海外ウェディングで後悔や失敗をしない為の4つの注意点

海外ウェディングで後悔や失敗をしない為の4つの注意点!

こんばんは。

takeshi kadotaです。

常に人気がありましたが、さらに増えてきている海外挙式について今日はお伝えしていきます。

海外挙式は国内ウェディングとは違った注意点があるので必ず考えておきましょう。

海外挙式は国内挙式よりも周りに行った人がいない為、情報収集出来ず失敗する方が多いので事前に知っておいて欲しいことをまとめておきます。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、海外挙式の費用相場

ここでは海外で挙式のみを行うことを例に相場をお伝えしていきます。

海外挙式と国内挙式で挙式自体の費用は変わりません。

単純に交通費と宿泊費が上乗せされるだけと考えて貰えると分かりやすいと思います。

ただし、新郎新婦と招待客だけではありません。カメラマンや美容スタッフなどの交通費も必要になります。

パックプランにこれらが含まれていると単品価格を見る事がないので気付かない事も多いですが、日本に在住している日本人カメラマンやヘアメイクさんにお願いをする場合は別途で料金がかかる事もあるので注意しましょう。

<合計費用>

50万円〜100万円

<内訳>

挙式料→20万円前後

ウェディングドレス→20万円〜50万円

タキシード→10万〜15万円

美容関係→5万円前後

写真カメラマン→15万円前後

ビデオカメラマン→15万円前後

装花→5万円前後

写真やビデオを残すかによって大きく変わりますが、海外挙式ならほぼ全ての方が残すでしょう。

また、国内挙式と同様にドレスの金額がピンキリなので選ぶ衣装によって大きく差が出ます。

上で説明した総額に、新郎新婦の宿泊費や飛行機代などの旅費を追加したものが相場です。

旅費はどこのエリアに行くかによって変わりますが、30万〜100万程度です。

アジア圏<グアム<ハワイ<ヨーロッパ

というように、当たり前ですが遠い順に高くなります。

基本的に旅費は新郎新婦が負担するので、旅費を理解した上で

・2人だけで挙式するのか

・家族だけ招待するのか

・親族も招待するのか

を考えておきましょう。

友人を招待することはあまりありません。

旅費が大きくなり過ぎてしまうことと、帰国後の会費制パーティに友人を招待する為です。

え、この料金にさらにパーティ費用が加わるの?いや、高すぎ!!

と思わないで下さい。安く出来る方法は後ほどお伝えしますので諦めるのはまだ早いです。

2、海外挙式をするメリット

①ハネムーンを兼ねて行ける

②海外旅費を両親にプレゼントする形になるので親孝行になる

③なんといっても非日常感

④結婚式にかかる費用を抑えられる

費用が抑えられる理由は、後ほどお伝えします。

⑤写真映え抜群

⑥親族と友人を同じ空間に呼ぶのヤダ!という悩みがなくなる

3、海外挙式をするデメリット

実際にチャペル見学が出来るわけではないので、写真で判断することになる。

他のサイトにはもっとたくさん書いてありますが、現地スタッフは日本語が通じる事が多いですし、旅費がかさむかどうかはゲスト人数次第なので調整可能です。

特にデメリットとして挙げるとすれば、実際に見れないというぐらいです。

ただこれはかなり大きいポイントですよね。

サイトによって掲載写真の数が違ったり、相談カウンターによって見せてもらえる写真が違ったりします。

必ず使うべき相談カウンターは後述します。このカウンターが前述した金額を抑えられる方法にも繋がります。

4、知っておくべき注意点

①挙式する時期によって金額が大幅に上下する。

旅行と同じですが、行く先によって雨季や天候の良い時期があり「いつ行うか」によって金額が変わります。人気なシーズンは高いということですね。国内と同じです。

写真を現地でたくさん撮ることを考えると、雨季は避けるべきです。また、ドレスは露出が多い為寒い時期に行くとビーチ撮影が地獄に変わります。

リゾート地での挙式をする場合は、天候が良い時期にしたいところです。

②旅費は全て新郎新婦負担

基本的に招待客の旅費は全額新郎新婦負担もしくは、最低半額は負担することになるので招待人数によっては挙式料より高くなる事もあります。

予算に合わせて決定しましょう。

③ドレス購入

海外挙式のみをする場合は、使った後どうしよ。という事だけ考えれば問題ないですが

帰国後の1.5次会を行う場合はドレスの持ち込みが可能なところを選びましょう。

購入したドレスは子供の挙式まで取っておくパターンやリメイクして子供服にする方もいらっしゃいます。もちろん売っちゃう方もいます。

ドレスを安く購入する方法に関してはこちらで紹介しております。

ウェディングドレスを格安で購入する方法【1万円代で購入可能】
ドレスの費用をなるべく抑えたい!良い物を激安で購入したい!という方におすすめの方法をプランナーが解説いたします。 二次会用ドレスやウェディングドレス・カラードレス・衣装小物など全てのアイテムを激安で購入できます。

④忘れ物には細心の注意を

日本であれば当日何か忘れ物があっても、土地勘があるのでなんとかなることが多いですが、海外挙式となると現地調達はほぼ不可能なので忘れ物には注意をしましょう。

5、海外挙式後の1.5次会

海外挙式をする場合、セットで考えるのは1.5次会。

2人だけか家族だけで行う事が多い為、他の親族や友人にお披露目する場を帰国後に別で設けるのが一般的です。

1.5次会はレストランでカジュアルに会費制で行う事が多いパーティスタイルです。

海外挙式をしている分、披露宴のように大金をかけず行えるので人気のスタイルです。

披露宴と1.5次会の違いはこちらに詳しく書いております。

二部制ウェディングのメリットデメリットや式場の探し方まとめ
人気急上昇中の会費で行う結婚式や、二部制ウェディングのメリットデメリットや披露宴2次会との違いなどを徹底公開!二部制にするだけで結婚式の費用はなぜ抑えることが出来るのか。二部制ウェディングが出来る式場を探すコツもご紹介しております。

2次会という形で完全にラフな飲み会を友人と開催したい場合はこちらを参考にして下さい。

くれぐれも自分たちで幹事をしないことが成功の秘訣です。

結婚式二次会を負担額なし幹事なしで行うたった1つの方法
結婚式の二次会で悩んでいる方必見!幹事をお願いしてゲストに負担をかけたくない。負担額なしで二次会をしたい。自分たちだけでは準備が間に合わない!そんな悩みを全て解決する方法を解説いたします。もちろんゲスト満足度も高い2次会になりますよ。

6、海外挙式を探す際に絶対に使うべき相談カウンター

海外挙式を行う場合、式の事も1.5次会のことも考えなければならず準備も2倍で大変なので国内挙式と同じようにブライダルフェアに参加すると、全部自分でやらなければならなくなります。

また、1.5次会はいくらカジュアルでリーズナブルとはいえ会費制の為に自己負担額は50〜100万円程度かかります。

海外挙式にそれが上乗せされると、かなり費用がかかってしまう為なるべく安く紹介してくれる式場紹介サービスを利用することが必須となります。

これを全て叶えてくれるのは、得ナビウェディングのみです。

ゼクシィやマイナビ、ハナユメなどたくさんの人気相談カウンターがありますが、全てあくまで式場紹介サービスです。

これに対して得ナビは紹介だけでなく式当日までのサポートもついているので、わずらわしい準備を新郎新婦の代わりに全部やってくれます。

紹介というよりは海外挙式と1.5次会をトータルサポートしてくれるプランナーがついてくれるという事です。

新郎新婦が手探りで準備を行うよりも、圧倒的にクオリティも効率も良い結婚式にしてくれます。

さらに!得ナビの場合は自己負担額0円で提案してくれます。

つまり憧れの海外挙式と国内パーティが祝儀内&会費で収まるという事です。

ドレスも海外挙式で使ったものを国内パーティに無料で持ち込ませてくれますしクリーニング費もかかりません。

また、海外挙式ウェディングではとても嬉しいドローンを使ったロケ撮影なんかもやってくれます。

手間が面倒で費用も掛かるというネックを解消してくれた上に、海外ウェディングならではのサービスまで考えてくれています。

かなり海外挙式のことを考え抜いてくれた相談カウンターです。

自分だけじゃ絶対無理ですよねこんなの。プランナーですが私も無理です。

得ナビさんが提携式場に交渉してくれているからこそ叶う費用とサポートです。

ありがたい。

海外挙式と国内パーティをするのであれば、必ず得ナビウェディングさんにまずは足を運び相談しましょう。

もちろん無料相談ですのでご安心を。

ハワイ・グアム・ヨーロッパ・バリアジアなど豊富なエリアで全61式場の中から紹介してもらえます。

また、他サイトと比較すると良く分かりますがフォトギャラリーの充実度が群を抜いているので写真で判断せざるを得ないというネックも解消してくれます。

公式サイトはこちら

【得ナビ ウェディング】

*サイト上部「結婚式場を探す」→「リゾート」を選ぶと紹介してもらえる式場を一覧で見ることが出来ます。

7、まとめ

海外挙式で失敗したり、後悔するのは正しい方法を知らないからだと私は思います。

お金の問題や準備の面倒くささなどは得ナビに相談すれば全て解決出来る問題ですし、プロがついてくれるので安心して任せられます。

ちなみに、国内か海外かという根本から迷っている方も得ナビウェディングに相談すれば国内挙式も提案してくれます。もちろん負担額0円で出来る式場を。

自分で調べるには限界があるので、まずは足を運んでみることが失敗しない海外挙式を挙げる第一歩ですよ。

二人だけの式をする場合はこちらにメリットを書いております。

結婚式を2人だけでもやるべき理由をプランナーが解説
ゲスト0、披露宴なしのシンプルな2人だけの挙式をご紹介。現役ウェディングプランナーが語るメリット・デメリットとは。 予算相場やオススメ演出もあり。結婚式をせずに後悔しないでください。

国内で披露宴を行うことも視野に入れている方はこちらも合わせて読んだうえでフェア予約してください。

結婚式場探しのコツまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>