結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは

結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは

こんにちは。

takeshi kadotaです。

今日はブライダルフェアに参加するタイミングについてお伝えしていきます。

こういうことは他のサイトで色々書いてありますが、なぜあえて書こうと思ったかと言うと

ゼクシィやマイナビに書いてある予約のタイミングは「準備」を考えた上でのベストタイミングだからです。

結婚式の金額は予約をするタイミングで50~100万円程度変わることをご存知でしょうか。

予約のタイミングが違うだけで

同じところで同じことをしているのに、300万円の方と250万円の方がいるんです。

今回は「準備」ではなく「予算」を主軸においたベストタイミングをお伝えしていきます。

ちなみにこの方法は「準備」が疎かになることはありません。

「予算」をメインで考えているにも関わらず「準備期間」もしっかり取ります。

では解説していきます。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、準備期間を考えて半年前!は間違い

みなさんだいたい1年前から遅くても半年前に結婚式場の予約をしなければ!!

と思っている方多いと思います。そういう情報が多いですから勘違いするのも無理ないです。

実際、ゼクシィやマイナビは半年と書いてますが

結構ゆったり準備期間を取るなー。と思ってました。

なぜ半年かというと「プランナーに頼らず結婚式を行う前提」だからです。

ゼクシィには最初の方に

「こんな結婚式あったよ」

「こんな演出したよ」

というような先輩カップル事例が載っていて、花嫁の参考になると思います。

あれ見ていると毎回思うんですよね。

「これは新郎新婦ではなくプランナーに発信するべき情報だよ」って。

お客様は情報収集する必要なんてありません。

イメージを固めてから打ち合わせに臨もう!

これはもちろん良い事です。あるに越した事はない。

ただ!だとしたらプランナーっている?って思うんです。

お客様のぼんやりとした本当にザックリの希望を広げて形にしていくのが本来、プランナーの仕事です。

今はネットが普及して色々な情報が拾えるから「新郎新婦がやりたい事を持っていないと!」という事が当たり前になってきてますが

そうではなく「それはプランナーの仕事」です。プランナーの私が言うのだから間違いないですよ。笑

それが出来ないプランナーはただの発注係ですから。

2、結論いつがベストなの?

もう先に結論から伝えてしまいます。

ベストは希望日程の3ヶ月前です。

正確に言うとゲスト人数によって準備する量が変わってくるので、1つの基準として下を参考にして下さい。

50名未満→3ヶ月前

50名以上→4ヶ月前

なぜこの時期がベストかというと、トップシーズンだろうが大安だろうが関係なく

通常金額から50万円〜100万円は下がる時期だからです。

理由は

①だいたい皆さんゼクシィを信じて1年〜半年前に通常金額で契約する

②式場側としては、全然準備間に合うのに3ヶ月後がもう埋まらなくなる

③空いているぐらいだったら安くしてでも契約が欲しい!!

ということになり、大幅割引!!大特価セールが始まるんです。

私がたまに紹介するHanayumeさんなんて、3ヶ月以内なら

150万円OFFとかっていう会場掲載してますからね。

Hanayumeさんは

3ヶ月以内専用プランを会場に作らせているので、100万円ぐらい通常より安いプランを紹介しています。

一応載せておきますので興味ある方は、通常とどのぐらい違うのかだけでも見てみるといいと思います。結婚式にかかる費用の根本が変わりますよ。笑

ハナユメについて詳しく知りたい方はこちらで他のサイトと比較しているので見てみて下さい。半年前の予約だとしても他のサイトよりも圧倒的に安く結婚式が出来ますよ。

ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。

公式サイトはこちら

ハナユメ(hanayume)

でもちょっと早すぎない?と思う方もいらっしゃいますよね。

3ヶ月後ってすぐですから。

そもそも1年ぐらい前に予約しようと思っていた方からすると、早いと思うかもしれませんが

優秀なプランナーに出会えれば準備期間は3ヶ月あれば十分です。

よく考えてください。招待状届くのって2ヶ月前ぐらいじゃないですか?

それぐらいで十分間に合うという証拠です。

実際に私のお客様の4割ぐらいの方は、この話をして3ヶ月前に式場決めてます。

皆さん「最高の1日だった!!」と帰って行きます。

優秀なプランナーは必ず「希望を形にする」ことが出来ます。

プランナーの見分け方も一応載せておきますね。

ウェディングプランナーの選び方!5つのチェックポイント
3,000組の担当をしてきたベテランプランナーが語る!後悔しない結婚式をするには担当プランナーの経験やスキルが絶対的に必要ですが、全体の2割しか優秀なプランナーはいません。あなたのプランナーはこの2割かどうか診断してみて下さい。

3、金額は安くしたいけど準備期間もちゃんと欲しい方へ

分かります。そりゃーどっちも取りたいですよね。

そもそも3ヶ月で十分ですが

「これといって理由があるわけではないけど、なんとなく早すぎて不安」

「自分で色々装飾とか手作りしたい!だから準備期間欲しい」

という方へのオススメの方法を紹介します。

①まずは1年前に希望する会場見学に複数行く

②ここでしたい!というところを決めておく

③そこに合う装飾とか手作りしたり、ネット見てイメージを作っておく

④3ヶ月前に式場予約

これだったらどうですか?

不安は解消されたのではないでしょうか。

4、注意点とまとめ

今まで説明してきたことを実践して頂ければ

「予算」を抑えた上で「準備期間」も問題なく進めていけると思います。

ただ、1つだけ注意点があります。

この方法には唯一欠点があり、日程が選べないということです。

希望する月が全部埋まっているということはないと思いますが

世の中の新郎新婦が日程を選び放題した後に予約することになるので、そこだけはご了承ください。

この日程で結婚式がしたい!という方には向いてない方法なので

そういう方は通常どおり半年前ぐらいに予約してください。

ちなみに、半年〜1年前に予約しても安く結婚式をする方法もあります。

こちらも合わせて参考にしてください。

結婚式で値引き100万円以上してもらうコツとは
【プランナーが伝授】結婚式の値引きは100万円以上貰いましょう!憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。

こちらの記事以外にもお得に結婚式を叶える方法はいくらでもあるので、こちらに全てまとめております。

結婚式費用を抑える方法まとめ

<合わせて読みたい式場決定に関する記事>

結婚式の契約前に確認するべき17種類の持ち込みアイテム
プランナーが厳選した17種類のアイテムを紹介!契約前に必ずチェックしておくべきは持ち込みアイテムについて。ドレスや引出物以外にも確認しておかなければ後悔するアイテムが沢山あり、トラブルの原因にもなります。必ず確認しましょう!
結婚式場を決めるポイント10選をプランナーが解説
【重視ポイント間違ってませんか?】式場が選びきれない!決められない!という方も、これから式場探し!という方も重視ポイントを間違えると後悔しますよ。ウェディングのプロとして重視すべきポイントをランキングでご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>