ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説

ゼクシィ相談カウンターのデメリット

こんばんは。

takeshi kadotaです。

ブライダルフェアにいらっしゃるお客様の中には2パターンあります。

・式場に直接連絡を下さりフェア予約をされる方

・ゼクシィ相談カウンターなどのブライダル相談カウンターを通してご予約下さる方

結婚式をすることになったら、何から始めたらいいのか。が全く分からないまま結婚式場探しを始めますよね?

そんな時に便利なのがブライダル相談カウンターです。

ブライダル相談カウンターにはたくさんのメリットがあります。しかし長年ウェディングプランナーをやっている私からするとゼクシィ相談カウンターなどのブライダル相談カウンターには1つだけデメリットがあります。

今日はそんなゼクシィ相談カウンターのことについて紹介していきたいと思っております。

ちなみに、結論からお話しすると

ゼクシィ相談カウンターは使うべき。ただし、予約は自分でするべき。

その理由を含めてお話しいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、そもそもブライダル相談カウンターとは?

結婚式をすることになったらまずは何から始めますか?

ゼクシィを買う。ネットで式場を色々見てみる。などあると思います。

ゼクシィをもし買われた方がいらっしゃったらよく分かると思いますが1,500ページぐらいあるんですよゼクシィって。

その中から自分に合った式場探せますか?

じゃあネットで調べてみよう!

ゼクシィネットでエリアで検索してみて下さい。

東京で検索してみたことにしましょう。338件出てきます。

この中から自分にあった式場探せますか?

だからブライダル相談カウンターがあるんです。

使用するメリットはこれからお伝えしていきますが、まだイメージが付かない方の為に

例を出しておきます。

ゼクシィ相談カウンター

マイナビデスク

など、雑誌やネットを使って自分で探すのではなく

ブライダル相談カウンターの専門スタッフに自分たちの希望を伝えて、それにあった結婚式場を紹介してくれる。

というサービスです。あ、もちろん無料です。ご安心下さい。ブライダル相談カウンターは結婚式場から紹介料をもらっているので成り立ちます。新郎新婦様から頂く事はしませんので心配いりません。

そしてこのブライダル相談カウンターの代表例がゼクシィ相談カウンターです。

相談カウンターの中でも店舗数が一番多く、知名度もあるので人気のカウンターです。

ここからはゼクシィ相談カウンターに絞って話を進めていきます。

2、ゼクシィ相談カウンターを使用するメリット

①アドバイザーが専任でついてくれる

これが一番大きなポイントです。

  1. この会場なんとなく雰囲気良くない?
  2. お!いいね!とりあえず行ってみよっか!

このように何も知らないカップルだけで決めるよりも

専門知識があり第三者目線で様々なアドバイスをくれるのが嬉しいポイントです。

ゼクシィ相談カウンターのアドバイザーはどの会場で2人が結婚式をしてもいいんです。

それゆえ営業ではなく、客観的に2人の希望に合った式場を選定してくれます。

②ヒアリングをしっかりと行い選定する

雰囲気はどんなところが好きですかー?ぐらいの軽いヒアリングではなく

どういう結婚式がしたくて、どういうところにこだわっていて

日程はいつ頃で、予算はこのぐらいで。etc…

というような様々な視点から質問をして一緒に理想の結婚式を考えてくれます。

そのレベルで寄り添ってくれた後に、会場を紹介してくれるのでかなり精度の高い紹介になります。

紹介してもらった会場のブライダルフェアに参加してみて、全然希望が違ったということもないでしょう。

ちなみにゼクシィ相談カウンターの方々は、提携式場の見学に実際行ってます。

実際に会場を見ているし、プランナーからポイントの紹介も受けているので知識がしっかりとある中での紹介となります。私も何度も新しい方が入る度に紹介され、式場を案内しています。笑

式場側は大変ですが新郎新婦様からすると、安心できるポイントですね。

③結婚式場見学後でも親身に相談に乗ってくれる

複数の会場を回ると、どの会場にしようか迷うこともあると思います。そんな時にも頼れる味方でいてくれます。

中立の立場から、見学後のヒアリングをしてくれ改めて希望を整理したうえでアドバイスをしてくれます。

もしも決めきれなければ、さらに新しい会場を紹介してもらっても全然OKでしょう。

「式場探しって何から始めたらいいの?」という入り口から「ここでする!」という出口まで

丁寧にサポートし見守ってくれます。もちろん希望があればブライダルフェアの予約も代理で取ってくれます。

3、ゼクシィ相談カウンターを使うデメリット

最初にチラッと触れた、ブライダル相談カウンターは式場から料金をもらって成り立っている。というのがポイントです。

デメリットは1つだけ

式場側はゼクシィ相談カウンターに紹介料を払っている分、割引が出来ない。

ということです。

ゼクシィネットから直接予約をした場合には、かからないはずの金額がゼクシィ相談カウンターを通すと式場側は支払が発生してしまいます。

あなたがゼクシィから予約をした場合、本来は20万円割引が出来たのに、ゼクシィ相談カウンターへの紹介料を支払わなければいけない為10万円しか割引してもらえなかった。

というようなことが起きるんです。

結果的にゼクシィ相談カウンターは式場側から金額をもらっていますが、新郎新婦にもそのつけがまわってきてしまう

ということです。

だからこそ一番のオススメパターンは

ゼクシィ相談カウンターで「理想の結婚式」を作り式場を紹介してもらったうえで

予約だけは断り、自分でゼクシィネットから予約をしましょう。

これが一番賢いやり方です。サービスとして存在するものを利用しない手はありません。

もう少しデメリットを挙げるとすれば、時間がかかるということはあります。

式場のブライダルフェア参加前にゼクシィ相談カウンターに行かなければなりませんし、行ったら一緒に理想の結婚式を考えてくれるので2時間程度かかります。

午前中にゼクシィ相談カウンターに行き、そのまま紹介して貰った式場のブライダルフェアに午後参加される方もいらっしゃるのでそういったスケジュール組をすると結婚式場探しがスムーズになります。

4、最近の一番のオススメパターン

①使うべきブライダル相談カウンター

プランナーをしていて最近、新しいウェディングサービスの名前を耳にするようになりました。

このサービスを知ってからはカウンターを利用しない。ということがベストではなくなりました。

Hanayume(ハナユメ)というサービスですね。

良くテレビCMもやっていますし、先日も渋谷で式場紹介をするイベントをやっていて3,000人ぐらい集まってました。

メキメキと力をつけてきているハナユメさんは、もちろんネットもありますがオススメはハナユメ相談カウンターです。

なぜゼクシィ相談カウンターやマイナビと同じカウンターという扱いなのにハナユメカウンターを利用することがベストなのか。

それは、ハナユメは式場側に「ハナユメにしか載せていない一番お得なプランを載せる」ことを徹底しているからです。

式場側はハナユメに掲載する場合、自社の一番お得なプランを差し出さなければならないんです。しかもゼクシィ相談カウンターなどど同じように紹介料も取られますよ。

式場側からしたら地獄のサービスですね。。。笑

それでも提携するのは

ハナユメがそれだけ集客力があり、お客様からの信頼もあるサービスなんですね。

ゼクシィやマイナビなどがハナユメに押されまくりで、式場はハナユメに掲載しないとお客様が来ない状態なんです。。。

実際、全国500会場が提携しておりもの凄く支持を得ているサービスです。

このサービスであれば、紹介料分が割引してもらえなくなる。ということはなく

むしろ一番安いプランを紹介してもらえるので間違いなく利用すべきです。

専任のプロがつき、2人に合った式場を紹介してくれてさらに一番安いプランが出てくる。

新郎新婦にとって、こんなありがたいことはないかと。式場は大変ですが。。。笑

お得かつ効率的に式場探しをしたい方は必ず使うべきです。100万円以上変わることがザラになります。ちなみに私の式場もハナユメを通すだけで120万円割引が付きます。それぐらい割引がある式場が多いですよ。

公式サイトはこちら

ハナユメ

②使うべきサイト

ゼクシィ相談カウンターに行く時間がない!という方でも自宅でプロのアドバイザーに相談しながら

あなたに合った式場を紹介してもらえるサービスもあります。

プラコレウェディングというTVCMで話題になり、今大人気の無料サービスです。

好きな雰囲気の写真をポチポチ選び、エリアや条件などを選択するだけでプロのアドバイザーがあなたに合った式場をピックアップしてくれるサービスやチャットでアドバイザーに相談できる機能があるオススメのサイトです。

無料診断ではかなり精度の高い提案をしてもらえるので、使わない手はありません。

公式サイトはこちら

【プラコレWedding】

③都内で式場を探す場合

素晴らしいカウンターがもう1つあるのですが、都内にしかカウンターがなく式場の紹介も都内か横浜だけになります。その為、都内や横浜で結婚式場を探している方にはとてもオススメのカウンターです。

gensen weddingというカウンターです。

gensen weddingはあなたに合った式場を紹介してもらえるという意味では最上級のカウンターです。

というのも、式場紹介のクオリティーが他を圧倒しています。

まず式場との提携に76もの厳しい基準があり、どの式場でも提携できるわけではありません。一定条件をクリアしたクオリティーの高い式場だけを紹介してくれます。

さらに紹介してくれるアドバイザーは元ウェディングプランナーで揃えています。その為、提案や式場紹介のクオリティーが圧倒的に高いことが特徴です。

他の記事でもお伝えしていますが、結婚式場選びにおいて雰囲気だけで式場を決めることが後悔する一番の原因です。

しかしプランナーが紹介する以上、雰囲気はもちろんですがそれだけではなくどんなことがやりたいかという中身まで掘り下げて聞いてくれます。

つまり、本当にやりたいことが叶う式場をプランナーが紹介してくれて、紹介してくれた式場は厳しい審査に通ったクオリティーの高い式場。ということです。

特典や割引に関しても適用できるものは全て適用されるように手配してくれるので、割引交渉を自分でする必要もありません。

新郎新婦様が満足度の高い結婚式を挙げる為にはどんなカウンターがあると良いのか考え抜かれたカウンターです。

クオリティーの高い結婚式場で素敵な結婚式がしたい!という方はgensen weddingを利用すると外れなしで素晴らしい式場を紹介して貰えます。

gensen weddingに関する記事はこちら

gensen weddingの評判をプランナーが解説
数ある結婚式相談カウンターでも他とは一味違った特徴やサービスクオリティを持つgensen wedding。評判や口コミ、メリット・デメリットをプランナー目線で解説いたします。

公式サイトはこちら

gensen wedding

5、ゼクシィ相談カウンターのデメリット まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭にお伝えした

ブライダル相談カウンターは使うべきだが、予約は自分ですべき!という発言を覆すことになりましたが

ハナユメカウンターさんが近くにない方はハナユメさんのカウンターではなく、サイトから式場フェアの予約をするとカウンターに行くのと同様の特典を貰えます。

ハナユメ相談カウンターがあればカウンターに。そうでなければハナユメサイトからのフェア予約で特典が適用されるのでどちらを使用してもOKです。お得に結婚式を叶えたい!安く費用を抑えたい!というカップルは必ずハナユメを通してフェアに参加しましょう。

自分で予約したり他のサイトからすると貰えたはずと割引や特典が貰えずに損します。

公式サイトはこちら

ハナユメ

ハナユメさんを通さずに自分で予約する方の為に、ハナユメさんを通すほどの割引は難しいかもしれませんが、私の知る限りを割引をもらう方法を伝えておきます。

結婚式の見積もりを値切るコツ3選
【現役プランナーが伝授!】結婚式の見積りは値切らずに割引をして貰えることをご存知でしょうか。交渉には自信がない!そんな方々の為に絶対にだれでも出来る方法を解説いたします。
結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。

<合わせて読みたい相談カウンターに関する記事>

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
結婚式場の探し方!自分に合うところを無料で探す3つの方法
どんな式場が良いのか分からない!自分に合った式場が分からない!という悩みを解決する方法を書いております。 後悔しない結婚式をする為には、自分達に合った式場を見つけることが大前提となりますので、フェアに行く前に読みましょう。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!7社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>