ブライダルフェアは予約なしで良いの?実は損をする3つの理由

ブライダルフェアに予約なしで行くと損をする3つの理由

こんばんは。

takeshi kadotaです。

気になる会場に行ってみたけど、写真と全然違ったから近くの会場のブライダルフェアに行ってみよう!

急きょ予定がなくなってブライダルフェアに行くことにした!

こういうことは良くあると思いますが、ブライダルフェア予約なしで式場に行くと損をします。

今日はその3つの理由と予約する際に使うべきサイトを紹介させて頂きます。

*「予約」とは前日までの予約を指すので、当日電話で予約しても「予約なし」とします。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ブライダルフェアに予約なしで行ってもいいの?

ブライダルフェアに予約なしで行くこと自体はNGではありません。ただしブライダルフェアというよりは式場見学という扱いになります。運が悪ければ式場見学すらも出来ない可能性があります。

せっかく行ったのにパンフレットだけ貰って帰ってくるというようなことは良くあることです。

つまりブライダルフェアに予約なしで行くこと自体はNGではないけど、思っているような対応をしてもらえる可能性は低いということを知っておきましょう。

2、予約なしだと試食を用意してもらえない

レストランを運営している会場ならまだしも、通常の結婚式場はブライダルフェア用に料理を用意してます。

前日までの予約数を把握して、その分を用意するのでブライダルフェアに予約なしで行くと料理の用意はありません。

料理にこだわるカップルも多いでしょうから、予約は前日までにしてからブライダルフェアに参加しましょう。

ブライダルフェアの試食に関する記事はこちら

ブライダルフェア試食の量や費用を徹底解説
試食つきブライダルフェアの全てを現役ウェディングプランナーが徹底解説!試食の量や費用、ブライダルフェアの選び方まで紹介しております。試食目当てで参加してもいいのか式場目線でお伝えしております。

3、予約なしだと全ての会場を見学できない

土日祝日は特に注意して欲しいのですが、急に行っても結婚式をやっているので会場見学が出来ません。

ネットでブライダルフェアを見ていると確実に開催時間が決まってますよね?

あれは、結婚式をやっている合間を縫っていつなら会場を見られるのか計算したうえで決められています。

貸切の式場はもちろんですが会場が複数ある式場に行っても

自分に合った規模感の会場を見られなかったり、何十組の結婚式を同時にやっていてチャペルをずっと使っている状態で見られない。ということが一般的です。

それを回避する為のブライダルフェアなので、タイミングの合うブライダルフェアを見つけて参加しましょう。

行っても会場見学が出来なければ意味がないですからね。

ブライダルフェアに参加する際に注意するポイントはこちらにまとめております。

結婚式場見学のポイント11選
後悔や失敗しない結婚式がしたい方は、結婚式場見学やブライダルフェアで比較すべきポイントを知っておくことが第一歩です。現役プランナーがプロの目線で式場見学に参加するまでに確認しておきたいポイントと実際に参加して確認するべきポイントをお伝えします。

4、サイトを通さず予約すると特典や割引がつかない

式場に直接自分で電話をしてブライダルフェア予約をすると、もらえたはずの特典や割引がつかないことがあります。

ゼクシィを筆頭にマイナビウェディングやみんなのウェディングなどたくさんのサイトがあり、そこから予約するだけでお得な特典をつけてもらえます。

例えば

みんなのウェディング限定特典:10万円OFF

マイナビ限定特典:料理ランクアッププレゼント

などそういったものがあることを知らずに予約をしてしまうと損をするということです。

ビックリするかもしれませんが結婚式の金額は予約するサイトを変えるだけで安くなります。

5、ブライダルフェア予約で使うべき2サイト

では予約する際に使うと結婚式の金額が安くなるサイトはどのサイトなのでしょうか。

ゼクシィ、みんなのウェディング、ウェディングパーク、マイナビウェディング、ぐるなびウェディング、楽天ウェディング、Hanayume

などなどたくさんのサイトがある中でプランナーの私が厳選したオススメのサイトはたった2つ。

①ハナユメ

ローラのCMで話題になっているので知っている方も多いのではないでしょうか。

関東や東海エリアで大規模なイベントを行い、ブライダル業界で今もっとも勢いのあるサイトです。私としても一番オススメのサイトです。

他のサイトで情報を集めたとしても、予約はHanayumeからしないと割引がつかないのでご注意くださいね。

<オススメする理由>

・サイトがキレイで使いやすい

・式場に専用プランを作らせているため、他のサイトから予約するよりも断然割引が多い

・キャンペーンに力を入れており3軒回れば3万円以上もらえる

・定額ウェディングという契約後に一切金額が上がらないサービスがある

定額ウェディングに関する記事はこちら

ハナユメ定額ウェディングの口コミや評判をプランナーが解説
ハナユメ定額ウェディングとはどんなサービスで評判はどうなのか。メリット・デメリットや利用条件は?という疑問や不安をプランナーとして客観的な目線で解説いたします。定額ウェディングを検討している方は参考にして下さい。

<注意点>

・ゼクシィネットに比べると掲載会場数が少ないため、お目当ての会場が掲載していない可能性もある。

オススメする理由をもう少し詳しくご紹介しておきます。

ハナユメ限定の割引がどのぐらいかというと、式場によりますが100万円~150万円はほぼ全ての式場で割引が入ります。これがハナユメ専用の割引「ハナユメ割」というものです。

他のサイトから予約するとつかない割引になるので、ブライダルフェア予約をするならまず最初に見ておくべきサイトです。

公式サイトはこちら

ハナユメ

②マイナビウェディング

転職や就活でお世話になった方も良いのではないでしょうか?知らない方のほうが少ないですよね。そのマイナビさんのウェディング専用サイトです。

式場決定をする気持ちでフェアに参加するなら予約はHanayumeの方が良いですが、まだとりあえず見てみるだけ。という方はキャンペーン金額が高いのでマイナビからすることをお勧めします。

<オススメする理由>

・他の媒体と比較しても圧倒的に掲載写真数が多いため、見学前に式場の雰囲気を把握しきれる

・360度パノラマ写真を掲載している会場があり、見学前にリアルな会場が見られる

・直前お得プランという特集があり、安く結婚式が叶う式場がたくさん掲載されている

・ウェディングサイトの中で一番キャンペーン価格が高い。3軒回れば35,000円もらえたりする

<注意点>

・360度写真や直前お得プランは掲載していない会場もある為、全会場見られるわけではない

公式サイトはこちら

マイナビウエディング

また、予約する方法はもう1つあります。

ネットではなく、式場相談カウンターを使うパターンですね。こちらに関してもサービスによって結婚式の金額が変わります。

カウンターを使った方が安く紹介してもらえる。という意見を耳にしますが、プランナーから言わせると逆です。高くなることが多いです。

これに関してはこちらに詳しくまとめております。

ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!
結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。

5、ブライダルフェア予約はいつまでにするべき?

ブライダルフェア予約はするべきであり、使うべきサイトがあることも知って頂いたうえで「じゃあいつまでに予約すればいいの?」ということも解説しておきます。

結論からお伝えしておくと行きたい式場が決まった瞬間に予約です。

ブライダルフェアには参加出来る組数が決まっていて、予約を先延ばしにすると満席になって予定していたスケジュールが組めなくなることがあります。

ブライダルフェア予約を延ばすことにメリットはありませんので、参加することが決まり相手とスケジュール調整が出来たら予約してしまいましょう。

デッドラインとしては前日昼までです。それを過ぎると前述したような試食が無かったりしますので注意して下さい。

ブライダルフェアの予約はいつまでにするべきかプランナーが解説
明日のブライダルフェアに参加したい!と思っている方は使うべきサイトを間違えると、予約が取れていなかったり試食がなかったりします。ゼクシィネットの便利機能を使って、有意義なブライダルフェアにしましょう!

6、ブライダルフェアはいつから参加するべき?

ではブライダルフェアに行く目安はいつ頃なのでしょうか。ザックリとした挙式希望時期があったらどのぐらい前から動いておくべきなのでしょうか。

こちらも結論からお伝えすると、動くのは早い方が良いが式場予約は遅い方が良いです。

ブライダルフェアは行ったら式場決定しなければいけないわけでもありませんし、参加を遅らせる理由もないので参加は早ければ早い方が良いです。

式場決定までに時間がかけられるので後悔のない式場決定をすることにもつながります。

しかし、式場の決定はタイミングによって金額が変わるので良き頃に決めましょう。

これについては長くなってしまうので別の記事で詳しく紹介しておきます。

ブライダルフェアはいつから行くべきかプランナーが解説
ブライダルフェアは参加するタイミングによって金額が変わります。空き状況や費用を考えるとベストなタイミングはいつなのでしょうか。1年前ぐらいかなー。となんとなくの噂や周りの意見で参加すると後悔します。

7、ブライダルフェアの予約はキャンセル出来る?

予約したら絶対に行かなければいけない感じがして気が引けてしまう方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、キャンセルは全然余裕で出来ます。

というより、ブライダルフェア予約をしている方の2割ぐらいはキャンセルになっています。

もちろん事前キャンセルだけではなく当日のキャンセルもあります。連絡はなく無断で来ないカップルもいらっしゃいます。

体調不良や急用が理由になる場合もあれば、他の式場で決定してしまった場合もあるでしょう。めんどくさくなってしまうこともありますよね。

出来れば事前に連絡だけ入れてあげると式場としてはとても助かります。

特に問題なくキャンセル出来るのでその辺はあまり気にせず予約してしまってOKです。

8、ブライダルフェア当日予約はあり?

当日予約するのはOKなの?ということに関しても解説しておきます。

もちろんOKですが、前述したように試食が用意されなかったりする場合もあります。

ただし、予約せずに急に行くよりも当日でも予約はする方が絶対に有意義なブライダルフェアになります。

電話で確認しておけば、何時に来てもらったら会場が全部見れます。試食も用意できます。など、なるべく有意義なブライダルフェアになるようスタッフが考えてくれます。

当日だとしても必ず電話予約は入れておきましょう!

9、ブライダルフェアに予約なしで行く まとめ

急に行ったり、当日予約をしてもあまり有意義な時間にならないことをご理解いただけましたでしょうか。

式場側も万全の状態で見学をして頂く為にブライダルフェアを開催しております。

是非、利用してお得に結婚式を叶えて頂けると幸いです。

さらに詳しくサイトによっての違いや特徴を知りたい方用にこちらの記事にまとめております。

ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!7社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。

またブライダルフェアに参加する際には、ただ参加するだけだと後悔します。

フェアで確認することや注意点についてはこちらにまとめております。

ブライダルフェア攻略法

割引をもらいお得に結婚式をする方法はこちらにまとめております。

結婚式費用を抑える方法まとめ

合わせて参考にして下さい。

<合わせて読みたいフェア予約に関する記事>

ブライダルフェアに何件行くかは重要ではない理由
ブライダルフェアに何件行けば理想の式場が見つかるかは分かりません。ですが、後悔しない結婚式をしているカップルに共通することはフェア参加までに正しい情報収集をたくさん行っています。現役プランナーとして正しい情報収集の方法を伝授いたします。
結婚式場の下見で即決特典を2倍に増やす方法
即決特典や当日契約割引は当日契約しなくても貰えます。というよりも当日契約割引よりも大きな割引を貰う方法があるので、ブライダルフェア参加前に必ず知っておきましょう。20万円程度の割引で満足していたら後悔しますよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>