ブライダルフェアの正しい探し方4選を徹底解説

ブライダルフェアの正しい探し方4選を徹底解説

こんにちは。

takeshi kadotaです。

皆さんはブライダルフェアに参加しようと思った時にどんな風に探しますか?多くの方が

  1. ねぇゼクシィ買ってきたよ!
  2. ありがとう!じゃあ気になる式場探してみよ♪
  3. OK!

こんな会話をしながらどの式場のブライダルフェアに行くか相談していることと思います。

間違っていませんが、これでは完全に知識不足なので損したり後悔しているカップルが続出しています。

今日は現役プランナーとして、どんな方法でブライダルフェアを探し式場探しを始めていくのかを徹底解説していきます。

後悔しない結婚式の助けになれば幸いです。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆ブライダルフェアの探し方① 雑誌で探す

以前まではこの方法しかなかったと言っても過言ではありません。ゼクシィを筆頭にウエコレなどなど今や無料で駅に置いてある雑誌も多数存在します。

ゼクシィを買うこと自体に反対するわけではありませんが、この方法でブライダルフェアを探すのはお勧めしません。なぜなら圧倒的に情報量が少なすぎるからです。

ブライダルフェアを探す=結婚式場を探している状況なので雑誌の写真だけ見て好きな雰囲気がある式場を見つけてブライダルフェアに参加するのでは、式場決定で抑えておくべきポイントが欠け過ぎています。

さらに言えば、写真で探すにしても枚数が少なすぎます。雑誌に載っているのはせいぜい10枚~20枚程度です。

その中で好きな雰囲気を探すといっても、どこも同じような写真ばかりで候補が絞り切れません。

さらにさらに言えば、式場はゼクシィなどの雑誌に載せる写真を何百万円とかけて撮影しています。その写真は加工され放題であり、花を含めた装飾などは現実味が無いほどモリモリで作られています。実際の披露宴で同じことをしたらお金がいくらあっても足りません。

これらの情報だけでブライダルフェアを探すから

◆行ってみたら全然雰囲気が違った。

◆写真と現実のギャップがありすぎ。

◆料理が美味しくなかった

◆費用が予算と全然合わなかった

という状況に陥り、せっかく休日を使ってブライダルフェアに参加したのに無意味な時間になってしまいます。

また、雑誌に掲載されている式場は限られています。

このネット時代に雑誌に掲載しようとする式場は多くありません。ゼクシィの場合はネットに掲載する為には雑誌にも掲載しなければいけないので比較的掲載式場が多いですが、それでも他のネットを主軸にしたサイトには掲載料で劣っています。

実際にゼクシィに掲載している式場数は約2,500ですが、ネットに主軸をおいているみんなのウェディングは約5,000式場掲載されています。

限られた結婚式場の中から、限られた情報量でブライダルフェアを探すことになるのでオススメしません。

◆ブライダルフェアの探し方② ネットで探す

ではこのネット時代ならではのネットを使って探す方法について解説していきます。

情報量を得るという意味では圧倒的に強い探し方です。主なウェディングサイトは

・ゼクシィ ・みんなのウエディング ・ウェディングパーク ・ハナユメ ・マイナビウェディング ・ぐるなびウェディング ・楽天ウェディング

が存在します。

ネットで探すメリットは

お金がかからないことと、リアルな情報を得られることです。

何かを購入することもなく情報が得られるのでもちろん無料で全てのサイトを使えます。なによりもリアルな情報を得られるのはネットだけです。

口コミサイトがこれにあたります。必ず見ておくべきサイトはみんなのウェディングです。

国内No.1の式場掲載数・口コミ数なので情報量は申し分ないですし、式場が加工しまくった写真ではなくブライダルフェア参加者が撮影したリアルな写真を見ることが出来ます。

さらに、その式場で結婚式を挙げたカップルの見積りを見ることも出来ます。最初の見積りはどのぐらいで、最終的にはどの項目が値上がりしていくらになったのか。というようなことまで全て分かるので、気になる式場の情報を1~10まで知ることが出来ます。

みんなのウェディング以外にも使うべきサイトはハナユメやぐるなびウェディングになります。

それぞれのサイトには特徴があり、このサイトはこうやったら使いこなせる!この場合はこのサイトを使った方が良い!という使い分けが出来ます。

各サイトの特徴や使い分けに関しては脱線してしまうので別の記事にまとめております。

サイトの使い分けが有意義なブライダルフェアに繋がり、最終的に後悔しない結婚式へと繋がるので各サイトの特徴は必ず理解しておきましょう。

ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!7社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。

◆ブライダルフェアの探し方③ プロに相談する

雑誌でもネットでも同じことがいえますが、自分たちでブライダルフェアを探すには限界がありますし、初めてのことだらけで分からないことが多いですよね。

そんな中で自分たちに合ったブライダルフェアや結婚式場を見つけることが出来るのか。というと正直難しいと思います。

そんなときの為に使えるのがプロに相談してブライダルフェアや結婚式場を探すという方法です。

具体的にいうと、結婚式相談カウンターを利用するという方法です。

なぁに?それ。という方の為に結婚式相談カウンターの説明からしておきます。

ゼクシィ相談カウンターやマイナビデスク、ハナユメ相談カウンターとかって聞いたことがあればイメージがつくと思いますが

◆結婚式場探しをどう始めたらいいか分からない!

◆プロ目線でアドバイスが欲しい!

◆どんな結婚式がいいのか分からない!

という方々の為に式場探しのアドバイザーが専属でついてくれて、あなたの理想の結婚式を一緒に考えて、それに合う式場を紹介してくれるというサービスです。

ネット同様にもちろん無料で利用することが出来ます。ネットも結婚式相談カウンターも式場から紹介料を貰うことで成立しているサービスなので新郎新婦様が利用する分には1円もかかりません。

ネットで情報収集する時間がなかったり、自分で式場を絞っていくのが面倒だったり、不安だからプロの力を借りたかったりと理由は様々ですが利用しているカップルがもの凄く多いです。

ハナユメ相談カウンターに至っては大人気過ぎて予約が取りづらくなっているほどです。

この方法がブライダルフェアや結婚式場探し初心者の方にとっては一番安心感がありますよね。

ただし結婚式相談カウンターによってはデメリットがあるので使うべきカウンターは限られています。またネットと同じようにどの結婚式相談カウンターも特徴があり、あなたの希望によって使うべきカウンターは変わります。

結婚式相談カウンターごとの特徴や使い分ける方法はこちらにまとめておりますので、相談カウンターを使おうか検討している方は読んでおきましょう。

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!

◆ブライダルフェアの探し方④ 診断する

これはどんな方でもMUSTでやっておくべき方法なので、一番最初にやってください。

ウェディング診断です。

何かというと、プラコレウェディングが無料で提供しているサービスで簡単に言えば「式場相談カウンターと同じ機能をスマホさえあれば1分で完結できるサービス」です。

結婚式相談カウンターに行く時間がなかったり面倒な方でも同じサービスが受けられるということです。

具体的に解説すると、写真で好きな雰囲気をポチポチ選び、希望する時期や予算をザックリと入力するとそれに合わせて専属の式場紹介アドバイザーがあなたに合った式場をピックアップしてくれる。というものです。

プラコレウェディングは元ウェディングプランナーなど結婚式や結婚式場に詳しいスタッフを集めて、あなたに合った式場の紹介をネットで行えるシステムを持っているのでスマホから情報を入力すればたった1分程度で自分に合った式場が無料で分かるという優れたサービスを提供することが出来ています。

さらに希望をすれば専属のアドバイザーとチャットを使って相談出来るので、もっと他にお勧めの式場はないか?なぜこの式場が合っているのか?などを聞くことが出来ます。

もちろん違う条件で紹介を改めてしてもらうことも出来ますし、ブライダルフェア参加後に複数の式場で迷っている場合でも相談に乗ってくれます。

あくまで希望をすれば。なので無理やり連絡がバンバンくるようなこともありません。ウェディング診断だけ行うのでも全然OKです。

ただ、結婚式って基本的には人生に1度の方が多いので結婚式のプロって周りにいませんよね?こういう結婚式についてプロ目線でアドバイスをくれる存在はレアなので個人的には相談に乗ってもらえる状況はとてもありがたいことだと思います。

チャット相談機能を使うかどうかは人それぞれですが、ウェディング診断だけは使わない理由がなくメリットだらけなので必ずやっておきましょう。

1分で完結するので移動中でも出来ますし、自宅でお相手様と一緒にキャッキャやるのも楽しいですよ。

公式サイトはこちら

スマホで簡単ウェディング診断 あなたにピッタリの結婚式プランが届く【プラコレWedding】

◆プランナーおすすめの探し方

ブライダルフェアの探し方を4つご紹介してきましたが、最後にプランナーとして鉄板オススメコースをご紹介しておきます。私の周りで結婚式を挙げる友人には必ず紹介しており全員満足してくれている方法です。

【プラコレWedding】で自分に合う式場を診断

ハナユメを利用する

③みんなのウェディングでリアル情報を見て式場決定する

これが鉄板コースです。

プラコレのウェディング診断は前述したようにMUSTとして、なぜ数ある式場相談カウンターの中からハナユメを利用するかというと結婚式費用を他のカウンターよりも抜群に安くできるからです。

ハナユメは他のカウンターと違い、ただ紹介するだけではなくハナユメ専用の割引プランを紹介してくれます。ハナユメと提携している結婚式場はハナユメ専用の割引プランを用意しており、ハナユメカウンターからの送客にはその割引プランを使う義務があります。

それがハナユメ割というもので、通常価格から100万円~150万円の割引が入ります。

公式サイトから気になる式場のページでハナユメ割を見てみると分かりますが、ビックリするぐらいお得に結婚式が叶えられることが分かります。

これを利用しない手はないので、相談カウンターはハナユメを使いましょう。

ウェディング診断で得た情報を元にプロに相談して式場探しの幅を広げることが出来ますし、プロのアドバイスによってあなたの理想の結婚式像がリアルに見えてきます。

ブライダルフェアに参加した後、式場決定までの段階でみんなのウェディングの口コミを見たりプラコレのアドバイザーに相談しながら後悔しない結婚式場選びをする。ということが出来ます。

この方法であれば必要な情報を余すことなく得られ、理想の結婚式がちゃんと見えている状態でブライダルフェア探しから式場決定まで進めていけます。

公式サイトはこちら

ハナユメ

◆まとめ

ブライダルフェアの探し方やおすすめの方法をまとめて紹介させて頂きましたが、最終的にお勧めの方法は「ネット」「結婚式相談カウンター」「診断」と雑誌以外すべて使う結果となりました。それだけたくさんの情報がブライダルフェア探しには必要だということです。

後悔しない結婚式をするにはブライダルフェア探しが重要なので、初めての共同作業だと思い頑張ってください!

<合わせて読みたいブライダルフェアに関する記事>

ブライダルフェアに何件行くかは重要ではない理由
ブライダルフェアに何件行けば理想の式場が見つかるかは分かりません。ですが、後悔しない結婚式をしているカップルに共通することはフェア参加までに正しい情報収集をたくさん行っています。現役プランナーとして正しい情報収集の方法を伝授いたします。
ブライダルフェアで商品券を6万円分貰う方法
【知らないと後悔します】結婚式場見学は行くだけでお得な商品券が貰えることはご存知でしょうか。知っているだけでブライダルフェア参加がお金に代わります。6万円貰って結婚式費用や新生活の足しにしましょう!
ブライダルフェアの回り方をプランナーが解説
ブライダルフェアは回る順番や回り方によって割引額や選べる日程などが変わってしまうことがあります。何件のブライダルフェアに参加するべきか、予約はどのサイトからするべきかなどブライダルフェア全般の疑問を解決いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>