二部制ウェディングのメリットデメリットや式場の探し方まとめ

二部制ウェディングのメリットデメリットや式場の探し方まとめ

こんばんは。

takeshi kadotaです。

今日は最近流行ってきているウェディングスタイルについてご紹介していきます。

自己負担額なしで結婚式がしたい!

堅くなくカジュアルなウェディングにしたい!

親族と友人は別でお披露目をしたい!

そんなカップルは是非読んで下さい。

二部制ウェディングという今後主流になるであろうスタイルです。前提として会費として結婚式をするので「会費について」と「披露宴や1.5次会との違い」についても解説していきます。

また二部制ウェディングを行う場合は、通常とは異なる探し方が必要になりますので合わせて紹介しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、会費で行う結婚式とは?

結婚式でお祝いを頂くパターンはご祝儀か会費かの2パターンのみとなります。

この2つの違いとしては

親族や友人など間柄によって貰う金額が変わるのがご祝儀制。変わらないのが会費制です。

会費制で行うメリット 

①ご祝儀制よりも気軽に招待出来る

②友人だけで行うカジュアルなパーティに適している

③ゲストが参加しやすい

ということが挙げられます。

祝儀よりも安く会費を設定する為、この人は二次会からかなー。という微妙なラインのゲストでも招待しやすく、ゲストとしても披露宴に参加する程の仲ではないかなー。という招待でも受けやすくなります。

比較的大人数で行い、友人が多くなるのでカチッと披露宴!ではなくカジュアルなウェディングパーティというイメージでアットホームに過ごせることがメリットとなります。

会費制で行うデメリット

祝儀制でやるよりも貰えるお祝い額が確実に減る為、自己負担額が増えることが大きなデメリットでしょう。

ただし、後ほどご説明する2部制ウェディングの場合は自己負担額も抑えることが出来ますのでご安心下さい。

2、披露宴と1.5次会と二次会の違いとは

1.5次会って最近よく聞くけど、なぁにそれ?明確に何が違うの?

という方の為に、それぞれのスタイルをご紹介しておきます。

結論だけ先にお伝えしておくと、1.5次会の定義は明確にはありません。凄く曖昧なスタイルがゆえに人気なのです。

披露宴とは

1番イメージが付きやすいでしょう。親族も友人も会社関係も全員招待して行うお披露目パーティです。王道のケーキ入刀やお色直しなどの演出が入り司会者もプロを手配します。

特徴としては

ご祝儀制

着席でフルコースを用意する

引出物を用意

二次会とは

披露宴を行った後にする飲み会に近いパーティのことで、言ってしまえばサブの宴会です。

親族や上司などは基本的に参加せず、友人や同僚だけで気兼ねなくワイワイお酒を飲むパーティとなります。

演出としてもケーキ入刀があるかどうか。というぐらいでビンゴなど景品付きのゲームをやる事が多く、司会も友人がやります。

特徴としては

会費制(8,000円程度)

立食ブッフェ

引出物はなし

1.5次会とは

披露宴と二次会の中間のスタイルで、今とても増えているのが1.5次会。

人気な理由は、全てが自由であなた次第ということです。

・ケーキ入刀をやるかやらないか

・司会はプロか友人か

・お色直しをするかしないか

・フルコースかブッフェか

・会費はいくらに設定するか

・引出物を用意するかしないか

・親族や上司を呼ぶか呼ばないか

これ全部自由です。

イメージとしては、カチッと披露宴ではなくアットホームにゲストと楽しみながらお披露目したいけど、二次会程砕けずにおもてなしや感謝は伝えたい。

という感じ。曖昧な定義ですが伝わりますでしょうか。笑

基本的には会費を10,000円〜20,000円の間で設定して、演出はケーキ入刀だけでお色直しはせずにゲストとの会話や写真撮影を楽しむ方が多いです。

フルコースであれば15,000円以上で会費を設定して親族や上司も招待します。引出物も有りです。

ブッフェであれば15,000円以下で会費を設定して、友人や同僚だけを招待する。引出物は有り。

これもあくまで決まりは無いので沢山の結婚式を担当してきたからこそのオススメパターン。というだけです。

ただ、このようにしておけばマナーとしても問題なく自己負担額もある程度抑えられるますよ。

3、二部制ウェディングとは

前談が少し長くなってしまいましたが、私がオススメするのは2度お披露目会をする2部制ウェディング。

親族の前ではキッチリと締めるところは締める。でも友人とはワイワイはしゃぎたい!という方は同じ空間に親族も友人もいると、どんな自分を見せたら良いか分からなくなりませんか?

また親族からは祝儀制で沢山お祝いを貰いたいけど、友人は気兼ねなく会費で参加して欲しくないですか?

そこで登場する全てを叶えてくれるスタイルが2部制ウェディングとなります。

1日の流れが変わってきて

<通常>挙式⇒披露宴⇒2次会

<2部制>親族だけで会食⇒挙式⇒友人や同僚だけで1.5次会

という流れがオススメです。

間に挙式を入れているのがポイントで、このタイミングですることで挙式は親族にも友人にも参加してもらえるというメリットがあります。

さらに、親族と友人が集まるタイミングをずらし、それぞれで受付をすることで親族からは祝儀制で友人からは会費でお祝いを貰うことも可能になります。

同じ空間に全員が集まるのは挙式だけとなるので、あまり自分の見せ方を意識せずに過ごすことも出来ます。

もちろん挙式を最初にやってもOKです。

このようにすることで、結婚式に対してのあなたのネックを解消することが可能です。

さらに、1.5次会は会費を自由に設定出来るので自己負担額をなくすことも出来ます。

手順は簡単で

まず、挙式&親族会食&1.5次会の総合計費用から親族に貰える祝儀想定額を引いて下さい。

残った金額を1.5次会で回収出来れば良いので、1.5次会に招待する人数で割りましょう。

これだけで負担額なしのウェディング完成です。

ちなみに、出来るだけ人数はたくさん招待しましょう。呼べば呼ぶ程自己負担額は減っていくので、結婚式の黒字化も夢ではありません。

人数と負担額の関係についてはこちらで詳しく紹介しております。

結婚式は自己負担0で叶う!相場より安く抑える3つの方法
結婚式の費用を抑えるのではなく、自己負担額を相場より安く抑えられることをご存知でしょうか。0円でも叶います。 ご祝儀の計算方法や相場、更には自己負担額を減らす具体的な方法をご紹介します。結婚式は同じ内容でも賢くやることで費用を抑えられるので参考にしてみて下さい。

結婚式の費用を抑える方法はたくさんあります。本当は披露宴をしたいけど予算面で会費婚を考えている。。。という方はこちらを読んで披露宴の費用を最小限に抑えましょう。

上手くいけば披露宴でも黒字化することは全然可能です。

結婚式を黒字化・儲かる方法10選!プランナーが裏側を語る
結婚式費用を抑えたい!自己負担額を減らしたい!儲けて黒字にしたい!というご希望の方は是非参考にして下さい。 式場の裏側を知り尽くした現役プランナーが賢くお得に結婚式をする方法を10個お伝えいたします。
結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。

4、会費婚や2部制ウェディングが出来る式場を探す方法

まだまだ披露宴に比べるとレアパターンなので、皆さんと同じように探しても見つかりません。

ゼクシィやみんなのウェディングなど王道のサイトでは見つかりませんので、ベストな方法をご紹介します。

①会費婚

もうその名の通りですが、会費で行う結婚式を専門に紹介してくれる相談カウンターです。

披露宴よりもメジャーではない分、専門の知識を持ったプロに話を聞いて情報収集することがベストな選択です。

会費婚なら、会費で行う結婚式が出来る式場だけを紹介してくれます。

また会費婚を通すだけで披露宴を行うような一般的な結婚式の半額で結婚式が叶います。

しかも完全後払い制で持ち込み料も一切かかりません。

このサービスがあることで満足度95%という驚異の満足度を叩き出しているカウンターなので安心感もあります。

会費で結婚式を行うことを検討しているカップルは必ず最初に行くべき相談カウンターです。

公式サイトはこちら

会費婚

②ぐるなびウェディング

食事会や1.5次会が出来る式場がたくさん掲載してあるので、会費婚が使えるエリア以外で挙式する場合はぐるなびウェディングを使いましょう。

1.5次会用のプランから検索出来たり、特集があるのでとても見つけやすい仕様にもなってます。

良くレストランを探すぐるなびのウェディングバージョンということもあり、レストランウェディングの掲載数はNO.1です。

公式サイトはこちら

ぐるなびウエディング

5、まとめ

私のオススメスタイルはいかがでしたでしょうか。

まだまだ知らずにネックを感じながら、仕方なく披露宴を行う新郎新婦様がたくさんいるので今後広めていくべきスタイルだと思っております。

これは良い!と思ったら友人に教えてあげてください。SNSでシェアして貰っても構いません。

あなたやあなたの周りの方が、理想の結婚式を叶えられることを願っております!

<合わせて読みたいパーティスタイルに関する記事>

結婚式二次会の司会代行おすすめをプランナーが紹介
【プランナーおすすめ司会代行・幹事代行を紹介】二次会をしたいけど幹事や司会を頼める人がいないから出来ない!と諦める前に読んで下さい。費用を抑えながらクオリティーの高い二次会をする方法はあります。もちろん幹事や司会は頼まなくてOKです!
ウェディングドレスを格安で購入する方法【1万円代で購入可能】
ドレスの費用をなるべく抑えたい!良い物を激安で購入したい!という方におすすめの方法をプランナーが解説いたします。 二次会用ドレスやウェディングドレス・カラードレス・衣装小物など全てのアイテムを激安で購入できます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>