結婚式の値引き交渉するタイミングは3回だけ

結婚式場で値引き交渉する正しいタイミングと3つのコツ

こんばんは。
takeshi kadotaです。

結婚式値引き交渉術とかってググってみると、たくさん出てきますが『契約前が勝負!』としか書いてないですよね。

いや、それはそうなんですが値引きを取るには段階がありそれぞれやる事があります。

それを1くくりにするのはちょっと違うなぁ。と感じたので、今日は契約前のどのタイミングでどういう行動をすれば良いのか順を追って解説していきます。

契約前に値引き出来るタイミングは3回あります。
全て活用して150万ぐらい割引貰っちゃって下さい!

ちなみに、交渉術と書いてますが交渉はほぼしてません。勝手に式場が割引してくれる方法を書いてますので、交渉に自信がない方もご安心下さい。

もしあなたが契約後の場合でも諦めるのは早いです。こちらの記事に契約後でも割引してもらう為の裏事情を書いてますので、参考になれば幸いです。

結婚式の割引額が人によって違う理由と最大割引のもらい方
結婚式の割引額は同じ式場で同じ時期にすれば一緒だと思っていませんか?それは勘違いです。 現役プランナーが結婚式の割引の決め方を、裏事情を含めて解説いたします。最大の割引を貰う為には方法と手順があります。 結婚式は情報が命ですよ。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆値引き交渉タイミング① ブライダルフェア予約前の交渉術

え?フェア予約前に交渉ってどゆこと?

と思われるかもしれませんが、実はもう予約する段階からあなたの割引額は決まります。

というのも結婚式の費用はブライダルフェアを予約するサイトによって変わります。

ゼクシィを筆頭にマイナビウェディング、楽天ウェディング、みんなのウェディング、ハナユメなどなどたくさんのサイトがありますよね。

皆さん知名度に騙されてゼクシィから予約をしたがりますが、その時点で50万円〜100万円ぐらいは割引を逃しています。

割引をもらう方法はたった1つ。ハナユメから予約しましょう。それだけです。

TVCMがバシバシ流れているので知っている人も多いでしょう。あのローラのCMです。

ハナユメから予約するとなぜ安くなるかというと、他のサイトには載せていない激安プランをハナユメ専用で作ることを式場との提携条件にしているからです。

つまり、ゼクシィから予約したら300万円の結婚式でもハナユメから予約したら専用割引で200万円になる。という事です。

なぜハナユメはそれが可能かというと、理由は単純で新郎新婦様の支持が異常なまでに高く式場はハナユメと提携しなければお客さんが来てくれないので安いプラン出してでも提携したい。というだけです。

実際、ハナユメの唯一のデメリットですが人気過ぎるので相談カウンターの予約を取るのが難しくなってます。

ただ、その場合は気になる式場をハナユメのサイトから予約すれば特に問題なくハナユメ専用割引は適用されるのでご安心下さい。

条件はハナユメから予約するというだけで、勝手にフェア当日に式場がハナユメさんからなので〜。と100万円ぐらい割引してくれます。

私の式場でもハナユメから予約された方には100万円程度割引が付きます。
それを知っているので、正直他のサイトから予約してきたカップルに一回キャンセルしてハナユメから予約したら?と言いたくなります。笑

とても勿体無いので、予約は必ずハナユメからしましょう。

公式サイトはこちら

ハナユメ

◆値引き交渉タイミング② ブライダルフェア当日の交渉術

ここでも特に交渉はしません。式場が勝手に割引をしてくれるように仕向けるだけです。

方法はいくつかあります。

・人数を少し多めに伝える

・見積もりに入れてもらうアイテムを多くする

この2つをすることで、式場はある程度売上げを確保できることが分かるので勝手に予約してくれるようになります。

詳しく知りたい方はこちらに割引が増える理由を書いております。

結婚式の見積もりを値切るコツ3選
【現役プランナーが伝授!】結婚式の見積りは値切らずに割引をして貰えることをご存知でしょうか。交渉には自信がない!そんな方々の為に絶対にだれでも出来る方法を解説いたします。

さらに、一番有効な方法は他社の見積もりを使うことです。

相見積もりを取って式場に渡すだけで勝手に割引してくれます。

複数の式場を周るだけで割引がグッと増えますし、交渉も必要ないので一番お勧めな方法です。

これには手順や方法がありますので、こちらの記事で詳しく解説しております。

結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。

◆値引き交渉タイミング③ 契約前に最後の交渉術

ここまででほぼ間違いなく式場の最大割引を引き出せてます。

ただ、最後にもう一発割引貰いませんか?

ここは交渉というか演技が必要となりますが、10万〜20万円さらに割引を取れるかもしれません。

もうホントにこれが限界です。勘弁して許して。笑
と言われる可能性もありますが、そしたら最大割引が貰えたと確信出来ます。

方法はここでもやはり他社情報で攻めます。

交渉といっても大げさに何か必要なわけではなく、1本電話かメールをしてください。

それだけでOKです。文章例としてはこちら

金額以外は全てあなたの会場が良いです。プランナーとしてもあなたが一番良かったです。

ただもう1つ気に入っているところがあり、その会場のほうが30万円安いので正直迷っています。

さらにその会場は一律の金額でドレス選び放題、前撮りもプレゼントしてくれているので金額面ではかなり魅力的です。

夫は予算派なのでそっちの会場にしようと言ってますが、私はあなたの会場でしたいと思ってますが確かに金額が重要なことも分かっています。

もう少し金額が変われば夫に改めて相談したいと思っています。十分割引をしてもらっていることは重々分かっているのですが、もう少し変わることはあり得ますでしょうか。

ご無理を言って申し訳ありません。宜しくお願い致します。

こんな感じで、本当はあなたの式場でやりたいけど金額的に難しいからなんとかして。ということが伝わった上で、夫がほかの式場にしようと言っているというのは式場からするとプレッシャーになります。

ただ安くして。と言ってもなりませんし、あなたの式場でやるんだけどなんとかならない?というだけでもダメです。

これで下がらなければもう限界割引を貰えているので、安心して契約しましょう。

◆値引き交渉術とタイミング まとめ

一言で「値引き交渉は契約前」と言っても正しいタイミングとコツを知らなければ式場の最大割引は引き出せません。

ハナユメで複数会場の予約をして式場が割引せざるを得ない状況を作ったうえで、最後の一押しをしましょう。

公式サイトはこちら

ハナユメ

<合わせて読みたい割引に関する記事>

結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。
結婚式は自己負担0で叶う!相場より安く抑える3つの方法
結婚式の費用を抑えるのではなく、自己負担額を相場より安く抑えられることをご存知でしょうか。0円でも叶います。 ご祝儀の計算方法や相場、更には自己負担額を減らす具体的な方法をご紹介します。結婚式は同じ内容でも賢くやることで費用を抑えられるので参考にしてみて下さい。
ブライダルフェアは午前中に参加すると割引が増える理由とは
【オススメのスケジュール付き】ブライダルフェアは何時に行っても一緒だと思っているカップルは要注意です!午前中に参加すると割引が増えることを知っておきましょう!なぜ割引が増えるのかを現役プランナーが徹底解説致します。
結婚式費用を節約する7つのコツをプランナーが公開
結婚式の費用は節約する知識さえあれば相場よりも贅沢な結婚式を相場よりも安く叶えることが出来ます。現役プランナーだからこそ分かる結婚式の費用を抑える方法を7つ伝授いたします。この方法を全て取り入れて150万円程度の割引を貰ってください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>