ブライダルフェアで本命式場は最後に行くべきかプランナーが解説

ブライダルフェアで本命式場は最後に行くべきかプランナーが解説

こんばんは。

takeshi kadotaです。

ブライダルフェアに参加しようと思った時に本命の式場はどのタイミングで行くべきか迷いますよね。後悔しない式場選びにしたいからこそ迷うはずです。

そして、もう皆さんなら分かっているかもしれませんが、ブライダルフェアのスケジュール組はもの凄く重要です。このスケジュール組によって結婚式の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。

今日は現役ウェディングプランナーとしてブライダルフェアのスケジュール組と本命会場は何件目に行くべきなのかを徹底解説致します。

素敵な式場選びの助けになれば嬉しく思います。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ブライダルフェアは何件参加するべき?

まずそもそもブライダルフェアは何件参加するべきなのかが分からなければ本命を何件目に行くのかが決められませんので、そこからお話しさせて頂きます。

結論からお伝えすると最低3件は回ることをおすすめします。なぜ3件がベストかは後述致します。

実はブライダルフェアを何件回ったかという調査において、平均は1.7件です。

もの凄く少なくないですか?1件目で即決している方がどれだけ多いかがこの平均から伺えます。

でもね、だから後悔しているカップルが多いんです。

「ブライダルフェア 即決」とか「ブライダルフェア 後悔」とか「ブライダルフェア 1件目」とか検索するともの凄い量の失敗談が出てきます。

◆プランナーの営業トークに釣られて決めてしまった。

◆日程の空きがなかったから決めてしまった

◆その場で決めなければ割引して貰えなかった

だいたいこの3つの理由で即決して後悔しています。

プランナーから言わせると、してやったりです。ボランティアではないので営業トークをしまくって契約を獲得しているわけですから。

しかし、裏話をぶっちゃけるとその場で契約するメリットは一切ありません。

むしろデメリットが多いです。

後悔しないように知っておくべきことを知っておいてください。言葉を選ばずお伝えすると、騙されないでください。

この記事の内容とはズレてしまうので別の記事で騙されない為に付けておいて欲しい情報を紹介しておきます。

これらを読んで3式場は最低見るようにして下さい。まずはそれが後悔しない為の第一歩です。

結婚式場の空き状況は嘘!?本当の空き日程を確認する6つの方法
現役プランナーが式場の空き状況についてぶっちゃけます。嘘の空き状況を伝えている式場は多く、焦らせることで即決を狙おうとしています。本当の空き状況を確認する方法を知り冷静な判断が出来る状況を作りましょう!
結婚式場の下見で即決特典を2倍に増やす方法
即決特典や当日契約割引は当日契約しなくても貰えます。というよりも当日契約割引よりも大きな割引を貰う方法があるので、ブライダルフェア参加前に必ず知っておきましょう。20万円程度の割引で満足していたら後悔しますよ。
ブライダルフェアで即決すると後悔する5つの理由
ブライダルフェアで即決はしたくない!押し売りを断れないから営業をかけられたくない!そんな方は是非読んでからブライダルフェアに参加してください。たった1言伝えるだけで、上手に断れて長引かせません。

2、本命式場は何件目に予約するべき?

ではここから本題に入ります。本命式場は何件目に予約するべきなのでしょうか。

ネットを見ていると1番最初や最後という意見が多いですが、プランナーとしてベストだとオススメするのは最後です。

ただし前述したようにその他の式場で即決しない前提ですが。

理由は3つありますのでそれぞれ解説していきます。

①他の式場と比較することで本命がベストか確認できる

3件回るべきだとお伝えした理由がここにありますが、プランナーをしていて一番思うのがブライダルフェア参加が1件目のお客様と3件目のお客様では知識量が圧倒的に違います。

3件以上見てきたカップルは他の式場を見ていることで、注意して見ておくべき点やプランナーに聞いておくべき点も理解されていますし判断基準が明らかに定まっています。

さらに自分たちがどんな結婚式がしたいのかもかなり明確になっています。

これは明らかに他の式場のブライダルフェアに参加したからであり、とても大切なことです。

式場選びにとって自分たちの理想の結婚式が分かっているのと分かっていないのとでは、満足度が全く変わってきます。これが分かっていない状態で式場決定をして後悔しているカップルを嫌というほど見てきています。

複数の式場を見たうえで比較しながら本命式場を見ることで、本当に本命がベストなのかが分かります。

あるあるなのは、無知識の状態で選んだ本命なので知識がつくと全然本命じゃなかった!ということです。なんとなく式場の雰囲気だけで本命と決めていたけど、式場を周っていく中でこだわりたいポイントが見えてきて、気づけば理想の結婚式とはかけ離れた式場だった。ということは良くあります。

これも複数式場を周ったからこそ分かることです。比較するという段階はとても重要なので本命が本当に希望に合うのかを見極めましょう。

本命以外の式場の選び方も重要なので、こちらは後述致します。

②即決しない理由になる

1番最初に本命に行くと、ほぼ100%即決します。

1件目なので比較対象もなく始めてみる素敵な装飾をされた憧れの世界に魅了され、テンションが上がり、今なら割引こんなにします!しかも空き日程が1日しかありません!というような営業トークをされて決めてしまうんです。

先程式場見学数の平均を紹介しましたが、実際全ての式場で1件目の即決率がかなり高いです。

しかし、本命に絶対行く!と決めて最後に予約をされたカップルはやはり意思が強いのでどんなに営業トークをされても本命に行くまでは決められないとキッパリ断っていかれます。

前述したように本命会場と他の式場を比較することはもの凄く重要なことですし、即決することにメリットは一切ありませんのでちゃんと本命を最後に行きましょう。

日程の空き状況は嘘ですし、即決割引は即決しなくてもつけてもらえますから安心して下さい。

③本命式場の見積りを安くできる

後ほど詳しく解説いたしますが本命式場以外に複数式場を回り、本命を最後に残すことで見積もりを安くすることが出来ます。

簡単に言えば、相見積もりを取って安くするということが可能になるんです。

本命式場だからこそ今後の関係性も考えて、見積もり交渉はしなくないという気持ちもあると思いますが、安心して下さい。この方法は交渉が必要ありません。

「本命式場の見積りを下げる方法」で解説させて頂きます。

3、本命式場以外の選び方も重要

3件回ると言ってもどんな式場を選べばいいの?という疑問が出てくると思いますので解説しておきます。

1つは本命と似ている式場を選びましょう。もう1つは全然違うパターンを選びましょう。

似ている式場をいくつも見ても仕方ありませんが見ておかなければ比較がしづらくなります。

似ている式場を選ぶのは簡単だと思います。大聖堂が良い!ガーデンが欲しい!など何かしらの理由があって本命を決めていると思いますので、雰囲気が似ていて気になる式場を選びましょう。

もう1つの全然違うパターンとは、そもそも業態から変えてしまうのがオススメです。

業態とは「ホテル」「ゲストハウス」「専門式場」「レストラン」のことです。それぞれのメリット・デメリットがあり人によって合う合わないがあります。

ゲストハウスが良い!と思っていたけどホテルを見てみるというようにあえて外します。そうすることで意外とホテルっていいな。という気づきになったり、やっぱりゲストハウスが良いけどホテルのあの部分だけは取り入れよう。というように自分の理想の結婚式の幅が広がります。やっぱりゲストハウスで間違ってなかった!と確信を得られるのも大きなメリットです。

行って後悔したり無駄になることは絶対にないので、1つぐらいは違う業態を見てみましょう。

それぞれの違いに関してはこの記事で紹介しておきます。分からない方は見ておいてください。特に専門式場とゲストハウスの違いが分からない方が多いのではないでしょうか。

ホテルとレストランウェディングの違いは?全式場タイプ別診断
ホテル・専門式場・ゲストハウス・レストランウェディングなど様々なタイプから現役プランナーがあなたに合うタイプをメリット・デメリット含めてご紹介いたします。結婚式場探しは何から始めたらいいの?という方は是非ここから始めてみて下さい。

4、本命式場の見積りを下げる方法

本命式場の見積りを下げる方法は気になる方が多いと思いますので詳しく説明しておきます。

方法は2つあります。どちらか一方ということではなく、両方使って下さい。

両方使えば100万円以上の割引を取ることが出来る方法です。

①本命以外の式場選びを工夫する

手順を簡単にご説明すると

① 希望エリアで一番安い式場に行く

② 似ている式場で内容盛り盛りの見積りを貰う

③ 本命で②の見積りを提出する

この3ステップです。

まず1件目に本命と業態が違いエリアの中でもかなり安い式場を探し出してブライダルフェアに参加しましょう。まずは1件目なのでブライダルフェアがどんなものか体験するのにも丁度良いですし、安い見積もりを貰っておくことが後々効果を発揮します。

そして2件目に本命と似ている式場に行き、1件目で貰った見積もりを提出して見積もり作成してもらいましょう。その際の注意点として、あまりにも内容が薄くただ安いだけのスカスカな見積もりを貰っても契約後の上がり幅が大変なことになるので、内容盛り盛りで入れて貰ってください。

・料理、ドリンク、ケーキ、会場装花は1ランクアップ

・スナップアルバムやエンドロール、生い立ちDVDなどの記録系

・席札、席次表、メニュー、招待状などペーパーアイテム

・ウェディングドレス、カラードレスは平均額(30万円程度×2点)で

このぐらいは最低限ベースの見積りに追加してもらいましょう。

これで契約後にあまりにも金額が上がり過ぎるのは抑えられますし、アイテムを追加することで式場側の割引額も大きくなるので一石二鳥です。

また、2件目の式場の選び方として本命よりも安いところを選びましょう。本命の方が安いと値引きしてもらえませんので。

最後に本命式場に行き、2件目で貰ったアイテムモリモリ見積もりを提出して同じ内容で見積もりを作ってもらいましょう。

1件目で安い見積もりを貰ったことで2件目の式場が対抗して割引してくる。

2件目の式場の見積りを見て本命は似ている式場だからこそ焦り、さらなる割引で対抗してくる。

というように、割引が割引を呼びます。そしてアイテムがたくさん入っているからこそ本命式場も割引がしやすくなる。という式場側の心理状況を考え、割引せざるを得ない状況を作り出します。

これによって特に交渉をしたわけでもないのに式場側が勝手に割引してくれます。プランナーが言うんだから間違いありません。

ブライダルフェアにまだ行ったことが無い方は、そんなんで割引して貰えるの?と不安に思うかもしれませんが、騙されたと思ってやってみて下さい。確実に割引が増えます。

有り得ませんが、もし割引が増えなかったとしても別に損するわけではありませんからやってみる価値はありますよ。

②ブライダルフェア予約するサイトを工夫する

もう1つの割引を増やす方法はブライダルフェア予約をハナユメからする。というだけです。

ハナユメはゼクシィに並ぶ大人気サイトなので知っている方が多いと思いますが、知らない方の為に一応紹介しておきます。

ローラや斉藤工さんが出演したCMで話題になり電車広告なども良く見ますよね。

ゼクシィを筆頭に様々なウェディングサイトが存在しますが、ハナユメだけ少し特徴が異なります。他のサイトは式場の基本情報やプランなどが載っているだけなので、比較をすることぐらいにしか使いません。

ですがハナユメはサイトを見ると分かりますが「ハナユメ割」というハナユメ限定の割引があります。これが何かというと、式場側がハナユメを通してブライダルフェア予約してきたカップル限定でつけているハナユメ専用の割引プランです。

このハナユメ割の割引額が半端なく大きいです。通常価格から100万円~150万円の割引が入っている式場がほとんどで、実際私の式場は通常400万円ぐらいしますがハナユメから予約してきたカップルだけは250万円程度で見積もりを出しています。

どの式場もハナユメという大人気サイトにネットでアクセスしてきたカップルになんとか自社式場に来てもらえるよう、もの凄く安いハナユメ割を出そうとします。この式場と式場の割引合戦がハナユメ割の異常なまでの割引を実現しています。

式場としてはそうまでしてでも掲載したい大人気サイトであり、新郎新婦様からしてもハナユメから予約するだけで割引が100万円以上も増えるなんてただただありがたいだけですよね。

どこから予約が入ったかは式場側が分かるので、特に申請などは必要ありませんしブライダルフェアで言う必要もありません。

もちろん交渉も必要ないです。

1件目から本命までハナユメから予約するだけで割引が増えるので、そもそもの見積額が下がります。さらに前述した式場選びを工夫する方法で、そこから式場同士が割引合戦をしてくれるのでかなり大きな割引が得られる。ということです。

公式サイトはこちら

ハナユメ

5、まとめ

ブライダルフェアは本命式場に何件目に行くべきなのか。どういうスケジュールで回るべきなのか。ということを説明させて頂きました。

プランナーとして働いているからこそ知っている情報でもありましたので、是非皆さんに届けたいと書かせて頂きました。

本命式場で素敵な結婚式が叶うことを願っております。

<合わせて読みたいブライダルフェアに関する記事>

ブライダルフェアと式場見学の違いを解説!参加するべきはどっち?
ブライダルフェアと式場見学の違いを明確に理解しないまま予約をすると、割引が貰えなかったり会場見学が出来なかったりと後悔することになります。 正しく理解して損をしない式場探しをして下さい。ブライダルフェア予約をするサイトも要注意です!
結婚式場の探し方!自分に合うところを無料で探す3つの方法
どんな式場が良いのか分からない!自分に合った式場が分からない!という悩みを解決する方法を書いております。 後悔しない結婚式をする為には、自分達に合った式場を見つけることが大前提となりますので、フェアに行く前に読みましょう。
ブライダルフェアで必ず聞かれる項目チェックリスト【完全版】
ブライダルフェア当日にどの式場でも必ず聞かれるチェックリストを理解し、事前に対策しておくことで有意義なブライダルフェア参加となります。 決まっていない項目があれば相手と話し合い決めておきましょう。せっかくのブライダルフェアがただの見学だけになってしまいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>