結婚式場の空き状況は嘘!?本当の空き日程を確認する6つの方法

結婚式場の空き状況は嘘!?本当の空き日程を確認する6つの方法

こんばんは。

takeshi kadotaです。

今日は現役プランナーとして式場の裏情報をお伝えしていきます。

ブライダルフェアに参加して式場を即決したことで後悔しているカップルが多く何とか出来ない物かとこの記事を書かせて頂きます。

即決する理由は大きく2つ。

・日程の空きが少ない

・即決特典がある

もちろん式場を気に入っていること前提ですが、それでも焦りが生まれて営業をかけられて決定していることに変わりはありません。

即決特典・当日契約割引に関してはこちらの記事で解説しておりますが、その場で決めなくてもむしろ後日契約して割引をもっと貰う方法があるので参考にして頂ければと思います。

結婚式場の下見で即決特典を2倍に増やす方法
即決特典や当日契約割引は当日契約しなくても貰えます。というよりも当日契約割引よりも大きな割引を貰う方法があるので、ブライダルフェア参加前に必ず知っておきましょう。20万円程度の割引で満足していたら後悔しますよ。

今日は割引や特典ではなく、日程の空きに関してぶっちゃけていきます。

  1. 希望の月だとここしか空いてません。
  2. え、本当かな。。。
  3. でも本当だったら埋まったら困るし。。。
  4. 決めます。

と真実が分からないからこそ決めてしまうこともあるでしょう。

真実を見極める方法をお伝えいたしますので、惑わされずに後悔しない式場決定をして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、式場の空き状況は嘘?本当?

結論からお伝えします。ほぼ100%嘘です。完全に式場の営業トークです。

式場はその場で決めてもらうことで他の式場見学に行かせない方法を考えています。その王道が「希望日程が埋まっちゃいますよ」というトークなんです。

式場以外の全ての買い物に共通していることですが、あなたが何か買いに行って気に入ったものがあった場合でも「その場で決めず比較して決定したい!」と誰もが思うはずです。

例えば、もの凄く欲しいと思ったブランドのバッグが、通常10万円だけど今なら4万円!ただ、後残り1個しかないんです。ということが真実であれば買いたいですよね。

100円ぐらいの買い物ならまだしも、結婚式という大金を支払う買い物であればなおのこと慎重に決めたいはずです。

この「本当に決めていいのか」という不安を解消する為に「割引」と「日程の焦り」で決定させるためのウソなんですね。

私はたくさんの式場を見ていますし、現役でプランナーもしているのでよく分かります。

本当にそこまで空きがない状況であれば割引する必要も営業をする必要もありません。

私が経験した中に1日1組貸切の会場もありました。貸切なので複数の披露宴会場がある式場と比較すると埋まりやすいことは確かです。それでもほぼ埋まっているということはありません。

理由は、披露宴会場数とお客様の集客数は比例するからです。

例えば、5つの披露宴会場を持っている式場だったらそれだけたくさんの新郎新婦様を集客する必要がありますが、披露宴会場が1つの場合はそこまでたくさんの新郎新婦様が来ても日程の空きがなければ集客する意味がありません。その為、広告費を5つの披露宴会場を持っている式場よりも少なくしますね?そうすると集客できる新郎新婦様の数が減ります。

これはどの式場でも同じことが言えるので、式場の規模と集客しているお客様の量は比例するんです。ということは5つの披露宴会場を持っている式場でも1日1組貸切の式場でも、空き状況に変わりはない。ということです。

これを知っておかないと、「うちは貸切なので日程の空きが少ないんです」というトークに惑わされてしまうので気を付けて下さい。

結婚式をするカップルがドンドン減っていく中、式場数は増えているのでブライダル業界は新郎新婦様の取り合いが激化しています。

そんな環境の中で、どこの式場に行こうが「希望月だと1個しか空いていない」なんてことは有り得ませんので安心して嘘だと決めつけて下さい。

2、空き状況の真実を確かめる方法

とはいっても万が一本当だったら困る。という不安もあると思うので、真実を突き止める方法をいくつか伝授させて頂きます。

自分が出来そうな方法で確かめてみて下さい。式場決定の前に信用していい式場か確かめる方法にもなるでしょう。

①希望している日程だけ空いていた!は絶対にウソ

良くあるパターンですが、11/10が記念日で第一希望です。ただ空きがなければ別の日程でもOKです。というような希望があった場合に

11月だと他は埋まっていますが10日の記念日だけ空いています。

という返答が返ってくることがあります。そんな奇跡はほぼ100%ありません。

そもそも前述したように、月の中で1日しか空いていないことが有り得ないのに希望日だけが空いているようなことは絶対に有り得ません。

ブライダルフェアに参加してこのような回答があれば安心して即決せず持ち帰って下さい。

万が一希望の日程が埋まったとしても、他の11月の日程は確実に空いていますよ。

後日、その式場に決めることになった時は11月の空き状況を再度確認してみて下さい。

10日が空いていれば問題ないですが、埋まってしまっていたら「日程変更があったので」などの理由をつけて他の日程を提示されますから。

②フェア参加後に友人に依頼して式場に空きを確認してもらう

フェア参加時に確認が出来ませんが、参加して1時間後ぐらいで構いませんので友人に依頼して希望していた月の空き状況を電話で問い合わせてみて下さい。

式場を探しているのですが、日程にこだわっていて空きがあればフェアに参加したいのですが。

希望日程は11/11,15,20,27です。もしこの中で空きがなければ11月の空いている日程を全て教えて下さい。

というように、自分が希望した11/10日以外の日程を適当にあげてみて空き状況を確認してみましょう。

ほぼ間違いなく空いていますし、その返答がリアルな空き状況となります。

③フェア参加後に相談カウンターから空き状況を確認してもらう

上記の友人に確認してもらうだと、式場によっては教えてくれないことがあります。

嘘がばれることを恐れて「フェア参加までに日程空き状況が変わっちゃうから」という理由をつけて日程の空き状況に関してはフェア当日でないと教えられない。

という返答が返ってくる可能性があります。

ただし、これは式場紹介カウンターを通すことで回避することが出来ます。

②のより確実な方法だと思ってもらえればOKです。式場紹介カウンターからの空き状況確認なら式場は安心してリアルな空き状況を教えてくれます。

フェア予約段階で式場紹介カウンターを使っている場合は、担当者に連絡して式場の空き状況を確認したいと依頼しましょう。

④希望している日程がダメだったと嘘をつく

フェア序盤で本当は希望していない日程を第一希望だと伝えてみて下さい。

後半の空き状況を伝えられる段階で「第一希望だけ空いてました!」などと言われる可能性があります。

この空き状況を伝えられた後に、よくよく考えたらこの日は○○ちゃんの結婚式だ。というように提示された日程が全てダメだったことを伝えましょう。

こうすることで改めて日程を調べてもらって下さい。先程空いてないと言われた日程が空いて出てきますよ。

「社内イベントで使う予定だった日ですが。。」などの理由をつけて空きが増えて提示されます。

⑤1年半後の空き状況を聞いてみる

結婚式場を決定するのは1年前から半年前が多いです。少人数婚であれば3か月前ぐらいの方も多いです。

その状況の中で、1年半~2年後の空き状況を聞いてみましょう。

実際には間違いなくどの式場も空き放題です。そもそも希望がありませんからね。

それでも「こことここなら空いてます」というように3つぐらいの空き状況しか提示されなければ確実に嘘です。

⑥平日の空き状況を聞いてみる

こちらも1年半後の空き状況を確認するのと趣旨は一緒ですが、平日の婚礼は土日に比べるともの凄く少ないので平日の空き状況を聞いてみて3つぐらいの空きしかなければ嘘です。

ただし、少人数婚の場合は平日にされる方も多いのであまり参考になりませんので注意してください。

平日に少人数婚を考えている方はこちらにメリットをまとめております。

結婚式を平日に親族だけで挙げる8つのメリット
親族だけで行う少人数婚は平日に挙げられる可能性が高いですよね?実は平日に結婚式を挙げることには沢山のメリットがあるのをご存知でしょうか。親族の都合さえあればデメリットはありません。親族だけの結婚式を探すときに使うべきサイトも紹介します。

3、空き状況で嘘をつかれない方法

空き状況の確認方法として相談カウンターからの確認を紹介しましたが、相談カウンターを上手に使うことで空き状況で嘘をつかれない方法があるので紹介しておきます。

まず前提としてブライダルフェア予約は相談カウンターを使用してください。

カウンターを利用することでフェア参加時に、空き状況で嘘をつけない状況を生み出すことが出来ます。

前述したように式場はカウンターには嘘をつきません。空きがなくて送客してもらえない可能性があるので式場側に嘘をつく理由がありません。

相談カウンターで気になる式場のフェア予約をしてもらうタイミングでアドバイザーにお願いすれば、現段階の空き状況を確認してくれます。

カウンターに行った日と式場のフェアに参加する日が2~3日程度しか変わらなければ、その時に聞いた空き状況とほぼ相違ないはずです。土日を挟まなければ2~3日で何件も成約が入ることはありません。

3日を超えるようであれば、フェア参加の前日にカウンターに問い合わせて式場の空き状況を再度確認してもらいましょう。「日程にこだわっているので」という話をすれば必ず対応してくれます。カウンター側も式場側も来館して欲しいですからね。

これを利用して、式場側に「直近の本当の空き状況を伝えている以上嘘をつくと不信感になる」という状況を作りましょう。

ちなみに、使うべきカウンターはハナユメをオススメします。

理由はハナユメを使うと結婚式費用が100万円以上安くなることが大半だからです。

とても重要なことなので知らなかった方は絶対に知っておいてください。

結婚式は同じ式場で同じ内容の結婚式をしても、400万円のカップルと250万円のカップルがいます。この違いは、フェア予約で使っているカウンターの違いです。

ゼクシィ相談カウンターやマイナビデスクなどは式場を紹介するだけのカウンターなので、費用が安くなることはありません。ですが、ハナユメは「ハナユメ割」という専用のプランを作ることを提携条件としています。

これを使うことで、他のカウンターや自分でフェア予約した通常の金額よりも100万円以上割引が多く入るということです。

ゼクシィ相談カウンターが有名なので使う方は多いですが、実はこの時点で損しています。

どこよりも安く結婚式が叶うと新郎新婦の間で噂になり、ローラを使ったCMやイベントで有名になりもはやカウンターの予約が取りづらいぐらい大人気のカウンターです。

だからこそ式場側としては絶対に提携したいカウンターであり、専用割引を作ってでも提携しにいってます。これがハナユメを通すだけで結婚式費用が安くなる理由です。

せっかくカウンターを使うのであれば、嘘をつかれない為だけではなく結婚式費用を安く抑える為にも活用しましょう。

また、ブライダルフェア予約でハナユメさんを使うと3式場の見学で3万円プレゼント!というようなキャンペーンを行っています。

(キャンペーン金額例)

◆1式場見学⇒15,000円

◆2式場見学⇒20,000円

◆3式場見学⇒30,000円

見学する式場数によってプレゼント金額が変わりますが最大3万円の商品券が貰えます。

どうせブライダルフェアに参加するなら貰えるものは貰っておきましょう。3万円あれば結婚式の演出1つ追加できますよ!

*追記

ウェディングプランナーとして一番おすすめなサイトがハナユメさんだったのでブログで紹介していたところ、なんとハナユメさんとコラボすることになりました!

キャンペーン金額は通常30,000円ですが、このサイトからブライダルフェア予約や相談カウンターの予約をするとキャンペーン金額が40,000円になります!

また現在は期間限定で6万円のギフト券がプラスで貰える抽選をハナユメさんが開催しているので、抽選に当選すれば合計10万円分のギフト券が貰えます!

キャンペーンのエントリーはサイト上部の「最大100,000円分のギフト券プレゼント」から出来ます。名前、アドレス、住所のみ入力すれば完了するので30秒ぐらいで終わりますしエントリーしたからといって電話がしつこくくるようなこともありませんので安心して下さい。

せっかく参加するならもれなく貰える40,000円だけでもゲットしてお得に式場探しをしましょう!

公式サイトはこちら⇒ハナユメ(hanayume)

また、都内や横浜で式場を探している方はgensen weddingもおすすめです。

gensen weddingはあなたに合った式場を紹介してもらえるという意味では最上級のカウンターです。

というのも、式場紹介のクオリティーが他を圧倒しています。

まず式場との提携に76もの厳しい基準があり、どの式場でも提携できるわけではありません。一定条件をクリアしたクオリティーの高い式場だけを紹介してくれます。

さらに紹介してくれるアドバイザーは元ウェディングプランナーで揃えています。その為、提案や式場紹介のクオリティーが圧倒的に高いことが特徴です。

他の記事でもお伝えしていますが、結婚式場選びにおいて雰囲気だけで式場を決めることが後悔する一番の原因です。

しかしプランナーが紹介する以上、雰囲気はもちろんですがそれだけではなくどんなことがやりたいかという中身まで掘り下げて聞いてくれます。

つまり、本当にやりたいことが叶う式場をプランナーが紹介してくれて、紹介してくれた式場は厳しい審査に通ったクオリティーの高い式場。ということです。

特典や割引に関しても適用できるものは全て適用されるように手配してくれるので、割引交渉を自分でする必要もありません。

新郎新婦様が満足度の高い結婚式を挙げる為にはどんなカウンターがあると良いのか考え抜かれたカウンターです。

クオリティーの高い結婚式場で素敵な結婚式がしたい!という方はgensen weddingを利用すると外れなしで素晴らしい式場を紹介して貰えます。

公式サイトはこちら⇒gensen wedding

4、まとめ

いかがでしたでしょうか。

即決をしてもらう為に式場は空き状況を嘘で固めています。それを鵜呑みにして焦って決めてしまい後悔する。キャンセルしたいけど申込金が返ってこない。というようなことにならないように、本当の空き状況を確認する方法を知っておき冷静に判断していきましょう。

信用していい式場かどうかを確認する方法はこちらにも書いております。

結婚式場と契約後にトラブルにならない方法4選
結婚式場と契約後にトラブルにならない為には、信頼できる結婚式場かどうかを事前に判断しておく必要があります。契約前がベストですが、契約後でも遅くはありません。不安を抱えたまま挙式当日を迎えないように自分の目で確認しておきましょう。

そもそも即決営業をかけられないようにする方法もあります。

ブライダルフェアで即決すると後悔する5つの理由
ブライダルフェアで即決はしたくない!押し売りを断れないから営業をかけられたくない!そんな方は是非読んでからブライダルフェアに参加してください。たった1言伝えるだけで、上手に断れて長引かせません。

<合わせて読みたい関連記事>

ブライダルフェア試食の量や費用を徹底解説
試食つきブライダルフェアの全てを現役ウェディングプランナーが徹底解説!試食の量や費用、ブライダルフェアの選び方まで紹介しております。試食目当てで参加してもいいのか式場目線でお伝えしております。
初めてのブライダルフェアなら注意すべき9つのこと
プランナーが解説!1件目のブライダルフェアや初めての参加は何も分からず緊張したり不安があると思います。しかしそれは事前にブライダルフェアのことや決めておくことや当日の流れなどを知っておくことで解消出来ます。事前に対策して有意義なブライダルフェアにしましょう!
ブライダルフェアの選び方で重要な6項目とは
ブライダルフェアには正しい選び方があります。これを知らないとブライダルフェアが無意味な時間になったり、後悔の残る結婚式になります。現役プランナーとして6つの正しい判断基準を解説しておりますので、有意義なブライダルフェア参加にして下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>