ブライダルフェアは午前中に参加すると割引が増える理由とは

ブライダルフェアは午前中に参加すると割引が増える理由とは

こんばんは。

takeshi kadotaです。

皆さんブライダルフェアはいつ参加しても一緒だと思ってませんか?

実は同じ日でも参加する時間帯によって特典や割引が変わるんです。

今日はその理由をお伝えするので、複数会場周る方はスケジュール組みの参考にして下さい。

ブライダルフェアお得情報

予約するサイトによって結婚式の費用は変わります。数あるサイトの中から一番お得に結婚式が叶うのはハナユメです。通常価格と比べて100万円~150万円もの割引がゲット出来るのでブライダルフェア予約は必ずハナユメからしましょう。▷ハナユメ公式サイトを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、午前中のフェアだと割引が増える理由

ネットやゼクシィでブライダルフェアを見ていると何時に行っても同じ特典のように見えますが、実は午前中のフェアは通常よりもさらに多くの特典や割引がついている会場が凄く多いです。

その理由は、何より早く自社式場に来てもらう為です。

ほぼ全てのカップルがブライダルフェアを予約する際に、1件だけではなく複数の式場を予約しますよね?しかも、大半は1日で2,3軒周ることが多いです。

そうなると式場側としては先に行った会場で即決してしまい、自社に来てもらえない可能性があります。それを回避する為になるべく早く来てもらおうと、通常よりも多くの特典を付けてます。

特典の例としては

午前中フェア限定!無料試食つきフェア

午前中がお得!最大○○円OFF相談会!

など金額的にお得になったり、内容が通常よりも充実しているフェアになっていたりします。

これは活用しない手はないので、気になる会場があればピックアップしたうえで午前中の特典がある式場は一番最初に行きましょう!

2、複数周る際にお勧めのスケジュール

でも本命の式場は最後に行きたいから、午前中はイヤ!という方の為にオススメのスケジュールを紹介します。

基本的にブライダルフェアは週を跨がずに2日間で周ることをお勧めします。

でないと希望日程がなくなったり、割引がなくなったりすることがあります。

2日間で周るべきという理由は、こちらで詳しく紹介しております。

ブライダルフェアの回り方をプランナーが解説
ブライダルフェアは回る順番や回り方によって割引額や選べる日程などが変わってしまうことがあります。何件のブライダルフェアに参加するべきか、予約はどのサイトからするべきかなどブライダルフェア全般の疑問を解決いたします。

ということで、2日間で周ることを考えて行くと


土曜日⇒2~3軒(本命以外の会場)

日曜日⇒本命会場1軒(午前中)


これがベストなスケジュール組みです。

1日目に複数会場を周ることによって、ブライダルフェアってこういうものか。と分かりますし費用などの相場観も把握できます。

また行ってみると分かりますが1軒目の会場では知識がなさ過ぎて、分からないことが分からないという状態です。その状態で本命に行くよりも落ち着いて話が聞ける状態で行く方が、冷静に話も聞けます。

何よりも、最後に本命を残すことで本命会場の費用をガクッと下げることが可能です。

割引交渉が苦手な方でもスケジュールの組み方で、交渉することなく大幅な割引を得ることが出来るので最後に残しておくべきです。

その方法に関してはこちらでご説明すると長くなるので、下の記事に手順をまとめております。

結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの方法
憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。式場の裏側からお伝えします。

3、複数会場周るだけで3万円以上得する方法

せっかくの休日をブライダルフェアに使うんです。どうせ周るならお得に周ることをお勧めします。

今やウェディングサイトはゼクシィに限らず沢山のサイトがあります。有名なサイトだけでも

マイナビウェディング、Hanayume、楽天ウェディング、みんなのウェディング、ウェディングパークなどなど。

このサイト達はそれぞれ競合に負けないように、キャンペーンを行っているところが多いです。

私たちのサイトからフェア予約してくれたら30,000円プレゼントしますよ!というようなキャンペーンです。

まぁブライダル業界以外でも良くある話ですよね。ソフトバンクとドコモとauがキャンペーンずっとやっているのと一緒です。

せっかくやっているのであれば活用しない手はないので、必ず使った方が良いです。

ただし、ゼクシィはキャンペーンがないのでご注意ください。

常にキャンペーン金額が高いのはマイナビウェディングかHanayumeです。

<マイナビウェディング>

就活や転職などでお世話になった方も多いのではないでしょうか。そのマイナビです。

マイナビって実はウェディング専用サイトも持っていて、たくさんの式場が掲載されてます。

マイナビから予約してくれたカップルにもれなく35,000円プレゼント!というキャンペーンをやっているので、必ずチェックしておくべきサイトです。

サイトとしてもどのサイトよりも会場の写真が圧倒的に多く、360度写真も見れたりするので行く前から会場のイメージをつけたい方にもお勧めです。

公式サイトはこちら

マイナビウエディング

<Hanayume>

絶対に見なければいけないサイトNO.1です。

他のどのサイトから予約するよりも圧倒的に結婚式費用を下げられる大人気サイトです。

ローラのCMで有名になったので知っている方が大半だと思いますが。

キャンペーンもやっていて、もれなく30,000円もらえるので予約するサイトとしてはダントツ優秀なサイトとなります。

(キャンペーン金額例)

◆1式場見学⇒15,000円

◆2式場見学⇒20,000円

◆3式場見学⇒30,000円

見学する式場数によってプレゼント金額が変わりますが最大3万円の商品券が貰えます。

どうせブライダルフェアに参加するなら貰えるものは貰っておきましょう。3万円あれば結婚式の演出1つ追加できますよ!

*追記

ウェディングプランナーとして一番おすすめなサイトがハナユメさんだったのでブログで紹介していたところ、なんとハナユメさんとコラボすることになりました!

キャンペーン金額は通常30,000円ですが、このサイトからブライダルフェア予約や相談カウンターの予約をするとキャンペーン金額が40,000円になります!

また現在は期間限定で6万円のギフト券がプラスで貰える抽選をハナユメさんが開催しているので、抽選に当選すれば合計10万円分のギフト券が貰えます!

キャンペーンのエントリーはサイト上部の「最大100,000円分のギフト券プレゼント」から出来ます。名前、アドレス、住所のみ入力すれば完了するので30秒ぐらいで終わりますしエントリーしたからといって電話がしつこくくるようなこともありませんので安心して下さい。

せっかく参加するならもれなく貰える40,000円だけでもゲットしてお得に式場探しをしましょう!

公式サイトはこちら

ハナユメ(hanayume)

サイトごとの特徴やHanayumeから予約すると安くなる理由はこちらにまとめております。

ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!7社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。

4、まとめ

ブライダルフェアはいつ参加しても一緒ではない!ということがお分かり頂けたでしょうか。

結婚式場探しは初めてのことだらけで大変だと思いますが、知らなかった!というだけで100万円以上損をすることもザラにあります。

情報を入手したうえで、正しいスケジュール組と正しい予約方法で後悔のない式場探しをして下さい。

ちなみにブライダルフェアに参加すると貰えるキャンペーンを最大限に活かして35,000円ではなく6万円ゲットする方法もあります。

各サイトがキャンペーンを行っている理由や最大限に活用するスケジュール組なども合わせて紹介しております。

ブライダルフェアで商品券を6万円分貰う方法
【知らないと後悔します】結婚式場見学は行くだけでお得な商品券が貰えることはご存知でしょうか。知っているだけでブライダルフェア参加がお金に代わります。6万円貰って結婚式費用や新生活の足しにしましょう!

<合わせて読みたい割引に関する記事>

結婚式費用を節約する7つのコツをプランナーが公開
結婚式の費用は節約する知識さえあれば相場よりも贅沢な結婚式を相場よりも安く叶えることが出来ます。現役プランナーだからこそ分かる結婚式の費用を抑える方法を7つ伝授いたします。この方法を全て取り入れて150万円程度の割引を貰ってください。
結婚式の値引き交渉するタイミングと3つのコツ
【プランナーが伝授】契約前が勝負!といっても正しいタイミングとコツを知らなければ式場の最大割引を引き出すことは出来ません。契約前を3段階に分けて、それぞれの交渉方法を解説しております。100万円以上安くなるコツをお伝えします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>