スポンサーリンク

結婚式をめんどくさがる彼氏を乗り気にさせる3つの方法と手順

こんばんは。

takeshi kadotaです。

式場探しに彼氏が前向きじゃない!めんどくさがる!

私だけ舞い上がっていて楽しくない!

彼氏も一緒に楽しく選んでほしい!

そんな方々の為に、めんどくさがる彼氏を巻き込んで一緒に楽しく会場探しをする方法をお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、大事なのは役割分担をすること

前提として興味やこだわりがなければ、探すこと自体がめんどくさいことを理解しておいてください。

例えば、もしあなたが車に興味がなければ「どこの車なのか」「どこのナンバーなのか」というようなことはどうでも良くないですか?

そうではなく「いくらなのか」「何人乗りなのか」「カーナビはついているか」というような事の方がまだ興味沸きませんか?

つまり、こだわりがなければ「憧れ」ではなく「利便性や金額」にしか興味がないということです。

これを理解したうえで、彼氏と話し合うことで

  1. ねぇねぇ。どんな会場が良い?
  2. 駅から近いところ。
  3. いやそうじゃないく雰囲気とか!
  4. それは任せるよ。
  5. もう!ちょっとは興味持ってよ!
  6. めんどくせぇなぁ。

という無駄な喧嘩をせずに済みます。確かに私も今後、車選びとかで立場が逆転するんだろうな。と思えるのではないでしょうか。

ちなみに喧嘩したら終わりだと思ってください。

式場探しの話題に触れずらくなり、式場探し=めんどくさい。というイメージが強くなってしまいます。

この前提をご理解頂ければあとは簡単です。役割をしっかり分けて当日者意識を持ってもらうことを意識してください。

式場の雰囲気・内容・やりたい演出など「憧れ分野」⇒あなた

駅近・予算・設備面など「利便性」⇒彼氏

このように分担してブライダルフェアでチェックしようね!という話し合いを行い

めんどくさがる彼氏が式場探しやブライダルフェアに参加する為の理由を作ってあげて下さい。

そうすることで意見が出たり、式場を比較したくなったりと積極的になってくれます。

私はブライダルフェアでたくさんの新郎新婦様を接客してきましたが、この役割分担が上手く出来ているカップルは式場探し~式の準備まで楽しく進めていらっしゃいます。

是非話し合いに活用してください。

2、めんどくさがる彼氏と一緒に探すならゼクシィじゃない

プロポーズされたらゼクシィ!ではないです。もちろん彼女が見る分には良いですが

一緒に式場探しをするとなると、あなただけが見るのでは意味がありません。

ウェディング雑誌やサイトにはそれぞれ特徴があり、ゼクシィは憧れ色が強すぎます。

雰囲気などには興味がなく、利便性に興味がある彼氏がたくさんの会場の写真を見たところで意見なんて出ませんし、どこでもいいと思うだけです。

意見を強制されて喧嘩するという悪循環にもなり兼ねません。

見るべきサイトは2つだけです。

①プラコレウェディング

一番オススメなのはプラコレウェディングです。

探すのではなく「条件に合った式場を診断する」というサイトなのでめんどくさがる彼氏も取っ付きやすいはずです。

プラコレウェディングはCMで話題になり、今やたくさんの新郎新婦が利用している大人気サイトなので知っている方もいるのではないでしょうか。

好きな雰囲気を写真で選んだり、予算やエリアなど条件を選択していくだけで式場紹介のプロがあなたに合った式場をピックアップしてくれるというサービスです。

ゼクシィ相談カウンターに入ったり、初めからブライダルフェアの予約をするというような彼氏からするとめんどうなことをせずにスマホで1分ぐらいで完了してしまいます。

希望をすればアドバイザーにチャットで相談することも出来ます。

プラコレは紹介した式場に費用をもらって成立しているサービスなので新郎新婦が利用する分には全て無料です。

使わない手はないのでオススメの方法です。

注意点として、2人が別々で診断して下さい!

これは私も必ず友人に勧めている手順なのですが、2人がそれぞれで診断して2人ともが紹介された式場が2人の意見が合致する式場です。

憧ればかりで金額が高い式場では彼氏の意見が反映されませんし、安いけどクオリティーの低い会場ではあなたの意見が反映されません。

2人ともの条件や希望が合致したところを見つけるために、別々で診断して下さい。

男友達が声を揃えて言いますが

「式に興味はそんなにないけど2人でキャッキャやっているのが楽しかった」

「2人ともが紹介された式場があった時、ほっこりした。笑」

と言ってますので、やる気のない彼でもオススメの方法です。

公式サイトはこちら⇒スマホで簡単ウェディング診断 あなたにピッタリの結婚式プランが届く【プラコレWedding】

②Hanayume

彼氏が金額にしか興味ない!という場合はオススメなのがHanayumeです。

こちらもローラのCMで話題になり、各地でイベントをやっている大人気サイトです。

なぜオススメかというと、Hanayumeさんは式場にハナユメ専用プランを作らせているのでゼクシィを含めたどのサイトからブライダルフェア予約をするよりも安く結婚式が挙げられます。

Hanayume専用プランなので、他のサイトから予約するのでは案内してもらえないプランとなります。これが異常に安い!!

新郎新婦からHanayumeの支持率が高すぎて、式場側は特別プランを出してでも提携したいから強制的に安くなる。というのが裏事情です。

旅行行くときに予約するサイトによって金額が違う!というCM見たことありませんか?

それのブライダルバージョンだと思ってください。

Hanayumeは式場の写真などはもちろんですが、加えてHanayumeから予約すると「最大100万円OFF!」というような割引も目立つので予算にしか興味がない彼氏でも見ていて苦にならないサイトです。

一緒にHanayumeを見て、フェア予約をすると新郎も意見を出してくれるはずです。

公式サイトはこちら⇒Hanayume(ハナユメ)

3、ブライダルフェアに参加する口実が必要

さていよいよ一番難関のフェア参加についてです。

興味がそんなにないので式をすることに焦りもなく、いつ行っても良くね?という状態のめんどくさがる彼を休日ゆっくりしたい中で連れ出すのは至難の業です。

その為、○○があるからフェアに行こ!○○が体験できるからフェアに行こ!というような口実が絶対に必要です。

そこで活躍するのが、無料試食フェアやキャンペーン。これを活用して上手に彼を連れ出しましょう!

Hanayumeをオススメした理由は安くなるからだけではなく、キャンペーンを行っているからという理由もあります。

ゼクシィ以外のサイトは「ブライダルフェア予約で1万円プレゼント!」などキャンペーンを行っています。

その中でもHanayumeは常にキャンペーン金額が高いです。3軒周っただけで3万円プレゼント!というようなことを平気でやってます。

どうせ予約するならHanayumeから予約してお得に式場巡りをする方が、めんどくさがる彼氏も喜ぶはずですし何よりブライダルフェアに参加する大きな口実になります。

ちなみにこのキャンペーンで3万円ではなく6万円貰う方法もあります。

各サイトがキャンペーンを行っている理由や最大限にキャンペーンを活用するスケジュール組なども合わせて解説しております。

ブライダルフェアのお得なキャンペーンで商品券6万円分貰う方法
【知らないと後悔します】結婚式場見学は行くだけでお得なキャンペーンが貰えることはご存知でしょうか。知っているだけでブライダルフェア参加がお金に代わります。6万円貰って結婚式費用や新生活の足しにしましょう!

フェア予約をする際の注意点はこちらにまとめておきます。

【ブライダルフェアあるある】予約時に注意すべき10のポイント
結婚式の費用はブライダルフェアの予約方法で変わります。フェアを有意義な時間にする為に予約段階からチェックしておくポイントを抑えておきましょう。「試食フェアの注意点」「特典や割引の見方」などを紹介しております。参加してからでは遅いですよ。

このやり方でも参加してくれそうにない彼氏をお持ちの方はこちらも合わせて参考にして下さい。上手な誘い方やフェア当日の過ごし方もレクチャーしております。

ブライダルフェアに彼氏を上手く誘うテクニック7選
彼氏がブライダルフェアに参加する気がない!乗り気じゃない!誘っても断られた!そんな彼女さんは是非参考にして下さい。 男性プランナーだからこそ教えられる、彼氏の上手な誘い方と注意点を伝授致します!

4、まとめ

めんどくさがる彼氏と一緒に楽しく式場探しを始めるためには、彼を理解したうえで使うべきサイトを厳選する必要があります。

一番オススメな方法は、プラコレウェディングで2人別々で診断して2人とも紹介された式場の無料試食フェア予約をHanayumeでする。というフルコースです。

もしHanayumeに掲載がない会場をプラコレで紹介されてしまった場合は、そのままプレコレで予約しましょう。他のサイトで予約するとアドバイザーに無料相談出来るサービスを逃してしまいます。

めでたくブライダルフェアに参加することになったカップルは、フェア当日にチェックしておくポイントも理解したうえで参加しましょう。

結婚式場見学で比較すべきポイント3つをプランナーが伝授
後悔や失敗しない結婚式がしたい方は、結婚式場見学やブライダルフェアで比較すべきポイントを知っておくことが第一歩です。現役プランナーがプロの目線で式場見学に参加するまでに確認しておきたいポイントと実際に参加して確認するべきポイントをお伝えします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>