ブライダルフェアに友達と行く8つの注意点

ブライダルフェアに女友達と行く8つの注意点

こんばんは。

takeshi kadotaです。

 

ブライダルフェアに行きたい!と思っても

◆彼氏が仕事でいけない!

◆彼氏が結婚式に乗り気じゃない!

◆彼氏がめんどくさがる!

◆とりあえずブライダルフェアを体験してみたい!

◆ドレスが着てみたい!

などカップルで参加出来ない場合や女友達と参加したい場合もありますよね。でもブライダルフェアってカップルで参加しなければいけないのでは?と思っている方が多いと思います。

結論から言うと、一切問題ないので女友達を誘って気軽に参加しましょう。

 

私はプランナーをやっているので知っていますが、ブライダルフェアには必ずしもカップルで参加される方ばかりではありません。お母さんや姉妹と参加される方や友達と参加される方、一人で参加される方もいらっしゃいます。

その中でも一番多いのが女友達との参加です。

ただし!いくつか注意点があり、これを守らないと無意味なブライダルフェア参加になってしまいます。

 

せっかく参加するなら素敵な時間にして欲しいので、注意点をまとめておきます。参加する前に読んで有意義なブライダルフェアにして下さい。

 

結婚式サイト・相談カウンターまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ10社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。10社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆友達と参加する注意点① 決める気があるアピール

一番重要なポイントからお伝えしておきます。ブライダルフェアスタート時に必ず決める気があることを伝えておきましょう。これは、決める気が一切なくてもです。

 

というのも、ブライダルフェアに女友達と参加する場合に式場からの見られ方として「新郎がいないから、おそらく今日は決められないだろうな。」と思われてしまう可能性が高いからです。

そうなると、適当にあしらわれてしまったり試食や試着をさせて貰えなかったり、見積もりを出して貰えなかったりします。

 

せっかく参加したのにも関わらず「今度新郎様といらした時に全てご案内しますね」と決められないなら接客しませんと言わんばかりに対応されてしまいます。

え、結婚式場がそんなことするの?と思われるかもしれませんが、式場もボランティアではありませんしプランナーも忙しいので契約が取れないと判断されると適当な対応をされてしまうことは「あるある」なんです。

プランナーが言うんだから間違いありません。笑

 

これを防ぐために、決める気があることを伝える必要があります。

伝え方としては、私に判断は任されているということを伝えましょう。

◆新郎が仕事で来れないので私に式場決定は任されています。

◆新郎が結婚式に興味がないので私が全て決めます。

◆新郎は私が気に入れば良いと言っています。

というように理由は何でもOKなので、私だけで式場決定することが出来る。ということを伝えましょう。

そうなった途端、式場は本気です。笑

 

あなたに気に入ってもらう為に試食や試着はもちろんさせて貰えますし、見積もりや空き日程もちゃんと出してくれます。

幻滅してしまうかもしれませんがプランナーは言っても営業なので、これが現実です。

 

せっかく参加するブライダルフェアですから有意義な時間になるよう、事前にこれだけは伝えておきましょう。

 

◆友達と参加する注意点② ドレス試着は式場による

女友達と参加する場合、ドレス試着でキャッキャしたくなりますよね?せっかくならドレス着てみたいですよね?

ドレス姿を新郎に見せるのは当日のお楽しみにしたいから、あえてブライダルフェアに女友達と参加する方もいらっしゃると思います。

 

そんな方の為にドレス試着つきフェアについてお伝えしておきます。

ドレス試着つきのブライダルフェアはまぁまぁレアです。試食を今時やっていない式場はありませんが、ドレス試着は条件が整わなければ開催できないフェアなんです。

 

ドレス試着を行える条件は

◆敷地内にドレスショップがある

◆ドレスを着られるスペースがある

◆ドレスを着せるスタッフがいる

この全ての条件を満たさなければドレス試着つきのフェアは開催できません。

特に敷地内にドレスショップがあるというのが難点で、ゲストハウスやレストランは基本的にドレスショップと提携はしていますが敷地内にあるわけではなく別の場所にドレスショップがあるので、ドレスを決める際にはドレスショップに入って頂く必要があります。

 

提携しているドレスショップが構えている店舗に行かなければドレス試着は出来ないということです。その為ブライダルフェアでドレス試着を開催することが不可能です。

じゃあどこならドレス試着つきのブライダルフェアを開催しているの?というとホテルや専門式場に多いです。

 

ホテルや専門式場は敷地が広いので、提携しているドレスショップに敷地内に専用のショップを作ってもらっていることが多いです。

その為、ブライダルフェアの際にもドレスショップを案内したりドレスの試着をして貰うことが可能です。ドレスショップが敷地内にあればもちろんドレスを着るスペースも有りますしドレスショップのスタッフが着せてくれます。

 

ドレス試着付きのブライダルフェアを探すならホテルや専門式場で探してみましょう。

1つ注意点をお伝えしておくと、ドレス試着ではなくよく見るとドレス見学になっていることがあります。ドレスショップがあるから見せることは出来るけど、成約済みの方のドレス試着でスペースが埋まっていたり余っているスタッフがいない場合がこれに当たります。

 

ブライダルフェアの詳細を見ると「ドレス試着」なのか「ドレス見学」なのかが分かるので、しっかり確認しておきましょう。

 

ホテル・専門式場・ゲストハウス・レストランの違いが分からない場合は、こちらの記事で確認しておいてください。特に専門式場とゲストハウスがゴッチャになっている方が多いと思いますので。

ホテルとレストランウェディングの違いは?全式場タイプ別診断
ホテル・専門式場・ゲストハウス・レストランウェディングなど様々なタイプから現役プランナーがあなたに合うタイプをメリット・デメリット含めてご紹介いたします。結婚式場探しは何から始めたらいいの?という方は是非ここから始めてみて下さい。

 

◆友達と参加する注意点③ 彼氏が納得する見積もりを貰う

とりあえず参加したいだけ!ドレスが着てみたいだけ!という方は気にする必要がありませんが、彼氏に後から報告する必要がある場合は見積もりのもらい方を注意しましょう。

 

特に男性は金額の話になると敏感に反応しますし、結婚式にこだわりや興味がない彼氏の場合は特に金額の報告は慎重にしなければ、結婚式をするという憧れすらも叶わなくなってしまう可能性があります。

  1. 今日ブライダルフェア行ってきたんだ!
  2. へー。どうだった?
  3. メチャクチャ良かったよ。あそこで挙げたいと思った!
  4. へー。いくらぐらいなの?
  5. 350万円。。
  6. 絶対ダメ!

こういう残念な結果にならない為には彼氏も納得出来る見積もりを貰う必要があります。

つまり、なるべく安い見積もりを貰いましょう。ということです。

 

しかし女友達とブライダルフェアに参加して友達の前でメチャクチャ値切るのは気が引ける方も多いと思いますし、そもそも値切り交渉のやり方が分からない・不得意という方も多いと思うので一番簡単に彼氏がビックリする割引を貰う方法を紹介しておきます。

 

もの凄く簡単で、ブライダルフェアを予約するサイトをハナユメにするだけです。

ハナユメは知っている方がほとんどだと思います。ローラがTVCMで「結婚式の費用は予約するサイトによって変わるよ♪」と言っているのを見たことがある方も多いでしょう。

 

あれは本当でゼクシィやマイナビなど様々なサイトがありますが、ハナユメから予約するのが一番費用を抑えられますし他のサイトを圧倒する割引が貰えます。

割引が貰える理由を簡単にお話しすると、ゼクシィやマイナビなどのサイトは特に掲載条件などはなく式場が掲載料さえ支払えば掲載できます。

 

しかしハナユメは「他のサイトに掲載していない激安プランをハナユメ専用で作ること」を提携の条件としています。

 

ハナユメの公式サイトから気になる式場のページにいき、ハナユメ割というところを見てみると分かりますが、ほぼ全ての式場で通常価格から100万円~150万円の割引が入っています。

このハナユメ割というのがハナユメ専用で式場が作った激安プランです。

 

ハナユメはこのやり方で「結婚式の費用が安くなるらしい!」と大人気になり今やゼクシィに並ぶサイトです。

その為式場はハナユメ専用で激安プランを作ってでも掲載したい。ということでハナユメから予約するだけで安くなるんです。

 

ハナユメから予約しただけで式場がブライダルフェアに行くと勝手に「ハナユメさんからの予約なので」とハナユメ限定の割引した見積もりを出してくれるので特に申請も必要ありません。

この方法で交渉せずに100万円~150万円の割引をゲットすることが出来るので、通常400万円の結婚式場でも250万円で結婚式を叶えられます。

 

これなら祝儀を考えると黒字になる可能性すらあるので彼氏も納得してくれるでしょう。

使わないともったいないので、ブライダルフェア予約ではMUSTで使いましょう。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

◆友達と参加する注意点④ 写真は必ず撮っておく

後から自分で見返すためにも、彼氏に見せる為にも必ず写真を撮ることを忘れないでください。

会場案内をしていると、皆さん見学することに必死になり気づけば写真を撮ることを忘れていた!ということは良くあります。

 

土日は結婚式の合間を縫って会場を案内しているので、写真撮り忘れたからもう一回見せて!と言っても結婚式が始まっているので見れません。

スマホで充分なので必ず写真は撮っておきましょう!

 

◆友達と参加する注意点⑤ 友達の意見を参考にする

女友達とブライダルフェアに参加する大きなメリットは、当日ゲストとして参加する友人の意見を参考に出来ることです。

◆ゲスト目線で見てみてどう思った?

◆何か気になったところはなかった?

というように女友達の意見はしっかり聞き入れましょう。ベストは既に結婚式を挙げた友人と参加することです。結婚式をしたからこそ分かる体験談や失敗談などを交えてアドバイスが貰えるので、そういった友達がいれば一緒に参加してもらえるように頼んでみましょう。

 

◆友達と参加する注意点⑥ 予約時には伝えない

ブライダルフェアの予約はネットですると思いますが、入力必須項目は限られていてブライダルフェア当日に誰と参加するのか。ということまでは必須になっていません。ただ、何名で参加するかだけは必須なので2名と入力しておけば問題ありません。

 

予約時に女友達と参加することが分かっていると式場によっては、カップルの参加でないと受け付けられないとか試食や試着はさせられない。というような制限がかかることもあります。

予約時に女友達と参加することを伝えずに、行ってから「私が式場決定する権利を持っている」ということを伝えれば前述したように式場は本気で対応してくれます。

 

ちなみに予約が2名だったからてっきりカップルでの参加だと思っていたけど、来てみたら女友達とだった!ということは良くあることなので式場に気を使う必要はありません。

そもそも気軽に参加していいものですから。

 

◆友達と参加する注意点⑦ 本当に彼氏は一緒に行ってくれない?

女友達と参加したい場合は問題ありませんが、本当は彼氏と参加出来ればいいのに。と思っている方も多いと思います。

どうしても仕事の都合で参加できないなら仕方ありませんが、面倒だからとか興味ないから。という理由で誘っても来てくれない場合は誘い方を変えることで一緒に来てくれる可能性が高いです。

 

皆さん初めてのことなので誘い方が分からずストレートに誘って失敗しています。

彼氏を上手にブライダルフェアに誘ったり、結婚式に乗り気にさせるにはコツがあります。男性プランナーだからこそ彼氏の気持ちが分かるので、上手なテクニックを紹介しておきます。

 

この記事とは内容が少しずれてしまうので、別の記事で解説しておきます。本当は彼氏と一緒に行きたい!という方は是非参考にして下さい。

ブライダルフェアで喧嘩しない3つの方法
彼氏が結婚式に前向きじゃない!めんどくさがる!やる気がない!とお困りの彼女さん。この記事を読んで、喧嘩せずに2人で楽しく式場探しを行い、彼の意見も取り入れた式場のブライダルフェアに参加してください。手順と方法さえ分かれば意外と簡単です。
ブライダルフェアの誘い方を伝授!彼氏を上手に誘う方法7選
彼氏がブライダルフェアに参加する気がない!乗り気じゃない!誘っても断られた!そんな彼女さんは是非参考にして下さい。 男性プランナーだからこそ教えられる、彼氏の上手な誘い方と注意点を伝授致します!

 

◆友達と参加する注意点⑧ キャンペーンは使うべし

ブライダルフェアに参加するだけで商品券が貰えるキャンペーンがあるのはご存知でしょうか。もし知らなければ損をするので知っておきましょう。

ゼクシィ、マイナビ、ハナユメ、ぐるなび、楽天などなどたくさんのウェディングサイトがありますが一番キャンペーン額が高いのは先程紹介したハナユメです。

 

キャンペーンというのは、これだけたくさんウェディングサイトがあるとどこも自社サイトからブライダルフェア予約をしてもらいたくて必死です。

その為、少しでもメリットを付けたくて各社キャンペーンを行っています。相場としてはどのサイトも3式場回って30,000円ぐらいですがハナユメは3式場回ったら50,000円です。

さすが大人気サイト。特典が豪華です。

 

もっといえば3式場回らなくてもキャンペーン特典が貰えます。

1式場だけ回っても15,000円貰えるという感じで回る式場数に応じて報酬額が増えていきます。

 

キャンペーンは現金ではなく商品券や電子マネーが貰えます。まぁ今や商品券ってどこも扱っているのでほぼ現金みたいなものですが。

 

また、ハナユメの場合はキャンペーンのエントリーがもの凄く簡単です。

だいたいこういったキャンペーンって、面倒な個人情報の入力や会員登録が必要ですがハナユメは「名前」「電話番号」「アドレス」を入力するだけなので30秒ぐらいで終わります。あとはそのままブライダルフェアの予約をすればエントリー完了です。

 

サイト上部の「最大50,000円分のギフト券プレゼント!」というところからエントリー出来ます。どうせ行くなら貰えるものは貰っておきましょう。

それで彼氏に焼肉でも奢ってあげてみて下さい。もっと商品券が欲しい!と2件目以降は一緒に来てくれるかもしれませんよ。

ブライダルフェアのキャンペーン2019年最新のおすすめは?
【プランナーが最新キャンペーン情報を解説!】ブライダルフェアは参加するだけで3万円~5万円程度貰えるキャンペーンを行っています。どのサイトから予約するかによってキャンペーン金額は変わるので、一番お得なサイトを知っておきましょう。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

 

◆まとめ

ブライダルフェアに女友達と参加する場合の注意点やアドバイスを解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

女友達と参加すること自体は一切問題ありませんし、そういう方は多いのであまりお気になさらず気軽に参加して下さいね。

まずは行ってみることが大切ですから。

 

<合わせて読みたいブライダルフェアに関する記事>

ブライダルフェアはプロポーズ前でも参加していいの?参加条件とは
ブライダルフェアに何も決まっていない状態で行っていいの?デート感覚で参加できるもの?試食や試着目当てで参加しても断られない?プロポーズされてないから婚約してないけど大丈夫?など様々な疑問にお答えしていきながら参加条件を解説いたします。
ブライダルフェアで必ず聞かれる項目チェックリスト【完全版】
ブライダルフェア当日にどの式場でも必ず聞かれるチェックリストを理解し、事前に対策しておくことで有意義なブライダルフェア参加となります。 決まっていない項目があれば相手と話し合い決めておきましょう。せっかくのブライダルフェアがただの見学だけになってしまいます。
ブライダルフェアは一人で参加しても良い?3つの注意点
彼が忙しい、休みが合わない。などの理由で一人でブライダルフェアに参加する必要があっても不安にならないで下さい。 注意点を1つだけ守れば意外とメリットだらけなんです。1人で参加するならお勧めのフェアもご紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>