スポンサーリンク

結婚式を後払いにする4つの交渉術を現役プランナーが公開

こんばんは。

takeshi kadotaです。

結婚式は大金がかかる為、経済的な理由で諦める方が多いですが事前に用意するお金がなくていいのであれば結婚式が出来るカップルが増えるのではないかと思い記事を書かせて頂きます。

ブライダル業界の当たり前として、費用は全て前払いです。

ということはご祝儀で固まったお金が入る前に300万円という大金を用意しなければならない。ということになります。

新生活も並行して始まる中、大きすぎる出費ですし貯金が必要になりますよね。

これが無理だからと結婚式を諦める前に、後払いに出来る方法があることを知ってください。

そのうえで結婚式をするかどうかを判断すると、後悔のない第二の人生が送れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、なぜ前払いなのか

そもそもなぜ結婚式は前払いなのか。ということを理解しておくと、これから説明することが理解して頂きやすくなるので解説しておきます。

結論からお伝えすると、費用を回収出来ないことが有り得るからです。

・ご祝儀で200万円ぐらい集まると思っていたけど、150万円ぐらいだった。

・結婚式以外の新生活に費用をかけ過ぎて支払えなくなった

・最初の見積りから金額が跳ね上がったことで支払えなくなった

などなど人によって理由は違いますが、大金だからこそ支払えないことがあります。

もちろん最初から支払いの目途がないまま契約する方はいないかと思いますが、後々支払えなくなることは大いに考えられることで、式場からしても費用を回収できないリスクがあります。特にご祝儀は当日開けてみないといくら集まったか分かりませんからね。

このような結婚式は、事前に確定せず想定だけで考えなければいけない項目が多いから式場側のリスク回避の為に前払いとなっています。

2、交渉で後払いにしてもらう

前述したように、式場側のリスク回避をする為に前払いとなっておりますが本当の一番のリスクは契約してもらえないことです。

人気のあるシーズンの大安などは正直あなたが契約しなくても、他のカップルが通常通り前払い制で契約する可能性が高いです。

ただ真夏や真冬など人気のないシーズンやお盆・ゴールデンウィークなど年間で埋まりずらい日程であれば、式場側としてはあなたを逃すともう埋まらなくなる可能性があります。

埋まらなければ売上は0円ですが、特例として後払いにすることで売上が300万円見込めるとしたら特別OKを出す式場もたくさんあります。

これを利用して交渉することで、本来は前払いの式場でも後払いにすることが可能です。

1,2,7,8月の「仏滅」でナイトウェディングなどは式場からするとメチャクチャ埋めたい日程です。

その辺りを狙うことで、そもそも結婚式費用をかなり抑えたうえで後払いにすることが出来ます。

日程を考える事で結婚式費用が抑えられる理由や方法はこちらに書いておりますので参考にして下さい。

ブライダルフェアの成約特典を最大限増やす方法をプランナーが公開!
ブライダルフェアや式場見学でお得な割引や成約特典を増やす方法を、3,000組のカップルを接客してきたプランナーが公開しちゃいます!交渉するのは気が引ける、みっともない、けど安くなったら嬉しい。そんなカップルは是非参考にしてみて下さい。

交渉方法としては、ブライダルフェアに参加して上記の日程を希望したうえで「後払いでないと契約が出来ない」という相談をするだけです。

会場も気に入ったし、金額も魅力的だけどそもそも事前にこの金額を用意するのは難しいので後払いで結婚式を考えています。

他の会場も周りましたが後払いの了承を得ているので、契約の前提条件が後払い可能かどうかだと思っています。

というように、他社を引き合いに出しながら契約条件が後払い。という旨を伝えましょう。

出来るか出来ないかは式場の判断次第なので何とも言えませんが、式場としては埋めたい日程を選んでいるのでかなり前向きに検討してくれるはずですし、ただ交渉するだけよりも絶対に成功確率が高いです。

最低でもプランナーから支配人などの責任者に相談してくれると思います。

他社を引き合いに出すために、本当に後払い可能な式場を周っておく必要があります。

これに関しては次の「専用カウンター」の項目で解説いたします。

3、後払い専用カウンターを通す

前述した交渉術は「本来前払いだけど後払いにしてもらう」という方法ですが、ここで解説するのはそもそも交渉が必要ない方法です。

結婚式相談カウンターってご存知でしょうか?

ゼクシィ相談カウンターやマイナビウェディングやハナユメカウンターと言えば聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

実はこの相談カウンターにはたくさんの種類があり、後払いが出来る結婚式場だけを扱った専用カウンターがあります。

しかも後払いの需要が年々増えているため、3社もカウンターを運営しています。

・ゼロ婚

・会費婚

・得ナビウェディング

この3社は後払いで結婚式が叶う会場をたくさん扱っているので、カウンターに足を運び相談することで後払いの結婚式を約束してくれます。その為交渉が必要ありません。

さらに!本来前払いの式場なのにカウンターを通すことで後払いになっている式場もあります。

提携する際に「後払いにしてくれたら送客します。」という交渉をカウンターが式場にしてくれているので、自分で予約したら前払いだけどカウンターから予約すれば後払い可能。という式場が多いということです。

これらのカウンターを通して式場のブライダルフェア予約をするだけで、後払いになります。

相談カウンターは2~3社併用する方が多いので、3社それぞれの特徴を簡単に解説しておきます。全てのカウンターに相談しに行き、後払い出来る会場を紹介してもらうと豊富な情報の中から式場探しを行うことが出来るのでオススメです。

①ゼロ婚

特徴1:結婚式を自己負担額0円で叶えられる

特徴2:契約時から見積もり金額が上がることはない

特徴3:式場へのアイテム持ち込み費用オール無料

特徴4:完全後払い制

特徴5:式場紹介だけでなく挙式当日までサポートしてくれる

特徴6:新郎新婦満足度95%以上

特徴7:東京・大阪・京都にカウンターがある

このように結婚式の費用に対する不安を全てなくしてくれるカウンターです。

結婚式はしたいけど経済的に厳しい!というカップルから絶大な支持を得ているカウンターなので、東京・大阪・京都で挙式を希望しているカップルはMUSTで相談しに行くべきです。

公式サイトはこちら⇒【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

②会費婚

祝儀制ではなくゲスト全員が決まった会費を支払うことで行う「会費制ウェディング」の専用カウンターになります。

祝儀制ではいくら集まるか不明確ですが、会費であれば「人数×会費」は集まりますよね。

これによって会費でまかなう完全後払い制ウェディングの実現をしてくれます。

特徴1:式場へのアイテム持ち込み費用オール無料

特徴2:会費の為、結婚式費用を通常の半額程度で抑えられる

特徴3:全国130箇所の式場から紹介してもらえる

特徴4:東京・神奈川・大阪・愛知・福岡にカウンターがある

こちらも結婚式のお金事情を考え、祝儀から会費に変えることで後払いを実現してくれるカウンターなので、挙式希望エリアにカウンターがあれば行ってみましょう。

公式サイトはこちら⇒会費制結婚式なら【会費婚】

③得ナビウェディング

「シーズン」「日柄」「時間帯」「準備期間」「曜日」「得ナビ特典」を組み合わせることで結婚式費用が最大半額になるという費用面でとても嬉しいカウンターです。

特徴1:上記特典で100万円~150万円の割引がつく

特徴2:海外ウエディングも格安で叶う

特徴3:ドレスなどのアイテムも格安で紹介してもらえる

特徴4:東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知、福岡、宮城にカウンターがある

公式サイトはこちら⇒<得ナビ ウェディング>

4、ブラダルローンを使う

結婚式費用をローン払いにするカップルが増えており、ローン会社と提携している式場もたくさんあります。

このブライダルローンは特徴があり、審査が通りやすく金利が安いです。

ローン会社も祝儀があることを理解したうえで貸してくれる為です。

ブライダルローンについて詳しく知りたい方はこちらにオススメローン会社などを書いております。

結婚式の支払いをローンで行う際のデメリットとおすすめローン会社
実例を含めてお勧めのブライダルローン会社を紹介します。結婚式費用の支払いに困っている場合は、ブライダル専用のローンを組みましょう。ブライダル専用なので低金利で審査もあまいのが特徴。即日審査もしてくれるので安心して式場決定することが出来ます。

5、カード払いにする

祝儀が入ってから当日支払をすることはNGでも、カード払いをOKしている式場はあります。

カード払いなら新郎新婦様に使用金額上限を上げてもらえれば、式場としては前払いと同じことなのでリスクがない為です。

ただし!カード払いの手数料が式場負担になる為、カード払いをNGとしている式場もありますし割引がその分減ってしまう場合もあります。

後払いする方法は他にあるので、最終手段として考えましょう。

6、まとめ

後払いをする方法を4つ紹介しましたが、一番オススメは専用カウンターを通して式場紹介してもらうのが早いです。

交渉する必要も無ければ、ローンの金利を払う必要もないしカード手数料で割引が減ることもありません。

後払い専用の相談カウンター3社に相談しに行き、どうしても気に入る式場がなかった場合だけ、交渉をしたりカード払いやローンを考えましょう。

<後払い専用カウンター公式サイト>

【ゼロ婚】持ち出し費用0円のオリジナルウェディング♪

会費制結婚式なら【会費婚】

<得ナビ ウェディング>

<合わせて読みたい結婚式費用に関する記事>

結婚式費用が足りない!貯金がなくても結婚式を挙げる方法
結婚式費用が足りなくて結婚式を諦めているカップル、結婚式は高いものだと思っているカップルはご覧ください。 現役プランナーが結婚式のお金について解説します。今の時代、10万円で結婚式が叶います。貯金がなくても出来ます。 花嫁さんたちへ諦めないで。
結婚式の自己負担額を相場より安く抑える3つの方法
結婚式の費用を抑えるのではなく、自己負担額を相場より安く抑えられることをご存知でしょうか。 ご祝儀の計算方法や相場、更には自己負担額を減らす具体的な方法をご紹介します。結婚式は同じ内容でも賢くやることで費用を抑えられるので参考にしてみて下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>