結婚式場の仮予約の断り方3パターン

結婚式場の仮予約や勧誘営業を上手に断る3パターンとは

こんばんは。

takeshi kadotaです。

ブライダルフェアにいくつか参加すると、仮予約を迫られたり即決を迫られるケースがあります。また、気に入ったから他の会場も行くけど一旦仮予約しておこう!という判断をされるカップルもいると思います。

2,3時間話しただけとはいえプランナーに面と向かって断るのはなかなか勇気が要りますし気まずいですよね。

そこで上手な断り方をいくつか紹介させて頂きますので是非実践してみて下さい。

プランナーの私がピックアップしたものなので、これ以上勧誘の営業をかけられないと思わせたり、プランナーを傷つけないような断り方になっています。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、フェア当日の勧誘営業トークを断る

ブライダルフェアに参加すると、だいたい契約勧誘の営業をかけられます。プランナーとしても契約を取らなければならないので、式場を気に入ってもらうだけではなく「日程が埋まります」「今日決めてくれたら割引します」という営業トークを使って契約を迫ってくることがあります。というかほぼ100%迫られます。

しつこい式場やプランナーの場合は何度断っても「でも今日決めたら安くなりますよ?もったいないですよ?」となかなか引き下がらないこともあります。

実際に私が他社の調査に新郎を演じて行った時に、プランナーが帰してくれず5時間ぐらい拘束されたこともありました。最終的に席立って強制的に終了させました。笑

せっかくの結婚式場探しという楽しいイベントがしんどくなってしまいますよね。そうならないように上手な断り方を身に着けておきましょう。

フェア当日の勧誘営業トークを断る為に重要なことは、事前に即決しないことを伝えておくことです。

事前というのは、予約時か確認電話時かフェアスタート直後です。

◆同日の○時から他の式場のフェアに参加しますので即決は絶対にしません。

◆3式場は絶対に見ると決めているのでその場で契約は出来ません。

というようなことをフェア予約時に伝えておきましょう。ネットから予約する方が多いと思いますが備考欄などに書いておけばOKです。フェア予約時を逃してしまったら、フェア前日ぐらいに式場から予約の確認電話が大半あるのでその時に伝えておきましょう。

それも逃してしまった!仕事で電話取れなかった!というような場合でも大丈夫です。

フェア当日にプランナーがきたら最初に「○時から他の式場のフェアを予約しているので○時には出たい」というようなことを伝えて、時間に制限があることと即決する意思がないことを伝えておきましょう。

「この後予定があるので。。。」ぐらいだと弱いです。他の式場のフェア参加と明確に伝えることでプランナーは即決する意思がないことを理解します。

それでも即決を迫って来るプランナーも全然いますが、時間制限を作っているので「すみませんもう時間なので出ます」という強制終了することが出来るので安心です。

もし夜のフェア参加で次の式場があるという話が出来ない場合は「親がお金を出してくれるから見積もりを見せて了承を貰わないと決められない」というようなプランナーがどうしようもない理由を伝えておきましょう。

見積りと空き日程の話が絶対にどの式場でも最後にあるので、その時点で迷うそぶりを見せず「今日はありがとうございました」とスッパリ伝えることが大切です。

事前に布石を打ち、勧誘営業トークが出来ない状況を作っておきましょう。

これからフェア予約をする方は、予約時に注意するべきポイントを知ったうえで予約しましょう。知らずに予約をすると結婚式費用が高くなったりするので後悔します。

ブライダルフェアの予約時に注意すべき10のポイント
結婚式の費用はブライダルフェアの予約方法で変わります。フェアを有意義な時間にする為に予約段階からチェックしておくポイントを抑えておきましょう。「試食フェアの注意点」「特典や割引の見方」などを紹介しております。参加してからでは遅いですよ。

2、仮予約の断り方

ゲストハウスや専門式場は仮予約がそもそも出来ない式場が多いですが、ホテルは出来るところが比較的多いです。というより仮予約を迫ってきます。

ゲストハウスは特にですが「貸切」のところが多く1日に案内出来るカップル数が少なく、仮予約を取ってしまうと他のカップルが同日で希望してきた時に案内出来なくなります。

ですが、ホテルは会場がメチャクチャたくさんあるので仮予約を取り別のカップルが同日を希望した場合でも、他の会場で予約が取れる為ホテル側のデメリットがありません。

また仮予約を取ることで「いつまでに返事して下さいね」というきっかけ作りになります。だからホテルは無料で仮予約を取ろうとしてきます。

仮予約は無料ですし新郎新婦様にとっても特にデメリットがないのでハードルが低く、一旦しとこうか。ということになりやすいと思います。

仮予約後に他の式場で決定することになり仮予約を断るというパターンが一番多いと思いますが、皆さんが勘違いしているのは気まずいから他の式場で決めることを言わない方が良いと思っていることです。

その為、変な嘘をついたり「もう少し考えたい」と言ったり曖昧にする方が多いですがこれをすると時間が少し経ってから改めてどうですか?と営業電話がきます。

他の式場で結婚式をすることになりました。と言うことで今後連絡がくることを防げるので言ってしまってOKです。

式場側からすると日常茶飯事のことなので、むしろ隠された方が寂しい気持ちになります。

仮に他の式場でやることになったわけではなく、仮予約をキャンセルしたい場合でも他の式場ですることになった。と伝えてしまっても良いぐらいベストな断り方です。

どこでやることになったの?ぐらいは聞かれる可能性があるので適当に言うか、言えませんでOKです。100%ばれることはありませんから。

ゲストハウス・専門式場・ホテルなどの違いやメリットデメリットを知りたい方はこちらに詳しく書いております。

ホテルとレストランウェディングの違いは?全式場タイプ別診断
ホテル・専門式場・ゲストハウス・レストランウェディングなど様々なタイプから現役プランナーがあなたに合うタイプをメリット・デメリット含めてご紹介いたします。結婚式場探しは何から始めたらいいの?という方は是非ここから始めてみて下さい。

3、本契約の断り方

契約を断る場面は2つ考えられます。

◆フェア当日の勧誘がしつこい場合

◆契約を一度したが理由があってキャンセルする場合

勧誘がしつこいのは前述したように、事前に即決しないことを伝えておくことで防げますがそれでもしつこく迫ってくる場合は「すみませんがイメージと違ったので検討から外れた」と正直に伝えましょう。

検討から外れたと伝えることでフェア当日だけではなく、フェア参加後に営業の電話がきたりするのを防ぐことも出来ます。

フェア参加後の営業電話の上手な断り方はこちら

結婚式場からしつこい営業の連絡がくるのを防ぐ5つの方法
フェアに参加したいけど営業をかけられるのがイヤ!連絡がしつこくきてうざい!そんな方の悩みを解決できる方法をまとめております。フェア参加前でも後でも参考にして頂けて、誰でも出来る簡単なものをピックアップしております。

また、契約したがキャンセルする場合は正直に理由を話しましょう。

・親族に不幸があった

・他の式場でやることになった

・両親から反対された

などなど理由は人それぞれあると思いますが、式場もキャンセルされたくないのでなんとかしようと力を貸してくれたりします。

両親に会場案内してくれたり資料送ってくれたり、割引額が増えることも有りますので正直に理由を話すのがベストです。

ただ、親族の不幸などどうしようもない場合やキャンセルの意思が固まっている場合はキャンセル料について確認しておきましょう。

おそらくどの式場も挙式の半年前ぐらいからキャンセル料がかかるのと、申し込みの際に払った内金は戻ってきません。

しかし!交渉して戻ってくることもあります。脱線してしまうのでその方法はこちらで紹介しておきます。

結婚式のキャンセルをしても内金が返ってくる期間と方法
契約をしたけど他の式場の方が気に入ってしまった。両親に反対された。など結婚式式場のキャンセルをすることになれば気になるのは申込金について。返金はされる?されるのであれば契約からいつまで?そんな疑問に答えながら返金される唯一の方法を解説いたします。
結婚式ってクーリングオフは適用される?キャンセル料を払わない方法
結婚式のキャンセルについて現役プランナーが式場目線を含めてお伝えします。結婚式の契約をしたが、見積もりが上がって困っている。式場のイメージが変わってしまった。信用がなくなってしまった。 などキャンセルを考えている方は是非参考にして下さい。
結婚式のキャンセル料いつからいくらかかる?交渉の仕方を解説
結婚式のキャンセル料はいつからいくらかかるのか把握しておけば、キャンセル料を抑えることが出来ます。もし他の式場で結婚式をすることになればキャンセル料を取り返すことも出来ます。現役プランナーとして結婚式のキャンセル料について解説しておりますので、キャンセルに踏み切る前に読んでおいてください。

4、直接断らなくて済む方法

フェア当日だけではなくフェア参加後も、決定する式場以外には断りの連絡をいれなければなりません。1軒目で即決したカップル以外はこの問題に直面するということです。

上手に断る方法を説明しましたが、なかなか断るのは気まずいものです。

そこで自分で直接連絡しなくても断れるベストな方法を紹介しておきます。

その方法はブライダル相談カウンターを使うことです。

ブライダル相談カウンターとは、ゼクシィ相談カウンターやマイナビデスクやハナユメカウンターなどのことです。

相談カウンターの役割は自分に合う式場の紹介やフェア予約だけではなく、式場への連絡も代行してくれます。相談カウンターを通してフェア予約をしている場合は、どの式場で決定したかを相談カウンターに伝えるだけで他の式場にはカウンターの担当者が連絡を入れてくれます。

どの会場で何が決め手となったのか。ということを聞かれるぐらいで根掘り葉掘り聞かれることはありません。

相談カウンターから連絡が入ることで新郎新婦様には式場から連絡をすることはありませんし、する必要がなくなります。

このように式場相談カウンターを通してフェア予約することで、効率的に式場探しが出来るだけではなくアフターケアもしてもらえます。

直接式場に断りの連絡を入れるのは勇気が要るし、気まずい感じになるのでそういうのが得意ではない方は相談カウンターから連絡を入れてもらいましょう。どの式場で決定したかなんて連絡をくれるカップルの方が少ないので式場側に直接連絡を入れないことを気に病む必要は一切ありませんのでご安心下さい。むしろ結果が分かって式場側としてもありがたいです。

ブライダル相談カウンターといってもたくさんあるので一番オススメのカウンターだけ紹介しておきます。

使うべきブライダル相談カウンターはハナユメ一択です。

理由はどのカウンターやサイトからフェア予約するよりも圧倒的に結婚式費用が安くなるからです。

相談カウンターは提携している式場の中から条件に合った式場をピックアップして紹介してくれるサービスで、どの式場でも提携することは出来ます。

ただしハナユメだけは提携するには「どのカウンターや式場よりも安いプランをハナユメ専用で作ること」が条件になっています。

ハナユメのサイトから気になる式場ページにいき「ハナユメ割」というページを見てみて下さい。通常価格と比較して100万円以上安くなっている式場がゴロゴロあります。

ゼクシィから予約したら400万円の結婚式だったけど、ハナユメから予約しただけで250万円だった。ということが有り得るんです。というかプランナーからすると当たり前なんです。

なぜそんなことが出来るかというと、ローラや斉藤工さんを使ったCMで話題になり各地でイベントを行い認知が広がり続け、結婚式費用が安くなるらしい!と人気に火がついてから新郎新婦様の支持を圧倒的に得ています。

そりゃそうですよね。新郎新婦からしたら、何もしていないのに事前に交渉してくれているから勝手に安くなるんですもん。笑

この支持がドンドン広がり、今やハナユメに掲載しなければ式場にお客様が来てくれない状況になっています。だからこそ式場は安いプランを出してでもハナユメと提携したいんです。

ハナユメの圧倒的な支持率があるからこそ成立するサービスです。

自分でフェア予約をする前にハナユメのカウンターに行き紹介してもらってください。それだけで式場はハナユメ割という専用プランを紹介しなければいけなくなるので「ハナユメさんを通して予約してくれているので。。」と勝手に安くなります。

100万円違ったらハネムーンの行き先変わりますよ?ドレスもう2着れますよ?指輪ハイブランドに変えられますよ?結婚式以外でもお金がかかる時期なので、賢く結婚式費用を抑えましょう。

ハナユメは式場から紹介料を貰って成立しているサービスなので新郎新婦様からお金を貰うことはありません。ご安心下さい。

公式サイトはこちら

ハナユメ

5、結婚式の仮予約の断り方 まとめ

ブライダルフェアに参加すると営業をかけられたり即決を迫られることがあります。

これを断るのはメンタル的にも体力的にもしんどいですし、おっくうになる方も多いと思います。

紹介した方法であれば必ずしも自分で断らなければいけないわけではありません。

むしろ無料で結婚式場を紹介してくれて安くなってアフターケアもしてくれると良いことだらけなので、これからフェア予約する方はもちろんですが、既にフェア予約した方もハナユメ以外からの場合は一度キャンセルして取り直した方が良いです。金額全然変わりますからもったいないです。

上手に断り素敵な式場決定をして下さいね。

<合わせて読まれている関連記事>

ブライダルフェアの選び方で重要な6項目とは
ブライダルフェアには正しい選び方があります。これを知らないとブライダルフェアが無意味な時間になったり、後悔の残る結婚式になります。現役プランナーとして6つの正しい判断基準を解説しておりますので、有意義なブライダルフェア参加にして下さい。
ブライダルフェアで即決すると後悔する5つの理由
ブライダルフェアで即決はしたくない!押し売りを断れないから営業をかけられたくない!そんな方は是非読んでからブライダルフェアに参加してください。たった1言伝えるだけで、上手に断れて長引かせません。
結婚式場見学のポイント11選
後悔や失敗しない結婚式がしたい方は、結婚式場見学やブライダルフェアで比較すべきポイントを知っておくことが第一歩です。現役プランナーがプロの目線で式場見学に参加するまでに確認しておきたいポイントと実際に参加して確認するべきポイントをお伝えします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>