結婚式を30人費用100万円で叶える2つの方法

結婚式を30人予算100万円で叶える2つの方法

こんばんは。

takeshi kadotaです。

家族や親族のみで行う少人数婚や、本当に親しい友人だけ招待する場合人数が20~30人ぐらいになると思います。

実はこのぐらいの人数で結婚式を挙げる方が年々増えていますが、まだまだ少数派なので周りに経験者がおらず相談相手がいない。ということで困っているカップルが多い状況です。

その中でも相談しずらい費用について今日は解説致します。

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、費用相場は30人の場合いくら?

人数に関わらず相場の計算方法はあまり変わりません。

どの人数帯でも「人数×5万円」が費用相場になります。つまり150万円が相場です。

ただし、30人ぐらいの場合は「披露宴」なのか「食事会」なのかが凄く微妙な人数帯です。

披露宴といえば、ケーキ入刀やお色直しなどの演出があり司会者がいるパターンでイメージが付きやすいと思います。

お食事会は演出が一切なく、ただゲストを招待して美味しい料理を用意して会話をしながら食べる。というレストランでの食事会や飲み会に近いイメージで司会者などもいません。ただ、いつもの食事会と違うのはドレスタキシードを着ているということです。

相場としてお伝えした150万円は披露宴の方の相場です。

食事会の場合は演出代が無くなる為、120万円程度が費用相場となります。

まとめると

挙式&披露宴⇒150万円程度

挙式&食事会⇒120万円程度

で考えておくと、どの式場で結婚式をしても大きな相違はないでしょう。

2、自己負担額の相場は30人の場合いくら?

ご祝儀の相場を知っておかなければ自己負担額の計算が出来ませんので、そこからご説明します。

祝儀の平均は「3.3万円」となっております。なぜ中途半端な数字になっているかというと

友人→3万円

会社の上司→5万円

親族→10万円

というように間柄によって頂く金額が違い、その全ての平均が3.3万円ということです。

単純計算で30人であれば99万円が集まるということになります。

ただし、このぐらいの人数帯であれば招待するゲストがほぼ親族になる場合が多い為、平均よりもたくさんの祝儀が見込めます。

親戚のおじやおば、祖父祖母となれば1人平均5万円で見てほぼ間違いありません。

いとこも成人していれば3万円は包むのが一般的です。

ということで友人を招待することを考えて、少なく見積もっても「3.5万円」程度で計算しておけば下回ることはないでしょう。

30人の場合105万円程度が集まってくる想定です。

この金額を費用相場から引けば自己負担額相場が分かります。

挙式&披露宴⇒150万円-105万円=45万円

挙式&食事会⇒120万円-105万円=15万円

このぐらいの自己負担額となります。

3、費用100万円以内で結婚式を挙げる方法

30人程度で結婚式を挙げる方に多く見られる傾向として「正直そこまで結婚式にこだわりがない。」というカップルが多いです。

結婚式を挙げる理由も、憧れということではなく「両親の為に」「けじめとして」というような方が多いです。

これは私がプランナーをやっている体感でしかないのと、あくまで多いというだけなのでもちろん憧れやこだわりがある方もいらっしゃいますが。。

どちらにしても共通して言えることが、ご祝儀内の100万円ぐらいで結婚式が叶えば嬉しくないですか?

今後のハネムーンや新居など新生活は何かとお金がかかることが多い為、結婚式にばかりお金をかけていられませんよね。

そこで30人招待する結婚式を100万円で叶える方法を2つご紹介します。

この2つの方法は併用することが出来るので、2つとも実行するのがベストです。

①レストランウェディングで費用を抑える

50人以上の結婚式となれば、規模的にも内容的にもレストランウェディングは難しいです。

50人着席できる規模のレストランは珍しいですし、そもそもレストランなので結婚式で行う演出が整っていない場合があります。

ですが、30人ぐらいであればレストランウェディングはベストと言っても過言ではありません。

ホテルやゲストハウスだと規模が大きすぎて披露宴会場やチャペルのサイズとゲスト人数が合わず、ポツンと寂しい結婚式になってしまいますがレストランウェディングであれば、どこのレストランでもちょうどいい規模です。

また、30人ぐらいで結婚式を考えているカップルは「自分の満足」ではなく「ゲストの満足」にこだわっている方が多いですが、その点レストランであれば一番のおもてなしである料理が間違いなく美味しいですね。安心してゲストに振る舞えます。

このようにレストランウェディングが30名規模であればベストなのですが、実は費用的にも抑えることが出来ます。

レストランはそもそも2人とかで食事をする方が多いですし、予約よりも飛び込みのお客様が多いです。その為、結婚式のようにまとまった人数で事前に予約が確定するのはレストランからするともの凄く嬉しいことです。

蓋を開けてみなければいくらの売上になるか分からないレストラン営業ですが、結婚式なら事前に大きな売上が確定するわけですからね。

その為、ホテルやゲストハウスよりも圧倒的に会場使用料などが安くなります。

結婚式場からすると安い売上でも、レストランからすると大きな売上なので安くてOKなのです。

さらに、結婚式をメインで扱っているゲストハウスや専門式場はアイテムの持ち込みを制限していますがレストランはほぼ制限なしです。そもそも用意しているわけではありませんから、持ち込んで貰うしか選択肢がない為、持ち込み料などもかからずリーズナブルに結婚式を叶えることが出来ます。

料理が美味しい!規模が丁度良い!費用も安い!という3点セットが揃っているため、20~30人ぐらいの結婚式であれば、まずはレストランウェディングを考えましょう。

レストランウェディングもゲストハウスなどと同じようにブライダルフェアを行っています。

レストランなので料理が自慢の為、どのレストランも無料で試食できますし一度フェアに参加するのが一番早いです。

その場合は、ゼクシィなどではなく「ぐるなびウェディング」を使って探しましょう。

ぐるなびウェディングはレストラン掲載数がNO.1でゼクシィをはるかに凌ぎます。料理自慢のレストランがたくさん掲載されており、エリアや予算など条件を絞りながらレストランを検索することが出来る為、自分の条件に合ったレストランを探しやすいサイトになってます。

公式サイトはこちら

レストランウエディング掲載会場数No.1!ぐるなびウエディング

②ハナユメ定額ウェディングで費用を抑える

ハナユメは知っている方も多いと思います。ローラがCMで「結婚式費用は予約するサイトによって変わるよ♪」と言っているのを見たことがあると思います。

ローラの前は斉藤工さんが出ていましたね。

ゼクシィなどから予約するよりもハナユメからブライダルフェア予約することで、結婚式費用が抑えられる大人気のサイトです。

そのハナユメさんが「定額ウェディング」というサービスを行っています。

◆契約後に見積り金額が上がっていくことがない

◆必要なアイテムが入った安いプランを使える

◆完全後払い制の為、祝儀が入ってから支払える

というサービスです。

少人数で結婚式をするために必要なアイテムが全て入っているプランを使えるので安心ですし、そのプラン金額は祝儀内で結婚式が叶う金額になっています。

支払いも後払いなので祝儀が入ってから支払えるので、貯金0円でも結婚式が叶います。

さらに、必要なアイテムが全て入っていることで後からアイテムを追加することが出来なくなっています。その為、契約後に見積り金額が上がることはなく最初に貰った見積もりが最終見積もりとなります。

人数ごとに金額が設定されているので参考までに紹介すると

10人→35万円

20人→70万円

30人→105万円

となっています。これは一例なので10~35人まで1人刻みで金額が設定されています。

前述したご祝儀が集まってくる想定の金額と同じ金額なので、ご祝儀内で結婚式が叶いますし場合によっては黒字になるでしょう。

このサービスを使うことによって、少人数婚でも自己負担額なしor黒字で結婚式を叶える事が出来ます。

利用する方法は、ハナユメさんのサイトから「定額ウェディング」というところをクリックして、ハナユメカウンターの来店予約をすれば完了です。

あとはハナユメカウンターで定額ウェディングが叶う会場を紹介してもらうだけです。

定額ウェディングに関する記事はこちら

ハナユメ定額ウェディングの口コミや評判をプランナーが解説
ハナユメ定額ウェディングとはどんなサービスで評判はどうなのか。メリット・デメリットや利用条件は?という疑問や不安をプランナーとして客観的な目線で解説いたします。定額ウェディングを検討している方は参考にして下さい。

公式サイトはこちら

ハナユメ定額ウェディング

4、結婚式を30人100万円で叶える方法 まとめ

30人でも100万円以内で結婚式を叶える方法を2つ紹介致しましたが、両方使うのがベストです。

ぐるなびウェディングで気になるレストランのフェアに1~2軒参加したうえで、ハナユメ定額ウェディングを使うと知識がある状態で冷静な式場決定が出来る為、後悔がありません。

素敵な少人数婚になることを願っております!

<合わせて読みたい少人数婚に関する記事>

結婚式を少人数で挙げるデメリットと式場探しの方法
大人数で披露宴をするカップルと同じ方法で探しても、少人数婚が出来る式場はなかなか見つかりません。探す方法をしっかり分かったうえで情報収集しましょう!また少人数婚のデメリットも知っておきましょう。
結婚式を平日に親族だけで挙げる8つのメリット
親族だけで行う少人数婚は平日に挙げられる可能性が高いですよね?実は平日に結婚式を挙げることには沢山のメリットがあるのをご存知でしょうか。親族の都合さえあればデメリットはありません。親族だけの結婚式を探すときに使うべきサイトも紹介します。
結婚式は身内だけだと費用はいくら?7つ注意点を解説
親族や家族だけの身内だけで行なう結婚式は10名〜20名程度になることが多く、通常の披露宴とは注意点や費用面で考えておくべきポイントが全く違います。少人数婚の正しい知識をつけた上で、両家の絆が深まる温かい結婚式を作り上げましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>