撮る人はもっと他の撮影をメインでやっている人でした。

2、交渉せずに無料で持ち込む方法

少し脱線しましたが、さっそく持ち込む方法をお伝えします。

ゲストとしてカメラマンを招待してください。

新郎or新婦の知人として外注したカメラマンを手配して、料理やドリンクも出す普通のゲストとして招待をすると式場はダメと言えません。というか分かりません。

あくまで知人として招待して、その知人の趣味が写真を撮ることだからその人に撮影してもらいたい。という意志だけ伝えて置けば大丈夫です。

注意点として、稀にゲストが写真を撮影することをNGとしている式場があります。このパターンだけはどうしても難しいので諦めるしかないでしょう。

そうでなければ、メイクシーンから挙式リハーサルから披露宴お開きまで全部付いてきてもらって撮影してもらうことは可能です。

事前に式場には外注していることは言っていない。ということだけカメラマンに伝えておきましょう。

式場側からすると親族や友人が撮影しているのは当たり前のことで、いくらでもそういう相談は受けているので違和感すらありません。

ただ、挙式当日にガチの機材持ってきているなー。笑

と思うだけです。

3、まとめ

結婚式をお得に叶えるためには、賢くグレーゾーンをかいくぐる。ということも必要です。

知識をつけたうえでお得に結婚式を叶えて下さい。

持ち込み関連の記事はこちら

引出物を無料で結婚式場に持ち込むたった1つの交渉術
結婚式場に引出物を持ち込みたい!でも持ち込み料が高すぎる!そんなカップル必見です。プランナーの私がどうしても持ち込み料を取れない方法をご紹介します。式場として持ち込み料も貰う理由がなくなる方法なので交渉はいりません。
ドレス持ち込み料交渉術3選!式場プランナーが伝授
【無料でドレスを持ち込む交渉術3選】式場は気に入ったけどドレスの持ち込みが出来ない!ドレスの持ち込み料が高い!という悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい。式場の裏側を知っている現役プランナーが持ち込みを無料でする方法を3つお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>