結婚式を契約後に値引きするたった1つの交渉!プランナーが伝授

結婚式を契約後に値引きするたった1つの方法!現役プランナーが伝授

こんばんは。
takeshi kadotaです。

ネット上にたくさんの情報がある中、どのサイトを見ても値引きは契約前!と書いてます。
値引きについて私もたくさんの記事をあげてきましたが、記事内でも値引き交渉は契約前!と書いてきました。

これは100万円クラスの大きな値引きは難しい。という意味で、契約後に値引きは一切出来ず交渉の余地はない!という意味ではありません。

今日は現役プランナーだからこそ分かる契約後でも値引きしてもらう唯一の方法を解説していきます。

・契約後にお金の計算したら予算外だった!
・即決しちゃったけど、金銭面で後悔している
・これからどのぐらい見積もりが上がるか不安

など相談しずらい経済面でお困りの方のお役に立てれば幸いです。

契約した金額によりますが、上手くいけば30万円。最低10万円は割引が貰える方法となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、契約後だと割引が貰えない理由

①釣った魚に餌はやらない

言葉を選ばずお伝えすれば、納得して成約しているわけだからこれ以上割引をする必要がない。という判断で割引をされません。

強い言い方をすれば、割引交渉を断ったところでキャンセルしないでしょ。と高を括っている状態です。

契約するまでは新郎新婦様が主導権を握っていることが多いですが、成約後はキャンセル料の関係で式場側が強気に出てくる為に割引交渉が難しいです。

②今後の値引き交渉に応じない意思表示

  1. ドレスの持ち込み料を払いたくありません!
  2. かしこまりました。特別にOKです。
  3. ブーケが高すぎます!
  4. 申し訳ありません割引します。

と何でもかんでもOKをすると、今後の打ち合わせでも交渉をされる度に了承せざるを得なくなるなります。

契約後の割引はしませんよ!という意思表示として割引を受けるハードルが高くなります。

③いや最初から割引しろよ。と思われない為に

割引交渉するのは気まずいと思いますが、実は式場側も契約後に割引をするのは「後出し感」があって気まずいんです。

いや、交渉して割引が効くのであれば最初からしてよ。交渉しなかったらこのまま高い金額で打ち合わせ進めようと思っていたんでしょ?

と思われたくないので、契約後は簡単に割引出来ないという事情もあります。

④他のお客様と平等にする為

交渉したもん勝ちになるのは式場としても困ります。

今やインスタやフェイスブックやクチコミなど式場の情報は筒抜け状態なので、あの人は割引されているのに私はされてない!とクレームの原因にもなり兼ねない為避けたい。

ということも契約後の割引をするハードルの1つになってます。

2、値引きの裏事情

別の記事で詳しく紹介しておりますので、サラッとだけお話します。これを知っておくことで契約後に「どう割引交渉すればいいか」という事が、よりお分り頂けると思います。

式場を割引するかどうか。という判断は大きく3つあります。

①日程

→人気がないシーズン程安くなる

②申込みから挙式までの期間

→短いほど安くなる

ここまではどの式場でも当てはまりますし、知っている方も多いと思うので割愛します。

③他社の検討状況

この重要性を知っておくか知らないかで割引が全然変わります。

他社の見積り額を意識して見積り作成するので、自分の式場以外に安い式場を検討していればプレッシャーになります。

この裏事情をさらに詳しく知りたい方はこちらで紹介しておりますので参考にしてください。

結婚式の割引額が人によって違う理由と最大割引のもらい方
結婚式の割引額は同じ式場で同じ時期にすれば一緒だと思っていませんか?それは勘違いです。 現役プランナーが結婚式の割引の決め方を、裏事情を含めて解説いたします。最大の割引を貰う為には方法と手順があります。 結婚式は情報が命ですよ。

3、契約後でも割引や特典を貰う方法

前述した事をまとめると、要は他社との競争に勝ち契約に至ったわけだから釣った魚に餌はやらない。ということです。

であれば「契約後に割引をしてもらう方法」は簡単で、他社との競争に巻戻せばいいだけです。

実際にこの方法で何度も割引していますので、やってみる価値はありますよ。

手順としては2ステップだけです。

①契約後に安い式場のフェアに参加する

まず契約後に他社との競争に戻す為には、契約後に他の式場に行った。という事実が必要です。

契約前に行った式場では「既に納得した上で契約しているのだからただの割引交渉だな」とバレる可能性が高いです。

というのも、そういった問い合わせが式場では日常茶飯事だからです。逆に言えば、それぐらいの相談は他のカップルもしているので相談することにネガティブになる必要はありません。

必ず、契約後にブライダルフェアに参加して値引きがたくさんついた見積りを貰いましょう。

見積りがたくさんついた見積りをもらう方法は2つだけです。

・Hanayumeからブライダルフェア予約をして下さい。

・既に他会場で契約していると正直に伝えてください。

ハナユメはTVCMをやっている有名なサイトだと思うので知っている方も多いと思いますが、ゼクシィなどのウェディングサイトと明確な違いがあります。

ただ式場の情報を掲載しているだけではなく、ハナユメ専用の「ハナユメ割」という激安プランを式場に作らせているサイトです。その為、お得に結婚式を上げる為にはMUSTで使うサイトです。

通常通り予約をした場合と比較した金額も掲載されていますが、100万円〜150万円変わったりしてます。

このハナユメ割という特典を使う為には、ハナユメのサイトからブライダルフェア予約をするだけです。後は勝手に式場がハナユメ割を使った見積りを作成してくれます。

また、契約していると正直に伝えることで式場スタッフはキャンセル料がかかることは重々分かっています。それでも自分のところに決めてもらう為には割引をつけて、キャンセルしてでもこっちで結婚式したい!と思ってもらう必要があるのでかなり割引をつけてくるはずです。

この2つを武器に自分が検討しているエリアでなるべく安い会場のフェアに参加して、見積りをゲットしてください。

安い会場を探す際にもハナユメを使って、探しましょう。通常よりも安い金額が載ってますので。

また、ブライダルフェア予約でハナユメさんを使うと3式場の見学で3万円プレゼント!というようなキャンペーンを行っています。

(キャンペーン金額例)

◆1式場見学⇒15,000円

◆2式場見学⇒20,000円

◆3式場見学⇒30,000円

見学する式場数によってプレゼント金額が変わりますが最大3万円の商品券が貰えます。

どうせブライダルフェアに参加するなら貰えるものは貰っておきましょう。3万円あれば結婚式の演出1つ追加できますよ!

*追記

ウェディングプランナーとして一番おすすめなサイトがハナユメさんだったのでブログで紹介していたところ、なんとハナユメさんとコラボすることになりました!

キャンペーン金額は通常30,000円ですが、このサイトからブライダルフェア予約や相談カウンターの予約をするとキャンペーン金額が40,000円になります!

また現在は期間限定で6万円のギフト券がプラスで貰える抽選をハナユメさんが開催しているので、抽選に当選すれば合計10万円分のギフト券が貰えます!

キャンペーンのエントリーはサイト上部の「最大100,000円分のギフト券プレゼント」から出来ます。名前、アドレス、住所のみ入力すれば完了するので30秒ぐらいで終わりますしエントリーしたからといって電話がしつこくくるようなこともありませんので安心して下さい。

せっかく参加するならもれなく貰える40,000円だけでもゲットしてお得に式場探しをしましょう!

公式サイトはこちら⇒ハナユメ(hanayume)

②安い方で決めるかもとキャンセルをちらつかせる

契約している会場よりも安い見積りを貰えたら、自分の式場に連絡をしましょう。

契約後で申し訳ございませんが、あれから金額面で不安があり別の会場のフェアにも参加しました。参加した式場の見積りとの差がかなりあるので正直、そっちの会場での結婚式も検討しています。

改めて見積りを頂くことは可能でしょうか。

こんな感じで連絡をして改めてアポイントを取り、アポイントまでに今後上がる見積りが上がる可能性を考えておきましょう。

・必要なアイテムは全て入っているか。

・ランクアップが必要なアイテムはどれか。

考える時は「みんなのウェディング」というサイトから自分の式場の「費用明細投稿」というページを参考にしましょう。

下見からどれだけ金額が上がったのか。何が原因で上がったのか。など全てわかります。

アポイントの日にこの上がる可能性があるアイテムたちを全て入れた見積りを作って貰ってください。

アイテムをたくさん入れることによって式場側は割引する理由が生まれます。

前述したように、最初から割引してよ。と思われないかと式場は考えてますが見積り内容や状況が変わることで「これだけアイテムを入れてくれる予定なら」という理由で、式場側が割引を増やす口実になります。

今後これだけ上がる可能性があるなら、多少割引を増やしてでもキャンセルを防ぎたい!他社に取られたくない!と必ずなるので割引が増える可能性がかなり高いです。

4、まとめ

他のサイトや記事でも「割引交渉は契約前!」と書いているように、無条件で手間もなく大幅な割引をもらうのは確かに契約前が有効です。

ただ、契約後に割引を一切取れないわけではないのでどうせ交渉をするのなら、割引可能性が高い方法を知った上で交渉して欲しいと思い裏事情を含め書きました。

30万円稼ぐためには物凄く大変だと思いますが、1会場のフェアに参加するだけでその可能性があるのであれば個人的にはやるべきだと思います。実際にやっている方も多いので。

またHanayumeなら1件フェアに参加するだけで、15,000円分の商品券が貰えるキャンペーンも行っているので万が一割引が一切貰えなかったとしても損はありません。

公式サイトはこちら⇒ハナユメ(hanayume)

同じ式場で同じ結婚式をするなら安い方がいいですよね。新生活もお金かかりますし。

結婚式は賢く挙げた者勝ちです。

この方法以外に契約後割引をもらう方法はないので、この方法はイヤ!という場合は購入するアイテムを我慢するしかありません。

費用をかけるアイテムとかけないアイテムのオススメはこちらに書いております。

結婚式でケチって後悔したアイテムベスト3とは
結婚式は憧れを全て叶えようとするとお金がいくらあっても足りずケチって後悔するのは良くあること。 そうならないように現役ウェディングプランナーとして、式場決定前でも決めた後でも全員が出来る「予算」と「憧れ」を両立する方法を公開致します。

<合わせて読みたい結婚式費用に関する記事>

結婚式の支払いをローンで行う際のデメリットとおすすめローン会社
実例を含めてお勧めのブライダルローン会社を紹介します。結婚式費用の支払いに困っている場合は、ブライダル専用のローンを組みましょう。ブライダル専用なので低金利で審査もあまいのが特徴。即日審査もしてくれるので安心して式場決定することが出来ます。
結婚式を黒字化・儲かる方法10選!プランナーが裏側を語る
結婚式費用を抑えたい!自己負担額を減らしたい!儲けて黒字にしたい!というご希望の方は是非参考にして下さい。 式場の裏側を知り尽くした現役プランナーが賢くお得に結婚式をする方法を10個お伝えいたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>