結婚式の見積もり金額が上がるのを防ぐたった2つの方法

結婚式の見積もり金額が上がるのを防ぐたった2つの方法

こんにちは。

takeshi kadotaです。

結婚式費用に関して一番不安なのが、契約後に金額がどのぐらい上がるのだろうか。

ということですよね?

私もプランナーをしていて、まず間違いなく「ここから何がどのぐらい上がりますか?」

と聞かれます。この不安が解消できれば式場契約時に安心して頂けるのではないかと思いこの記事を書きました。

相場として、上がり幅は以下の通り

50名以上⇒100万円~150万円UP

50名未満⇒80万円~100万円UP

少人数婚⇒30万円~80万円UP

すんごい上がるんです。これを防ぐための方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、見積もりのもらい方を工夫する

要は今後必要な物や上がる可能性があるアイテムを、最初の見積もりに入れてしまえばいいんです。上がる要因は意外と3つだけです。それを理解して見積もりをもらいましょう。

ただし、この方法では上がり幅を極限まで抑えることはできますが、一切上がらないということは難しいです。

一切上がらない方法は、後ほどご説明する定額ウェディングというサービスを利用してください。

①ランクアップして入れてもらうべきアイテム

まず良くあるのが見積もりに入ってはいるけど最低限の金額の為、後からランクを上げて金額が上がるパターン。これを防ぎます。

必ず確認すべき項目をお伝えしておくので、下記の内容を入れて見積もりを貰いましょう。

◆料理

全コース見たうえでコースを判断。真ん中のコース推奨。

◆ドリンク

何が入っているのか確認。カクテルや焼酎などが入ったコース推奨。乾杯酒やウェルカムドリンクも入っているか。フリードリンクか確認。

◆ケーキ

入刀用の偽物ではなく、食べられる生ケーキか確認。またデザインを変更した場合の金額確認。

◆ウェディングドレス

最高額いくらまでのドレスがあり、いくらぐらいで皆選ぶのか確認のうえで高目で入れる。30万円程度推奨。

◆装花

どのぐらいのボリュームが入っているのか。メインテーブル・ゲストテーブルともに確認のうえ納得できるボリュームで入れてもらう。ブーケは生花か確認。

◆引出物

全員3,000円ではなく3割ぐらいは5,000円の引出物を入れてもらう。

親族や上司は5,000円以上の引出物を渡すのが礼儀の為。

◆テーブルクロス・ナフキン

色は選び放題かどうか確認。

②入っているか確認するアイテム

ベースの内容以外に入っていない項目を洗い出します。式場によって入っている物が違う為注意が必要です。

◆チャペル花

◆結婚証明書・席札・料理メニュー・席次表などのペーパーアイテム

◆カラードレス(30万円程度で入れてもらうこと推奨)

◆マイク・プロジェクター・スポットライトの使用料

◆新郎ヘアセット&メイク

◆新婦ボディメイク

◆ドレス・タキシードの保険

◆両親の留袖やモーニング

◆親族の着付け・メイク・ヘアセット

◆デザートブッフェ

◆衣装小物

◆スナップアルバム(データも貰えるか)

◆VTR撮影

◆エンドロールなどDVD演出

◆カラードレス用ブーケ

◆フラワーシャワー

◆両親贈呈用花束

◆アイテムを持ち込んだ際の設置費用

◆キャンドルサービスなどの演出

③持ち込み料を確認するアイテム

見逃しがちなのが持ち込み料。ここでドンドン上がることがあるので、持ち込む予定がないものでも全て確認しておきましょう。後からもめる原因となります。

◆衣装

◆衣装小物

◆引出物・引菓子・引出物バック

◆DVD演出

◆ペーパーアイテム

◆花(ブーケやフラワーシャワーなど)

◆音源(CDなどを持ち込んで披露宴中に流せるか確認)

◆受付や会場を装飾するアイテム

ウェルカムボードやウェルカムドール、バルーン、写真関係など

このぐらいまで見積もりに含んだり確認しておけば、後から100万円上がることはないでしょう。逆に下がる可能性もある見積もりが完成します。あとは予算に合わせて取捨選択していきましょう。

ビックリすると良くないので先にお伝えしておきますが、とんでもない金額で見積もりが出てきますよ。ただ、それが現実です。何も言わずに見積もりを貰うよりも100万円ぐらい高い見積もりが出てきます。今後上がる予定だった100万円以上が最初から入っていると考えて下さいね。

持ち込みアイテムに関してはこちらに詳しく書いております。

アイテムを無料で持ち込む方法も紹介しております。

結婚式の持ち込みアイテムおすすめ6選
ドレスなどのウェディングアイテムを持ち込みたい!オリジナリティーのある結婚式にしたい!そんなカップル必見!! 現役プランナーが持ち込みのメリット・デメリットをまとめながら持ち込むべきアイテム6選をご紹介します。
ドレス持ち込み料交渉術3選!式場プランナーが伝授
【無料でドレスを持ち込む交渉術3選】式場は気に入ったけどドレスの持ち込みが出来ない!ドレスの持ち込み料が高い!という悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい。式場の裏側を知っている現役プランナーが持ち込みを無料でする方法を3つお伝えします。

2、定額ウェディングを利用する

35名以内の結婚式を考えている方が絶対に使用するべきサービスが定額ウェディングです。

契約をどの会場でしても、見積もり内容が決まっていて後から1円も上がらない。しかも完全後払い制というサービスです。これをHanayumeさんが提供してます。

Hanayume相談カウンターに行くと紹介してもらえるサービスで、概要としては

Hanayumeが見積もり内容と金額を決めており、それで提供できる会場のみが掲載してます。

通常、式場がそれぞれ「この金額でこの内容です」という見積もりとなりますが、それでは式場ごとに内容が違ったり金額もかけ離れていることがあります。

定額ウェディングはそうではなく、決まった内容をHanayumeが指定する金額で提供しているということです。

参考までに金額の紹介を。

挙式のみ⇒180,000円

挙式&会食

10名⇒350,000円

20名⇒700,000円

30名⇒1,050,000円

<オススメポイントまとめ>

①完全後払いの為、貯金無しで叶う(カード払いも可能)

②必要なアイテムが入っているので、契約後の追加費用一切なし

③内容も充実しており、人気会場や有名会場での結婚式が定額で出来る

予算面の不安を全て解消してくれるサービスなので必ず利用することをオススメします。

<利用手順>

相談デスクの来店予約をすれば完了です。もちろん無料です。

公式サイトはこちら

ハナユメ定額ウェディング

3、まとめ

方法を2つご紹介してもらいましたが、オススメなのは定額ウエディングの利用です。

このサービス以外に契約後1円も上がらないサービスは他に存在しないので。

ただ、35名を超える人数は対応してもらえないので人数を検討して利用しましょう。

定額ウェディングが使えない規模で結婚式をする方はこちらを参考に費用を抑えて下さい。

結婚式の見積もりを値切るコツ3選
【現役プランナーが伝授!】結婚式の見積りは値切らずに割引をして貰えることをご存知でしょうか。交渉には自信がない!そんな方々の為に絶対にだれでも出来る方法を解説いたします。
結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの方法
憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。式場の裏側からお伝えします。

結婚式の費用を抑える方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>