ハナユメは最悪?裏側を知るプランナーが真相を解説

ハナユメは最悪?裏側を知るプランナーが真相を解説

こんにちは。takeshi kadotaです。

 

ウェディングプランナーをしていると各サイトや相談カウンターの評判・感想を実際に新郎新婦様から伺う機会が多く、特に最近流行っているハナユメに関しては良い意見も悪い意見も聞きます。

この記事ではウェディングプランナーだからこそ知っているハナユメ相談カウンターやハナユメ割について第三者目線で解説していきます。

 

あなたが使うべき相談カウンターやサイトがハナユメなのか判断する為にご活用ください。

 

結婚式サイト・相談カウンターのまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ10社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。10社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ハナユメは最悪なのか

ハナユメは最悪なの?という疑問に対して様々な角度から他サイト比較をしながら解説していきます。

結婚式という大切なイベントだからこそ人はマイナスの評価を知りたくなるものです。

プランナーとして客観的に書いていくので、参考にして下さい。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

①式場紹介数が最悪?

まずは式場紹介数について。

王道のゼクシィと比較してみましょう。

 

ゼクシィは全国の都道府県に対応しており、紹介できる式場数はなんと2,500会場と圧倒的な多さを誇っています。

これに対してハナユメの対応エリアは全国20都道府県に対応しております。対応エリアは下記の通りとなります。

北海道・東京・神奈川・埼玉・茨城・群馬・栃木・愛知・岐阜・三重・静岡・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福岡・佐賀・長崎・沖縄

全国とまではいかないものの、主要なエリアは網羅しているような状況です。

 

式場紹介数は約600式場とゼクシィと比較するとかなり少ない印象があります。

ただし、ハナユメの式場紹介数が少ないのには理由があります。

 

少し裏話となりますが、ハナユメは通常の式場紹介カウンターやサイトと少し毛色が違います。

通常は結婚式場が掲載料さえ支払えばサイトへの掲載をしてもらえてカウンターでも紹介してもらうことが出来ます。

しかしハナユメは追加でもう1つ条件があり、「他のサイトには掲載していないハナユメ専用の激安プランを作ること」をサイト掲載やカウンターでの紹介条件に設定しています。

 

つまり、ハナユメに掲載するには式場が新しくハナユメ専用で最安値のプランを提供する必要がある為に掲載するハードルが高いのです。

 

式場紹介数が少ない分、掲載していたり紹介してもらえる結婚式場であればかなり安く結婚式を叶えることが出来るということです。

これを考えると最悪とは言えないと私は思います。

 

②接客が最悪?

ハナユメさんには何度も足を運んだことがありますし、実際に接客するスタッフさんにも何度も会ったことがあります。

ハナユメが開催するイベントにも参加しているので実際に接客しているのも見ています。

私の印象としては、もの凄く丁寧に接客していたという印象です。

 

ハナユメのイベントは1,500組ものカップルが参加するビックイベントで、ドレスショーもあったりと非常に賑わうものです。

様々な結婚式場が参加してブースを作り、1日で複数の式場スタッフに話を聞けるというイベントです。

イメージとしては就活などであり合同説明会のようなものです。

 

1,500組ものカップルを集客する力があり、これだけの組数を全部接客していてはハナユメ側の負担が大きすぎるのですが、それでもハナユメは全カップルに結婚式の希望を聞いたうえで、希望に合う式場のブースを紹介しています。

これによってイベント参加者が希望に合う式場の話を聞けるように徹底しています。

 

私は式場側として参加していましたが、ハナユメさんのおかげでお客様の希望と自社式場のイメージがバッチリ合っているカップルが話を聞きに来てくれ満足してもらうことが出来ました。

通常の相談カウンターでの接客もイベントでの接客も知っていますが、どちらも最悪という評判が出てくるものではないと思います。

実際にハナユメは結婚式相談カウンターにおいて顧客満足度97%を叩き出してオリコンNo.1になっていますからどちらかというと最良なのではないでしょうか。

 

③キャンペーンが最悪?

ウェディングサイトや相談カウンターを選ぶ基準の1つにキャンペーンのお得さがあると思います。

このサイトからブライダルフェア予約したら○○万円のギフト券が貰える!というようなものですね。これは各サイトやっています。

 

サイト側も結婚式場にカップルを送客しなければ契約を切られてしまいますから、なるべく自社サイトから予約してもらえるようにしのぎを削っています。

その為にキャンペーンを行っているのです。

このキャンペーンに関して他のサイトと比較するとどうでしょう。

 

時期やタイミングによって多少変わりますが、私の長年の経験からだいたい下のようなキャンペーンになります。

◆ゼクシィ:基本的になし。稀に最大30,000円のギフト券が貰える

◆マイナビ:基本的に35,000円のギフト券が貰える。大型連休前などは増える

◆ハナユメ:基本的に35,000円のギフト券が貰える。大型連休前などは増える

◆みんなのウェディング:口コミサイトの為なし

◆ウェディングパーク:口コミサイトの為なし

ハナユメは常にマイナビウェディングと1位2位を争っている程、キャンペーン額が高いです。

 

さらにハナユメとマイナビウェディングだけは抽選ではなく、もれなく貰えます。

1式場見学:15,000円

2式場見学:20,000円

3式場見学:35,000円

というように最大額は決まっており、参加するブライダルフェアの数によって貰えるキャンペーン額は変わります。

こちらもキャンペーン額の高さ、貰いやすさではかなり上位にランクインしています。

ハナユメ最新キャンペーン情報!商品券・電子マネー5万円を受け取る方法
【ブライダルフェア予約はハナユメを使わなきゃ損!?】ハナユメのキャンペーンは常に業界トップクラスの報酬額を提供してくれています。高額な報酬を受け取る為の方法を最新のキャンペーン情報と合わせて紹介します。

 

④サイトの使いやすさが最悪?

ハナユメは2017年にサイトをリニューアルしています。それまでは確かにあまり使いやすいサイトではありませんでした。

しかしカップルが使いやすいサイトにしたい!とリニューアルを行い、今は全サイトの中で一番使いやすいサイトになっていると思います。

 

結婚式場を選ぶ際「何を重視して式場を見るか」という質問に対してほぼ100%の方が「結婚式場の雰囲気」と答えるでしょう。

つまり、結婚式場を比較するサイトである以上は写真をメインにして視覚的に式場を選べるサイトが使いやすいと思います。

ハナユメがリニューアルに際してこだわっているのは、この写真の豊富さと写真から選べる便利さです。

 

他のサイトと比較してみると分かりますが、非常に写真数が多いかつ大きく見やすいサイトになっています。

雰囲気から式場を探せるなどの機能もカップルにとって非常に使いやすいと思います。

 

⑤ハナユメ相談カウンターが最悪?

相談カウンターはどうでしょうか。プランナーとして様々な意見を聞きますが、他のカウンターと比較して満足度は高いです。ハナユメに行って良かったという声が大半です。

ただし、人によっては満足度が高くない方もいます。

その方々に共通しているのは、希望とは違う式場を紹介された。ということです。

これはあると思います。

 

相談カウンターはあなたに合う結婚式場をなるべく広い選択肢の中から選んでもらえるよう努めています。

その為、あなたがホテルウェディングしか考えてなかったとしても「ゲストハウス」や「レストラン」も見てみたらどうですか?という提案があると思います。

これは後悔しない結婚式をする為には必要な工程です。

 

ホテルウェディングを検討していたけどゲストハウスの良さを知ることで、結局ホテルで結婚式をすることになったとしてもゲストハウスの要素を取り入れることも出来ます。

逆にゲストハウスを見ることで、やっぱりホテルウェディングが良い!と確信を持つことも出来ます。

 

どうしても急いでいたり、無駄が嫌い!という方はホテルウェディングだけ3件程度見れば良いと思いますが個人的には後からゲストハウスが良かったと思わないように必要な時間だと思います。

そういう時間がもったいない!と思う方は相談カウンターで希望に合わない式場の見学は断ってしまえば無理強いされることはないので安心して下さい。

 

⑥特典が最悪?

最後にサイトによって特別な特典が受けられるかどうかの比較をしていきます。

これは間違いなくハナユメがベストな選択肢です。

 

理由はサイトや相談カウンターによって特別な特典や割引が受けられるのがハナユメだけだからです。

前述したように、ハナユメは式場との契約に「ハナユメ専用の激安プランを作ること」を条件としています。

このプランが圧倒的に安く、通常価格の100万円~150万円もの割引が入ります。

 

ハナユメ公式サイトを見ると通常金額とハナユメ専用プランの差が出ているので明白です。

実際に私の式場でも他のサイトや相談カウンターからブライダルフェア予約をしたカップルは350万円程度の見積りを出しますが、ハナユメから予約したカップルには250万円程度の見積もりを出します。

 

正直これを知っているとハナユメ以外から予約したカップルに、「一旦予約キャンセルしてハナユメから予約しなおした方が良いですよ」と言いたくなります。

自分で交渉してこれだけの割引や特典を貰うのは不可能ですからブライダルフェア予約をするならハナユメからすることをオススメします。

 

2、ハナユメの評判

結論として「最悪ではない」と思います。

数ある相談カウンターの中でキャンペーン額・特典ともに優秀でお得に結婚式・ブライダルフェア参加がしたい方はハナユメを使うと費用面では圧倒的な優遇を受けることが出来ます。

 

◆ハナユメの最新キャンペーン情報

ハナユメキャンペーン

当サイト×ハナユメさんコラボキャンペーン金額が50,000円(通常+1万円)になっています!

期間限定なのでこの機会にブライダルフェアに参加しておくことをおすすめします!

エントリー期間:2019年6月3日~2019年7月22日まで

式場見学期間:~2019年8月4日まで

商品券受け取り時期:2019年10月中

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

<相談カウンター比較記事>

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ10社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。10社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!

 

3、ハナユメ(hanayume)とは?

ではハナユメをもう少し詳しく解説していきます。

ハナユメは昔「すぐ婚」という名前で運営してきたサイトで、お急ぎで結婚式をしたい方向けでした。

サイトのリニューアルもすぐ婚からハナユメに変わるタイミングで行っており、ローラを起用したTVCMや電車広告で有名になりました。

 

ゼクシィなど様々な結婚式場紹介サイトがある中で、圧倒的な成長を見せ今やブライダル業界では一番新郎新婦様から支持を得ているサイトです。

相談カウンターもその人気から予約が取れない程満席が続いており、要望に応えて相談ブースを拡大している店舗もあるほどです。

その人気の秘訣はやはりハナユメ専用のプランです。

 

自分で交渉する必要もなく、ただハナユメからブライダルフェア予約をした。というだけで勝手に100万円以上もの割引が入るのですからそりゃ支持されますね。

 

<ハナユメと他のサイト比較記事>

ハナユメとゼクシィの違いを比較!プランナーが勧めるのはどっち?
人気サイトのハナユメとゼクシィの明確な違いを解説しながら11項目で比較しております。プランナーだからこそ語れる裏事情を含めながら本当に使うべきサイトはどちらなのか紹介致します。
みんなのウェディングとハナユメの違いを比較!使うべきはどっち?
口コミサイトとして人気のみんなのウェディング、相談カウンターを含めて人気のハナユメ。それぞれの特徴や使うべきポイントはどんなところにあるのでしょうか。人気の理由を解明しながらどっちを使うべきなのかを徹底比較していきます。
マイナビウエディングとハナユメの違い比較!業界人が勧めるのは?
マイナビウエディングとハナユメどっちを使うのがお得なの?それぞれの特徴や違いは?という疑問に対してウェディングプランナーがプロ目線で比較しました。プランナーだからこそ知っている裏情報を交えながら使うべきサイトを紹介しております。

 

4、ハナユメ割とは?

TVCMや広告で「ハナユメ割」という言葉を目にすることがあると思います。

ハナユメ割が今まで解説してきた「ハナユメ専用の激安プラン」のことです。

式場がハナユメと提携する際にハナユメ専用で一番安いプランを作り、ネットに登録しています。通常価格から100万円以上割引が入っている式場がゴロゴロあり、高額で有名な式場でもハナユメから予約するだけで安く叶えることが出来ます。

 

サイトから自分で気になる式場を探してブライダルフェア予約しても、相談カウンターで式場紹介して貰ってもいずれにせよ使えます。

相談カウンターに行く時間がない方はサイトから予約すればOKということです。

 

結婚式場はあなたがどのサイト・相談カウンターからブライダルフェア予約してきたか分かるので、特に申請が必要だったりプランナーに伝えることをしなくても勝手に割引が入った見積もりが出てきます。

見積もり作成時に、「ハナユメさんからの予約なのでこの割引がつきます」という感じで100万円以上引かれています。

見積もりを出すと皆さんビックリします。

「ホントにハナユメから予約しただけでこんな割引貰えるんだ・・」と必ず言われます。

半信半疑だったの?と毎回思います。笑

 

ハナユメ割でどれだけ割引が入るのかはハナユメ公式サイトを見れば各式場の割引額が見れます。

 

ハナユメ割について解説した記事はこちら。

ハナユメ割のデメリットは?なぜ安いのか実際の感想をプロが解説
ハナユメ割はなぜ安いの?本当にデメリットはないの?そんな疑問をウェディングプランナーだからこそ知っている情報を含めながら解説します。特徴やデメリットを理解したうえでハナユメを利用しましょう。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

5、ハナユメのデメリット

読んで頂いて分かるようにハナユメは非常に優秀なサイト・相談カウンターです。

では本当にデメリットはないの?というところを最後に解説しておきます。

デメリットは、紹介式場数と店舗数です。

 

サービス面やお得さなどは前述の通りメリットだらけです。

しかし、どんなにハナユメを通して式場紹介をしてもらっても「あなたのエリアに対応していない」という状況になり得ます。

ゼクシィと違って全国対応ではありませんから、あなたが結婚式をしたいエリアでハナユメが紹介できる式場を持っていない可能性があるということです。

また、ハナユメはゼクシィなどに比べて相談カウンターの店舗数も少ないので近くにない場合があります。その場合はあるところまで行くか諦めなければなりません。

 

もしくはハナユメサイトから予約してハナユメ割をゲットする方法でも良いでしょう。

このように、ハナユメ割という新郎新婦様にとって嬉しいサービスがあるものの、式場にとっては安いプランを出さなければいけないという制限があり拡大しきっていないのがハナユメのデメリットです。

使いたいのに使えない状況が起こるということです。

 

6、ハナユメは最悪なのか? まとめ

ハナユメについて解説してきましたが、理解を深めて頂けたでしょうか。

ハナユメは決して最悪ではないと思います。

お得に結婚式をしたい!という新郎新婦様の強い味方になってくれます。

費用面で不安がある新郎新婦様はハナユメを使ってブライダルフェア予約することをお勧めします。

 

◆ハナユメの最新キャンペーン情報

ハナユメキャンペーン

当サイト×ハナユメさんコラボキャンペーン金額が50,000円(通常+1万円)になっています!

期間限定なのでこの機会にブライダルフェアに参加しておくことをおすすめします!

エントリー期間:2019年6月3日~2019年7月22日まで

式場見学期間:~2019年8月4日まで

商品券受け取り時期:2019年10月中

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

<合わせて読まれている記事>

結婚式場の探し方!自分に合うところを無料で探す3つの方法
どんな式場が良いのか分からない!自分に合った式場が分からない!という悩みを解決する方法を書いております。 後悔しない結婚式をする為には、自分達に合った式場を見つけることが大前提となりますので、フェアに行く前に読みましょう。
ブライダルフェアの注意点と確認すべき10のこと
結婚式の費用はブライダルフェアの予約方法で変わります。フェアを有意義な時間にする為に予約段階からチェックしておくポイントを抑えておきましょう。「試食フェアの注意点」「特典や割引の見方」などを紹介しております。参加してからでは遅いですよ。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!5社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>