結婚式場の下見で即決特典を2倍に増やす方法

結婚式の当日契約割引を2倍に増やす方法

こんばんは。

takeshi kadotaです。

ブライダルフェアに行くとほぼ100%こんな会話があります。

  1. 今日決めてくれたらこの割引が使えます!
  2. え。今日契約しないといけないんですね。。。
  3. そうなんですよ。でも後悔させません!
  4. 大きな買い物だし悩むなぁ。。

これがいわゆる当日契約特典というもので、どの式場でもやっています。

ですが!!結論から言って「即決する必要は一切ありません」

今日は現役プランナーが即決特典の裏側を暴露しながら、その割引をさらに増やす方法を解説していきますのでフェア参加前に知っておきましょう!

ブライダルフェアお得情報

予約するサイトによって結婚式の費用は変わります。数あるサイトの中から一番お得に結婚式が叶うのはハナユメです。通常価格と比べて100万円~150万円もの割引がゲット出来るのでブライダルフェア予約は必ずハナユメからしましょう。▷ハナユメ公式サイトを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、即決特典はなぜある?

そもそもなぜ即決特典があるかというと、他社に行かれない為です。

結婚式場は増えているのに、結婚式を挙げるカップルが減っている状況でお客様の取り合いが激化しているのがブライダル業界です。

その為、どれだけ他社のフェアに参加させないか。ということを考えて始まった文化が即決特典です。

ただ、逆に言えば他社に行かれたら取られてしまうかも。という気持ちがあるから割引をしてでも契約を取りに来ているわけで、自信がないということです。

ぶっちゃけると、契約が取れるプランナーは即決特典をつけません。

なぜなら式場にも自分の接客にも自信を持っていて、実際にお客様に支持されているので他社に行ったとしても契約しに戻ってきます。

2、即決特典は元々する前提

即決特典以外にも結婚式場は割引や特典をたくさん用意しています。

当日契約や日程による割引、今月来館特典、前撮りプレゼントなどなど。

式場からすると割引することが当たり前であり、割引がないことが有り得ません。

つまり、各アイテムやプランの金額設定は割引ありきで決められています。

見積りでこの割引をするからこのアイテムはこのぐらいの金額。即決特典が○○円割引あるからプラン金額はこのぐらいの金額。

割引分を本来の適正価格に上乗せした金額を、通常価格だと言っているだけです。

本来見積もりのアイテムを全部足したら300万円ですが、割引分を考えて350万円で金額設定しているということです。

ブライダルフェアで見積りを依頼したら

「通常価格はこの見積りです。ただ、今日契約してくれたらこっちの見積りです!」

と、なぜか2枚見積もりが出てきて2枚目が即決特典を含んだ安いものになっています。

内容を見ていくと各アイテムから割引がバシバシ入り、総額50万円以上の割引が入っている見積もりが出てくることがあります。

これはただ2枚目の割引を含んだ方が安いのではなく、元々の適正価格だということです。

上乗せした分を割引したように見せているだけなので「安い!!」と思わないでください。

3、即決特典が30万円以上なら注意!

即決特典の相場は、10万円~20万円ぐらいです。

即決特典以外にも割引がいくつかついていて、さらに今日決めてくれたら10万円上乗せで割引!というのが一般的です。

これが稀に50万円!とか100万円!みたいな会場があります。

明らかに元から割引する分を多めに考えて、割引額を多く見せようとしているだけなので通常価格がメチャクチャ高いはずです。

通常価格が400万円だけど、今日決めてくれたら300万円!なんてこと有り得ません。

即決してもらうことは100万円割引する程、式場側にメリットはありません。

こういう式場は他のアイテム価格も割引ありきで設定している可能性が高いので、打ち合わせ後もかなり追加費用がかかります。

プランナーとしてハッキリ言えることは、即決特典が大きい会場は信用すべきではないので注意が必要です。

4、即決特典は当日でなくても適用される

前述したように割引は元からする前提で作られたものです。その為、当日契約しなかったところで同じ割引が貰えます。

もちろんフェア当日は即決してもらう為に「明日以降になったらこの見積もりは使えません」と断言されますよ。でなければ即決特典を出している意味がありませんから。

ですが、その当日契約した場合の見積りが本来の適正価格です。

式場としてはその金額で販売して一切問題がない見積もりです。絶対に明日以降に連絡して相談すれば、同じ見積りで契約させてくれるはずです。

ただし「あなたの式場で決めます」という前提で交渉しても、同じ見積りでは契約させてくれません。

次の項目で、その交渉方法とさらに割引をつけさせる方法を伝授いたします。

5、即決特典をさらに増やす方法

①他社と悩んでいると相談する

前述したように、他社との競争があるからこそ割引をしています。

・当日契約して他社にもう行かない

・自社が第一希望で契約してくれる可能性が高い

という場合は割引をする必要がありません。その為、最大割引を引き出せていない可能性があります。

本命会場よりも安い式場のフェアに参加して、安い見積もりを貰い引き合いに出すことで本命会場の割引を最大限に引き出すことができます。

この割引の方が即決特典よりも大きくなります。

挙式を検討しているエリアで一番安い式場のフェアに参加しましょう。

どの式場が安いかを事前に判断する方法はこちらに書いております。

結婚式場の金額を比較するたった1つの正しい方法!
ブライダルフェア参加前に結婚式場のプランページで金額を判断するのは間違った比較方法です。その理由と正しい金額比較方法を伝授いたします。理解したうえで結婚式場探しを進めて下さい。でないと結婚式場決定後に後悔することになります。

即決特典がなくなることをもし心配しているのであれば、同日にフェアをまとめましょう。

複数式場のフェアに参加するだけで割引額はグッと増えます。

どのサイトから予約して、どういうスケジュールでフェアを周ればいいかはこちらに詳しく書いております。

結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの方法
憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。式場の裏側からお伝えします。

他社を引き合いに出すことで相場10万円~20万円の当日割引を超えて、2倍ぐらいの割引を貰うことが可能です。

②月末のフェアに参加する

式場は月単位で目標の契約件数が決められています。

その為、契約件数が目標に達していない場合割引を多くしてでも契約を取ろう!という施策が発令します。

これを利用して通常価格よりも割引を貰うことが出来ます。

その中でも、12月や3月は各企業の期末に当たるので年間の契約件数が目標に達していないと割引が増えるので狙い目です。

このようにしてフェアに参加するタイミングを変えることで、割引額を増やすことが出来ます。

また、フェア参加ではなく式場との契約するタイミングを変えることで割引を増やすことも可能です。

詳しく知りたい方はこちらに書いておりますので参考にして下さい。

結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは
結婚式は式場の予約をするタイミングによって金額が大幅に変わることをご存知でしょうか。半年前か3か月前かによって100万円以上変わりますので、プランナーとして予約のベストタイミングとお得に結婚式を叶える方法を公開致します。

6、結婚式場の下見で即決特典を増やす方法 まとめ

即決特典について裏側をお話してきましたが、当日に契約する必要がない。という理由をご理解頂けましたでしょうか。

割引は契約前であれば、10万円~20万円増やすのは簡単です。

他社を引き合いに出しながら、月末のフェアに参加するだけで即決特典の倍額を割引してもらうことが出来るでしょう。

また、フェア予約をするサイトによっても割引額は全然変わります。

予約する際の注意点や予約で使うべきサイトをこちらで詳しく解説しておりますので、フェア予約する前に必ず呼んでおいてください。ブライダルフェアの選び方が変わりますよ。

ブライダルフェアの予約時に注意すべき10のポイント
結婚式の費用はブライダルフェアの予約方法で変わります。フェアを有意義な時間にする為に予約段階からチェックしておくポイントを抑えておきましょう。「試食フェアの注意点」「特典や割引の見方」などを紹介しております。参加してからでは遅いですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>