結婚式は身内だけだと費用はいくら?7つ注意点を解説

結婚式は身内だけだと費用はいくら?7つ注意点を解説

こんばんは。
takeshi kadotaです。

家族や親族という身内だけで行う結婚式が増えてきていますが、まだまだ少数派なのでこんな悩みを抱えている方が多いです。

◆周りに身内だけで結婚式をしたカップルがいなくて相談出来ない!

◆どこに相談したらいいのか分からない!

◆何で情報収集したらいいのか分からない!

そんなカップルでも安心して頂けるように注意点をまとめて書いておきます。

身内だけの結婚式となると、一般的な披露宴とは違う注意点がたくさんありますので事前に知っておきましょう。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

・身内だけだと祝儀の効率は良いが自己負担額は多い

まずは費用面について。ご祝儀の平均は「3.3万円」です。

ご友人が3万円、会社の上司が5万円、親族が7〜10万円が相場となっておりその平均が3.3万円となっております。

祝儀の効率が良いというのは、人数に対して集まる金額は相場以上ということです。

身内だけしかいない為、1人1人が下さる金額が大きいですよね。

ただ、やはり自己負担額は大人数で披露宴をやる場合と比較すると高くなってしまうこともあります。

衣装代や会場使用料や挙式料など、結婚式には人数によって金額が変わらない部分が多いですよね。20万円のドレスは招待人数が10人でも100人でも20万円ですね。

こういったアイテムが多いからこそゲスト人数が増えれば増える程、ご祝儀が集まり自己負担額が減っていくということです。

ただし、少人数婚でも負担額を減らすというか負担額0円で結婚式を行なうこともできます。

Hanayumeの定額ウェディングというサービスを使用することにより、それが叶います。

詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

定額ウェディングに関する記事はこちら

ハナユメ定額ウェディングの口コミや評判をプランナーが解説
ハナユメ定額ウェディングとはどんなサービスで評判はどうなのか。メリット・デメリットや利用条件は?という疑問や不安をプランナーとして客観的な目線で解説いたします。定額ウェディングを検討している方は参考にして下さい。

・身内と結婚式場で食事まですると費用がかさむ

挙式を行なう場所は結婚式場が持っているチャペル内が多いと思いますが、食事会は2パターンあります。

①そのまま式場で食事会まで行なう

②式場から移動してレストランで食事をする

費用としては②の移動してしまうパターンの方が圧倒的に安いです。

目安としては式場で食事会まですると10人で20万円〜30万円程度ですね。

これに対してレストランで食事会をする場合10人で5万円〜10万円あれば十分です。

挙式料は抜いた食事会だけの料金目安です。

やはり式場では会場使用料や装花代などレストランで食事をする際にはかからない費用が必要になるので高額になるのと、単純に1人あたりにかかる料理代金が倍ぐらいかかります。1人あたり12,000円〜20,000円程度の料理コースとなります。

レストランの場合は料理代だけになりますし、料理代も5,000円〜1万円程度になるので式場と比較するとかなり安くなります。

ただし、式場でそのまま食事をするメリットも2つあります。

①移動がなくて楽

②ドレスをずっと着ていられる

ドレスに関しては気づかない方が多いのですが、挙式って実は15分〜20分ぐらいです。

その為、式場で挙式をしてレストランに移動するとドレスを見てもらえる時間は15分程度ということです。

何十万円という高額なドレスをレンタルしたのに15分ってなんだかもったいないですよね。

その点、式場で食事会まで行えば3時間程度は着ていられるので挙式のみと比べるとだいぶ長くなります。

ドレス姿を長時間披露したい!ドレス姿でたくさんの写真を残したい!という方は式場でそのまま食事会をすることも検討してみてください。

・身内だけだと対応してくれる式場が少ない

結婚式場は全国に星の数ほどありますが、身内だけの少人数婚を受けてくれる会場は限られています。

式場側は、結婚式を行える組数に限界があるのでなるべく大人数で高単価な結婚式を受注しようとします。その為、少人数婚に力を入れている会場が珍しい。というのが正直なところです。

という裏事情がある為、30人以上で通常通り披露宴をするカップルと同じように結婚式場を探しても見つかりません。

ゼクシィやみんなのウェディングなどでも確かに少人数婚を受けてくれる会場は掲載されていますが、少ないので気にいる式場が見つからない可能性が高いです。

少人数婚が出来る式場を探す場合は必ず、ぐるなびウェディングを見ましょう。

ぐるなびウェディングは少人数婚が出来る式場の掲載数NO.1であり、レストランウェディングもたくさん掲載されていますのでウェディングに特化したレストランも見に行くことが出来ます。

エリアからだけではなく、少人数プランや価格帯などから式場検索することも出来るので希望にあった式場を見つけやすいサイトとなっています。

身内だけの少人数婚をやるなら一番最初に見るべきサイトです。

公式サイトはこちら

ぐるなびウエディング

・身内だけなら平日婚礼で費用を安くする

親族のみや家族のみで結婚式を行なう場合、大人数で披露宴を行なうよりもスケジュール調整がしやすいというメリットがあります。

平日婚礼は土日の結婚式に比べてメリットがものすごく多いです。

費用が安いだけではなく、スタッフの質が上がるなど様々なメリットがあります。

詳しく知りたい方や平日でも問題がなさそうならこちらを参考にしてください。

結婚式を平日に親族だけで挙げる8つのメリット
親族だけで行う少人数婚は平日に挙げられる可能性が高いですよね?実は平日に結婚式を挙げることには沢山のメリットがあるのをご存知でしょうか。親族の都合さえあればデメリットはありません。親族だけの結婚式を探すときに使うべきサイトも紹介します。

・身内だけなら二部制ウェディングを知っておく

親族や家族だけで挙式&食事会をする場合でも、友人達へのお披露目の場としてパーティを開く方が大半です。

その為、二部制ウェディングというスタイルがあることを知っておきましょう。

1日の流れをザックリご紹介すると2パターンあります。

◆親族や家族だけで挙式&食事会→友人との1.5次会

◆親族や家族だけの食事会→友人も含めての挙式→友人だけの1.5次会

となります。

披露宴のように派手にはやりたくない!親族と友人は別で招待したい!という方にはオススメのスタイルなので知識をつけた上で判断していきましょう。

もっと二部制のことが知りたいという方はこちらの記事で詳細を解説しております。

二部制ウェディングのメリットデメリットや式場の探し方まとめ
人気急上昇中の会費で行う結婚式や、二部制ウェディングのメリットデメリットや披露宴2次会との違いなどを徹底公開!二部制にするだけで結婚式の費用はなぜ抑えることが出来るのか。二部制ウェディングが出来る式場を探すコツもご紹介しております。

・身内だけなら費用をかけるべきは料理

プランナーをやっていると身内だけの少人数婚をお手伝いすることもありますが、共通していることがあまりこだわりがない!ということ。

ただ、せっかく大きなお金をかけてやることですし皆様への感謝を示す為にも料理にだけはこだわりましょう。

親族だけの場合は披露宴というよりも、美味しいものを食べながらコミュニケーションを取る場として考えると素敵な1日になります。これを考えても料理にはこだわり、おもてなしをしましょう。

試食が出来るフェアに参加して自分の舌で式場の料理を確かめて「これなら親族に満足してもらえる!」という料理を提供している会場で決定すると後悔のない食事会になります。

この場合でも「ぐるなびウェディング」を使って試食が出来るフェアを見つけましょう。

元がぐるなびなだけあって、料理自慢の式場やレストランがこぞって掲載しているサイトでもあります。料理自慢の会場は自信があるからこそフェアにはほぼ100%無料試食がついています。

ぐるなびウェディングは試食が付いているフェアを探すのにも、料理が美味しい式場を探すのにも向いています。

公式サイトはこちら

ブライダルフェア情報ならぐるなびウエディング。無料試食会など特典付きも

・身内だけなら席の配置は要注意

披露宴といえば、メイン卓があり円卓でゲストが囲っている印象があると思いますが20人以下の食事会であれば円卓ではなく「流しテーブル」というレイアウトがオススメです。

長方形のテーブルに新郎新婦もゲストも座るレイアウトで、レストランの形式で座ることになります。

円卓の場合せいぜい5〜7人程度しか同じテーブルに座れませんが、このレイアウトなら20人全員が同じテーブルに座り全員で話をしてコミュニケーションを取ることが出来ます。

両家親族が同じ場所に一同に会することはなかなかないので、この機会に話がしやすい環境を作ってあげましょう。

ただ、このレイアウトだと気まずい!と嫌がるご家族もいらっしゃるのでお互いの両親に要確認です!

・身内だけの結婚式費用や注意点まとめ

30人以上で友人も招待しながら行なう披露宴と、親族や家族だけで行なう結婚式は注意点や考えておくべきポイントが全く違います。

ご両親の意見も尊重しながら素敵な1日を作り上げましょう。

<合わせて読みたい少人数婚に関する記事>

結婚式を少人数で挙げるデメリットと式場探しの方法
大人数で披露宴をするカップルと同じ方法で探しても、少人数婚が出来る式場はなかなか見つかりません。探す方法をしっかり分かったうえで情報収集しましょう!また少人数婚のデメリットも知っておきましょう。
結婚式を30人費用100万円で叶える2つの方法
現役プランナーだからこそ分かる、相場よりも安い30人100万円という安さで結婚式を叶える方法を2つ紹介致します。少人数婚は周りに先輩カップルがおらず相談出来ないことが良くあります。特に費用に関しては分からないことが多いはずです。正しい知識をつけて後悔ない結婚式場探しをして下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>