結婚式場からしつこい営業の連絡がくるのを防ぐ5つの方法

結婚式場からしつこい営業の連絡がくるのを防ぐ5つの方法

こんばんは。

takeshi kadotaです。

ブライダルフェアに参加する際の不安点として、当日決める営業をかけられるのではないか。

ということ以外に、当日は上手く断れたとしても後日電話で勧誘をされるのではないか。

ということもありますよね。

今日はこの不安を解消できる方法をお伝えしていきます。

ちなみに当日営業をかけられるのを防ぐ方法はこちらに書いております。

ブライダルフェアで即決すると後悔する5つの理由
ブライダルフェアで即決はしたくない!押し売りを断れないから営業をかけられたくない!そんな方は是非読んでからブライダルフェアに参加してください。たった1言伝えるだけで、上手に断れて長引かせません。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ブライダルフェア当日の注意点

①個人情報を書かない

一番簡単な解決方法からご紹介します。

ブライダルフェアに参加すると、どの会場でも一番最初にアンケートを記入することになります。このアンケートには

・名前や電話番号や住所などの個人情報

・希望の日程や理想の結婚式イメージなど

を記載させられます。

式場側からすると「アンケートにご協力ください」という姿勢なので、あくまで強制ではありません。

有意義な時間する為に、希望内容は記載した方がいいですが個人情報は名前だけにしておく。という方法で連絡する術を与えないのが一番楽です。

実際、アンケートに個人情報を書かない方は2割程度いらっしゃいますが式場側は何も言えません。書きたくない方なんだな。と認識するだけです。

もし会場見学をして

  1. え、どうしよ。メチャクチャ気に入っちゃった。
  2. そうだね。かなり前向きに考えたいね。
  3. うん。今後連絡欲しいね。
  4. だね。電話番号だけ書いておこうか。

となれば教えればいいわけですから、最初から教える必要はありません。

②決める気持ちがないことを伝えておく

フェア参加時にプランナーから現在の進行状況を聞かれることがあります。

その際の対処法で、今後連絡が頻繁に来るかどうかも変わってきます。

  1. 結婚式場探しはどうですかー?
  2. いやまだお互いの両親に会ったこともなくて。。
  3. あ、そうなんですね。
  4. はい。なので今日もなんとなく見に来てみただけです。すみません。。

このように、まだ自分たちは式場決定出来る段階ではない。ということが伝われば今後連絡がバシバシくる可能性は低くなります。

③連絡はメールで下さいと伝える

こういった駆け引きが面倒な方は、連絡をメールでもらうことをお勧めします。

電話だとブーブーなって仕事中イラッとすることもあるでしょうが、メールであればそんなに負担にはならないのではないでしょうか。

また断る際もメールで断る方が比較的断りやすいと思います。マナー的にも特にメールで断ることは問題ありません。

実際断りの連絡は4割ぐらいがメールです。

2、ブライダルフェア参加後の断り方

①検討中とは言ってはいけない

フェア当日にこういった対処をしておらず、今現在しつこい連絡に困っている方に注意して頂きたいのは断らない限り連絡してくるので、さっさと断っちゃいましょう。

ブライダルフェア参加から式場の決定は一般的に2ヶ月程度かかるというデータがあります。

それを式場も分かっているので3か月ぐらいは進捗確認をしてきますよ。

本当に迷っている場合はいいですが、そうでない場合は誰も得をしないので断ってあげて下さい。

プランナーってもの凄く忙しいので、検討から外れている方に連絡するのも大変です。

申し訳ないから、言いづらいから。と思っているのであれば式場の為に言ってあげて下さい。

②他の会場で決めたと伝える

断りづらい方は「他の会場で決めた」と伝えるのが一番早いです。

日程を親に確認中で。。とか

まだ他の会場と迷っていて。。というような曖昧なことを伝えると式場側もまだ検討内だと思うので連絡が来ます。

どの会場で決めたかは言う必要はありません。聞かれても言う必要がありません。

「他会場で結婚式を決めたからすみません」とだけ伝えましょう。

3、まとめ

結婚式するカップルが減り、式場はカップルの取り合い状態です。

だからこそ、フェア当日営業をかけられることもあれば後日しつこい勧誘をされることもあります。

上手に回避して理想の式場に巡り合えるまでフェアに参加することをお勧めいたします。

プランナーとしてお勧めする会場見学数は3件です。

行き過ぎても決定しきれなくなりますが、比較は必要なので3件を目安に予約しましょう。

予約するサイトはHanayumeさんかマイナビウェディングさんがお勧め。

Hanayumeさんはローラを使ったCMで話題なので知っている人も多いでしょう。

結婚式をお得に叶えるなら圧倒的にHanayumeさんからの予約が安くなるのでオススメです。

ハナユメさんの場合はほぼ全ての式場で、100万円~150万円程度の割引がハナユメさんを通して予約するだけで貰えます。ハナユメさん専用の割引なので他のサイトからでは貰えない割引となります。

公式サイトはこちら

ハナユメ

ブライダルフェアに参加する前の注意点やお得にフェアに参加する方法はこちらにまとめてあります。

ブライダルフェア攻略法

また結婚式費用を抑える方法や割引つきの見積もりをもらう方法はこちら。

結婚式費用を抑える方法まとめ

<合わせて読みたいフェア注意点に関する記事>

結婚式場の空き状況は嘘!?本当の空き日程を確認する6つの方法
現役プランナーが式場の空き状況についてぶっちゃけます。嘘の空き状況を伝えている式場は多く、焦らせることで即決を狙おうとしています。本当の空き状況を確認する方法を知り冷静な判断が出来る状況を作りましょう!
結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは
結婚式は式場の予約をするタイミングによって金額が大幅に変わることをご存知でしょうか。半年前か3か月前かによって100万円以上変わりますので、プランナーとして予約のベストタイミングとお得に結婚式を叶える方法を公開致します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>