スポンサーリンク

結婚式をやらなかったカップルの7割が後悔している理由とは

こんばんわ。takeshi kadotaです。

本日は日曜日ということで結婚式本番に担当プランナーとして携わってきました!

本当に素敵なお二人でゲストも楽しそうで最高の結婚式でした!

いやーやっぱり結婚式は良いものです。

しかし実は今日の新郎新婦様は

最初私のところにいらした時は結婚式に対して前向きではなく、しゃーなしで挙げる

という感じでした。めんどくせーけど仕方ない。という感じ。

でもね

約3ヶ月後の今日、泣いて笑って忘れられない1日になった!!

本当に挙げて良かった!って私が見えなくなるまで手を振って帰って行かれました。

私が伝えたいのは

挙げたくもない結婚式をこの二人が、なぜ挙げようと思ったのか。

面倒くさい準備をしている3ヶ月の間にどんな心変わりがあったのか。

迎えた当日にどんな気持ちになり挙げて良かったと思えたのか。

これはおそらく挙式をする予定がない。もしくはやらなくてもいいかなー。

と考えているカップルに共通するところが多いのではないかと思います。

実際「仕方なく結婚式をする」という方がたくさん私のところにいらっしゃいます。

ただ、100%全員が挙げてよかったとおっしゃいます。

この記事を読んで頂いて、最終的に結婚式はやらない。というのはもちろんアリだと思います。それは人それぞれですから。

でもこの記事を読んでいるということは、迷っている証拠です。

是非、今日私が担当させて頂いたカップルのように後悔のない選択をして下さい。

今日実際にお話ししたカップルの実例を踏まえてお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、私のところにいらした理由と心境

そもそもなぜ、この二人が結婚式をしようと思ったのか。という理由は2つでした。

・親がやって欲しそう

・けじめとして

これだけです。

いわゆる結婚式に対しての憧れや夢がなく、挙式自体に価値を感じてませんでした。

よくよく伺ってみると、今までの参列した結婚式が自己満の式ばかりで

2人がただ目立って派手に演出をして、最後は定番のお涙頂戴。

これがイヤだと。

私たちは目立ちたくないし、派手なこともしたくない。

だから結婚式はしたくない。とプランナーの私に対して堂々と仰ってました。笑

私がお2人に伝えたことは

「結婚式にはたくさんの種類があるのに、2人はたった1つの形だけ見て自分たちには合わないと判断している。まだ萎えるのは早いよ」

ということでした。

親族や会社の方、友人を招待して50名とか80名とかで派手な演出をして、大勢から祝福されることだけが結婚式ではありません。

両親に普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを伝えたり

親孝行の1つとして、1人前になった証として結婚式をすることだって十分立派だと

むしろそれが結婚式の本当の価値だと。

そうお伝えをして結婚式の形から一緒に考えていきました。

2、しゃーなしでどんな結婚式をしたのか

私が提案したのは

・親族だけ招待して挙式&お食事会

このお二人はとても優しい方々で、両親にやりなさいと言われたわけではなく

お互い長女・長男で「なんとなーく両親がやって欲しそうだな」と感じていたそうです。

実際ご両親に対して行ったアンケートで

「本当はやって欲しいけど直接息子・娘には言ってない」という方は60%です。

なかなか家族でも言えないもんですね。

それをこのお二人は汲み取り、やってあげようかな。と迷われていました。

このお二人のテーマはもちろん1つ。

親孝行が叶う結婚式です。

この結婚式に目立ったり派手な演出は一切いりません。

ただ、ドレス姿タキシード姿をちゃんと見せてあげて「今までありがとう」と伝える機会作りです。

だからこそ、友人や会社の方は招待せず親族だけ。披露宴ではなく「お食事会」なんです。

誰もが気兼ねなく参加できて、2人も緊張せず和気あいあいと美味しい食事を食べながら

絆を強めるウェディングです。

少人数婚の良いところは

・費用がかなり抑えられる(50万円~100万円程度)

・準備がほとんど必要ない

・打ち合わせも1,2回でOK

・準備期間は2,3ヶ月あれば問題なし

・派手なことは一切なし

これがとても気に入ったようで、お二人は私に結婚式を任せて下さいました。

3、「やって良かった!!」と思えたのはなぜか

お二人の心境が変わったのは、結婚式をすることをご両親に報告した時だったそうです。

どちらのご両親も物凄く喜び、その日から

何を着て行こうか。どんな髪型にしようか。とウキウキだったと言います。

実際、新婦様のお母さまはドレスを選びに付いていらしたり

新郎様のご両親は事前に会場の下見にまでいらっしゃいました。

そういったご両親の喜びようを見て「あぁ、やっぱりやることにして良かった」と

段々と思っていったそうです。

また、新郎新婦様もどうせやるならもっと喜んでもらいたい!と段々準備に気合が入ってきて

ウェルカムボードを手作りしたりご両親にサプライズであげるペア湯呑を京都に作りに行ったり1年とか半年とか長い準備期間ではなく、3か月でサクッと準備する。

というのも2人には合っていたようです。

そしていよいよ迎えた当日。

幸い今日は天候にも恵まれ結婚式日和。

メイクを整え、お母さまイチオシのドレスを着てチャペルに入ったお二人のお顔は

本当に和やかで素敵でした。

私がこの二人のテーマを伺い、当日必ずお話ししようと思っていたことが1つだけありました。

バージンロードの意味です。

皆様はご存知でしょうか。お二人にお伝えした大切な意味をご紹介します。


バージンロードはただ歩くものではいけません。

大切な意味がこもってます。

扉が開いた瞬間、それは新婦様が生まれた瞬間を表します。

新婦様とお父様が歩く、その一歩は新婦様の一年を表します。

お母様にして頂くベールダウンには「お母さまが最後にしてあげられる身支度」という意味があります。

生まれたときはどんな思いでわが子を抱き上げたのか。

どんな思いで名前を決めたのか。

物心ついて初めてしゃべった言葉は何だったのか。

初めて出来た友達はどんな子だったのか。

初めての家族旅行はどこへ行ったのか。

毎日作ってくれたお弁当はどんなだったか。

家族の為にお父さんはどんな思いで働いてくれていたのか。

毎日の家事をしながら家計をやりくりするお母さんはどれだけ大変だったか。

反抗期はどんな思いでそれぞれ過ごしていたのか。

就職活動をご両親はどんな思いで見守っていたのか。

結婚することを聞いた時どれだけ嬉しかったのか。

今日この日の朝、起きた時の気持ちはどんなだったか。

今この瞬間に伝えたい一番の想いは?言葉は?

そんなことを思い返しながら一歩一歩大切に歩くのがバージンロードです。

今までの全ての感謝を1言「ありがとう」に込めて歩いてください。


そうお伝えし挙式の入場をして頂きました。

新郎新婦の感謝やご両親の思いが重なった本当に素敵な挙式でした。

そのあとのお食事会も和やかに演出はせず、ただゆっくりとお話をして幸せな時間だったとおもいます。

今後新郎の実家に2人が行くことはあります。新婦の実家に2人が行くこともあります。

でも両家の家族が集まる機会はあるでしょうか。おそらくほぼありません。

1つの家族になるための絆を強めるいい機会になったことでしょう。

結婚式には普段絶対に恥ずかしくて言えない思いを、言葉にできる魔法を持ってます。

そこにいる全員の思いを1つにする魔法を持ってます。

やらずに後悔するのは絶対にもったいない。やらない理由トップ3の

・経済的に

・目立ちたくない

・準備がめんどくさい

これは解決できることです。

これをここまで読んで下さったあなたは、絶対に迷っているはずです。

やった方がいいことは分かってるけど前に踏み出せないだけです。最終的にやらなくてもいい。

でも後悔しないようにまずは一歩、少人数婚が出来る式場を見に行ってみて下さい。

それだけはしないとあなたは絶対に後悔します。

見に行って、当日のご両親の顔を想像してみて下さい。

きっと笑顔で泣いてます。

やっておけばよかった。と思っている7割に入らないことを心から願っております。

何から始めたらいいのか分からない!という方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

後悔しない結婚式をする鉄則を現役プランナーが伝授!
人生最良の結婚式を後悔することなく過ごせるよう、ブライダルフェア参加時の注意点や準備段階での注意点など現役プランナーがお伝えします。これから式場を探す方も準備段階に差し掛かっている方も明日挙式!という方も是非素敵な結婚式にしたい方はご覧ください。

経済的な理由で結婚式をするかどうか迷っている方はこちらを読んでください。

・結婚式の費用を100万円割引してもらう方法

結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの交渉術
憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。式場の裏側からお伝えします。

・自己負担額0円、貯金0円で結婚式をする方法

結婚式はお金がないから出来ない!と諦めるのはこれを読んでから
結婚式はお金がかかる!という固定概念で憧れの結婚式を諦めている方へ。経済的な不安は全て解決するので本当に諦めるのはこの記事を読んでからにして下さい。結婚式は1円も負担せずに祝儀で必ず賄える方法があります。貯金もいりません。

・費用を抑えて結婚式をする方法

結婚式費用が足りない!貯金がなくても結婚式を挙げる方法
結婚式費用が足りなくて結婚式を諦めているカップル、結婚式は高いものだと思っているカップルはご覧ください。 現役プランナーが結婚式のお金について解説します。今の時代、10万円で結婚式が叶います。貯金がなくても出来ます。 花嫁さんたちへ諦めないで。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>