スポンサーリンク

結婚式の予算は年収300万円あれば充分!予算の正しい使い方

こんばんは。

takeshi kadotaです。

最近20代前半の結婚式がドンドン増えてきていることはご存知でしょうか。

20代前半となれば住んでいるエリアによっても違いますが、年収300万円~400万円ぐらいの方も多いと思います。

実は、35-40歳のカップルよりも20代前半カップルの方が費用が高い結婚式をしているんです!

おかしくないですか?

社会人として役職も付き給料が高い人達よりも、まだそんなにお金がない人達の方が

結婚式にお金使っているんです。

おそらく20代前半カップルの方が憧れが強く、こだわりがドンドン出てきて金額が上がっているのだと思います。

このデータ見て、単純に思いました。

え、新生活大丈夫ですか?って。

おそらく大丈夫ではないのでご両親が頑張っているんでしょう。

もし、20代の方は周りに式をした人がおらず知識がないから高くなってしまっているのであれば凄くもったいない!と思い記事にさせて頂きました。

新生活は結婚式だけではなく、指輪・ハネムーン・新居・引越し・子供 ect….

たくさんの費用がかかるのでせめて結婚式だけは

ハイグレードでもリーズナブルに叶えてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、会場費にお金をかけない

会場費っていわゆる「会場使用料」というものです。

居酒屋で言ったら「席料」とか「お通し」みたいなもんです。

いる?

プランナーだからこそ特に思いますが、無駄金じゃないですか?

金額が高い会場はなぜ高いかというと、会場費がめちゃくちゃ高いんです。

居酒屋で席料として3,000円取られたらビックリしますよね?

結婚式はこの会場費で30万円〜50万円取られます。

これを払うのはもったいないので会場費が10〜20万円程度の式場を探しましょう。

これが安いタイプの会場は

ホテル

レストラン

この2つです。

ゲストハウスや専門式場に関しては高いことが多いです。

ホテルは会場数が多いので、会場使用料が分散されて安くなってます。

レストランは元々会場使用料はあってないようなものなので安いです。

2、料理・ドリンクにお金をかけない

自分のお金で10,000円以上のフルコースを何回食べに行った事がありますか?

おそらく行った事がない人もいるでしょうし、2回程度の方が多いのではないでしょうか。

結婚式の料理は相場15,000円程度なので相当高級なコースとなります。

20代前半の結婚式となると、友人の中でもかなり早いと思うので

参列ゲストも結婚式の料理とあまり出会った事がないですよね。

だからこそ、食べ慣れていない高級フレンチフルコースを提供してもあまり分からない。

というのが20代の参列者にアンケートを取った結果でした。

であれば、通常のプランに入っている10,000~12,000円のコースで全然OKです!

もちろん10,000円のコースでも十分贅沢ですから手を抜いているわけでは全然ないです。

冷静に考えると、結婚式って有り得ない大盤振る舞いで

10,000円以上のコースを全員におごっているわけですからね。

十分です。

親族や会社の方も若い方の結婚式であれば理解して頂けるはずです。

というかフレンチはかなり食べなれていないと、このコースがいくらぐらいか。なんて分かりませんから。

3、手作りを頑張る

20代前半で結婚式をするとなると、一番こだわりたいのってやっぱりドレスじゃないですか?

誰よりも早く結婚式するからドレス姿を皆に披露したい!

小さいころから夢だったドレスをやっと着れる!

ってなりますよね。凄く良いことだと思います。

ただ!ドレスの相場は1着30万円程度です。高いものは50万円程度のドレスもあります。

マジかよ。。。無理。。。

ではなく、衣装は削ると後悔するNO.1のアイテムなので

衣装にお金をかける為に他のアイテムで金額を抑えましょう!

式場に頼むと20万円するアイテムが手作りすると5万円ぐらいで出来たりします。

ぶっちゃけますと、式場は仕入れた金額を倍額で販売してます。

もちろん質が良いものになりますが、式場に頼むとかなり割高になります。

だから持ち込みをして節約するんです。

持ち込みを多用するだけで結婚式の金額は30~50万円程度安くなります。

ちなみに持ち込みは基本的に「持ち込み料」がかかります。

また持ち込みNGのアイテムもあります。制限がゆるいのはレストランです。

持ち込みを上手にする方法や持ち込みをオススメするアイテムはこちらに詳しく書いております。

結婚式の持ち込みアイテムおすすめ6選
ドレスなどのウェディングアイテムを持ち込みたい!オリジナリティーのある結婚式にしたい!そんなカップル必見!! 現役プランナーが持ち込みのメリット・デメリットをまとめながら持ち込むべきアイテム6選をご紹介します。

一番持ち込み料がかかることが多いのはドレスです。

ただ、こちらも無料で持ち込める方法を紹介してますので参考にして下さい。

ドレス持ち込み交渉術3選!式場プランナーが伝授
【無料でドレスを持ち込む交渉術3選】式場は気に入ったけどドレスの持ち込みが出来ない!ドレスの持ち込み料が高い!という悩みをお持ちの方は参考にしてみて下さい。式場の裏側を知っている現役プランナーが持ち込みを無料でする方法を3つお伝えします。

4、譲れる部分を考える

20代前半で一番金額上がる原因がこれです。

盛大にやりたい!という想いが強くあれもこれもアイテムを入れてしまうパターン。

私も若いお客様をたくさん担当してきたから良く分かります。

気持ちは痛いほど分かるのですが、これをしてしまった場合の式費用相場は

人数×7万円ぐらいになります。

50名だったら350万円、80名だったら500万円を超えてきます。

私もそわそわしますよ。

え、払える??

って。

無理なので、ローンを組んだりする方も多いですが

新生活にあまり良くない影響を与えてしまうので、優先順位をつけてアイテム選びをしましょう。

ちなみに通常、式費用の相場は

人数×5万円です。

80名になってくると、100万円以上相場よりも高くなってしまうので

アイテムの入れ過ぎには注意してくださいね。

アイテムの優先順位や節約するべきアイテムはこちらに詳しく書いております。

結婚式でケチって後悔したアイテムベスト3とケチるべきアイテムとは
結婚式は憧れを全て叶えようとするとお金がいくらあっても足りない!と思っている方は是非参考にして下さい。 そのお金の使い方は本当に合ってますか?式場決定前でも、決めた後でも全員が出来る「予算」と「憧れ」を両立する方法を公開致します。

5、式場契約前であれば割引や特典をつけてもらう

これが一番早い!!そして一番金額が変わります。

結婚式をお得にやるのであれば、契約前が勝負だと思ってください。

契約した後に割引をもらうことはほぼ不可能です。

方法はいくらでもあります。

・日程を考えて費用を抑える

・他社と比較することで安くする

・招待人数を考えることで祝儀を増やす

・予約するサイトを変えるだけで100万円ぐらい安くする

・これ以上上がりません。という見積もりをもらったうえで値引き交渉する

・持ち込み料を払わない

・式場予約するタイミングを変えるだけで安く叶える

この方法は全て記事に書いてます。

ただ、1つの記事に全部の方法を書くとメチャクチャ長くなってしまうので

こちらにまとめております。

★結婚式費用を抑える方法まとめ★

割引を貰う方法で一番簡単なのはブライダルフェア予約をHanayumeからすることです。

ハナユメはローラや斉藤工さんがCMをやっているおり、「結婚式の金額は予約するサイトによって変わる」というキャッチフレーズで話題になったのでご存知の方も多いでしょう。

プランナーだからこそ分かる「なぜハナユメを通すと安くなるのか」を解説すると、ゼクシィなどのウェディングサイトは式場を比較する為のサイトで式場が掲載料を支払えばどの式場でも掲載できます。

ただし、ハナユメは掲載する為に「他のサイトには載せていないハナユメ限定の激安プラン」を作ることを提携条件にしています。

ハナユメの公式サイトから気になる式場のページにいき「ハナユメ割」というところを見てみて下さい。通常価格から100万円以上安くなっている式場ばかりです。

ハナユメ割というのが提携条件となっているハナユメ限定の特別プランです。

結婚式の費用が安くなるらしい!という「噂」が実際に安くなったという「体験談」となって広がり、今ではハナユメ相談カウンターという式場紹介デスクの予約が取りづらい程の人気サイトです。その為、式場側はハナユメにどうしても掲載したく激安プランを作る。

これがハナユメを通すと安くなる理由です。

式場側がお客様に来てもらえるよう、大人気サイトに掲載する為に安いプランを作っている。ということです。

ハナユメは式場紹介カウンターも有りますが、サイトから直接式場予約しても「ハナユメ割」が勝手に適用されます。特に申請などは必要なく、私の式場でもハナユメサイトから予約してきているから。というだけで100万円以上割引して見積もりを出しています。

交渉に自信が無かったり、面倒な方でも100万円以上安くなる方法なのでフェア予約する際にはハナユメを使いましょう。

公式サイトはこちら⇒Hanayume(ハナユメ)

6、まとめ

まだ給料もあまり高くなく、貯金もないから結婚式したいけど出来ない!

と思わないでください。20代前半こそ結婚式をするべきです。

今後友人の結婚式に参列した時に「私もやっておけば良かった。。。」

とならないように2人で話し合って下さいね。

また20代前半の方が結婚式費用で悩む理由として良く上がってくるのが、同時に転職をするパターン。

私も転職に関しては詳しくなかったので色々と調べたところ、第二新卒に絞って詳しく書いてくれているサイトを発見したので紹介させて頂きます。

第二新卒に絞って

・ブラック企業診断

・ホワイト企業診断

・登録すべき転職エージェントの紹介

・面接突破方法

などなど詳しく書いてくれています。書いている方はキャリアアドバイザーとしてご活躍されているようで、私が結婚式の裏側を伝えるように転職の裏側を書いていたので親近感が湧きました。笑

とても説得力があったので転職を同時に考えている方は参考にするといいかと思います。

【第二新卒】キャリアアドバイザーが語る!成功する転職論

http://second-tensyoku.jp/

<合わせて読みたい結婚式費用に関する記事>

結婚式後に貯金ゼロにならない方法はたった2つだけ
この記事を読めば結婚式はお金をかけずに出来るということが分かるはずです。結婚式にお金を掛けすぎて貯金がない!という状況にならない為には結婚式費用を抑えたり0円で結婚式を挙げる必要があります。現役プランナーがその方法を2つご紹介いたします。
結婚式をしたいけど出来ない理由がお金なら知っておくべき5つのこと
結婚式は無料で出来るものです。結婚式はお金がかかるという概念を捨てて下さい。結婚式を諦める理由や出来ない理由がお金なら、それは解決できます。現役プランナーが結婚式の費用に関する不安をなくす為に知っておくべき5つのことを解説しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>