スポンサーリンク

結婚式準備でストレスを感じず疲れない方法をプランナーが解説!

こんばんわ。

takeshi kadotaです。

今日は新郎新婦様と結婚式の打ち合わせがありました。

このお2人は、ブライダルフェアの段階から

新婦さんはやる気満々憧れの結婚式!

新郎さんは、ちょっとめんどくさそう。

こんな感じでした。

案の定、打ち合わせは

  1. ねぇねぇどっちが良いと思う?
  2. どっちでもいんじゃね。
  3. もぉー。適当じゃん。
  4. いや。任せてるだけ。

という感じ。

唯一!前のめりになるのはお金の話ぐらい。

式場での打ち合わせ以外でも

なかなか準備を手伝ってくれないようで、新婦さんがちょっとイライラストレスが溜まっている感じでした。

こんな感じのカップルって、凄く多いです実は。

旦那さんのやる気のなさに悩んでいる花嫁さんも多いのではないでしょうか。

たくさんのカップルを見てきたからこそ、そんな2人が喧嘩せず楽しく準備を進められる方法をお伝えしていこうと思います。

もし新郎の態度にイライラしてる方が読んでくれてたら、先にお伝えします。

大丈夫。みーんなそう。

上手く手なずけて憧れを全部叶えちゃいましょう!

では注意点を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、口に出されないことのありがたみを感じる

これ1番大事ですよ。人ってないものねだりなんです。

私は今まで新郎が凄く積極的に参加している婚礼も見てきました。

そのパターンの場合、どうなるか。

こんな結婚式が良い!

こんなテーマがいい!

こういうふうに過ごしたい!

今の参加してくれない新婦からしたら魅力的でしょうね。

こういう新郎だった時の新婦の悩みはこうです。

希望が叶わない

思ってた結婚式じゃない。

などなどイメージと違う式になるんです。

こういう新婦が言うのは毎回1つだけ。まぁ参加してくれてるだけありがたい。

これが大きな間違いですよ。

今後何十年過ごしていく結婚生活の中で、あなたは毎回

「他の家の旦那よりはちゃんと考えていくれているから」

という謎の理由でそれに満足します。

言い方が悪いですが、それで妥協します。それだけで、自分の希望を言わなくなります。

叶えたい希望があったら、ちゃんと話しましょう。

それすらも話せないようなら今後どうしていくのでしょうか。

結婚式の準備は、今後の人生をリハーサルしているようなものですからね。

2、たまには手伝ってよ。と言わない

これは男性プランナーだからこそ言えます。男は単純です。笑

褒めれば伸びるし、けなされたり怒られたりするとやる気をなくします。

  1. ○○ちゃんの旦那さんはDVD手作りしてくれたらしいよ。
  2. へー。
  3. あなたも何か手伝ってよ(怒)
  4. え、お前がやりたいって言ったんじゃん(怒)

こういう会話をして喧嘩しまくっているカップルだらけです。笑

私はいつもこんなことやっているのだから、あんただってこれぐらいはやってよ。

というような発言は、1番良くない。

手の平で転がして下さい。

  1. 最近お腹へこんできたけど結婚式の為に頑張ってくれてるの?。
  2. いや別にそんなんじゃないし。
  3. 痩せて昔のかっこよさを取り戻してくれて嬉しい!
  4. え、そう?
  5. 痩せてる写真も生い立ちDVDに入れようよ!
  6. まぁじゃあ作ってみるか

こんなに上手くいくことはないかもしれませんが

こんな感じで言ったらこの人喜ぶだろうなー。楽しくやるだろうなー。こんな会社のマネージャーみたいな視点が必要です。

3、奇跡的に手伝ってくれた時はビックリするぐらい喜ぶ

これも2に付随するところはありますが、男は単純です。

褒められたり、好きな人が喜んでいたりするとやる気が出ます。

本能なんでしょうね。人間ってそういうもん。

ネームカードの裏側にコメントを書く

ゲストへのメッセージをちょっと書いてくれた。

DVDで使う写真を集めてくれた。

など小さなことでも喜び、ほめてあげて下さい。

新郎のことを3歳だと思って接してみて下さい。笑

きっと優しくなれるはずです。

次の一手はまた別の手法になりますので、ここまでで一旦総括します。

新郎に期待せずやってくれたらラッキー。ぐらいの大きな心で準備しましょう。

積極的でもめんどくさい。そうでなくてもストレス溜まる。

ぐらいに考えて下さい。

隣の芝は青く見えると思います。3,000組見てて思いますが、全員同じ悩みです。

花嫁よ。ないものをねだらず、負けるな。

4、式場からの連絡は2人宛にもらう

新郎が準備に参加する為の、1番簡単な方法ですよ。

当事者意識を持たせるんです。

式場から、打ち合わせの日程やアイテムの相談、演出の相談があると

段々ですが「あれ。おれ結婚式するんだ。」ってなっていきます。

全部新婦に連絡くると、任せっきりになりますし

打ち合わせとかも、頼まれている側になります。なのでしゃーなしで参加する感じになります。

これが1番良くない。

裏技ですが、プランナーにどちらにも連絡をすることをお願いしてみて下さい。

ちなみに私がプランナーとして一番効果あるなー。と思うのはこの方法です。

簡単にすぐにやれて効果抜群。最高ですよね。

新郎の態度でイライラしている方

式場をきめたばかりの方

今後の態度に不安がある方

是非参考にして下さい。

早速準備スタート!という方はまずは招待状作りからです。

こちらを参考に作ってみて下さい。

招待状を手作りする際の作り方と10の手順
招待状は式場に頼むのか持ち込むのか迷っている方、手作りしたいけど作り方が分からない方、是非参考にしてみて下さい。 持ち込むか判断する際のアドバイスや手作りするときの手順と注意点をプランナー目線でまとめてあります。

招待状はもう済んでいる方はこちらから結婚式準備の注意点を確認してください。

結婚式準備の注意点まとめ

これから彼氏と式場探しを始めるという方はこちらも参考にして下さい。

結婚式をめんどくさがる彼氏を乗り気にさせる3つの方法と手順
彼氏が結婚式に前向きじゃない!めんどくさがる!やる気がない!とお困りの彼女さん。この記事を読んで、喧嘩せずに2人で楽しく式場探しを行い、彼の意見も取り入れた式場のブライダルフェアに参加してください。手順と方法さえ分かれば意外と簡単です。
ブライダルフェアに彼氏を上手く誘うテクニック7選
彼氏がブライダルフェアに参加する気がない!乗り気じゃない!誘っても断られた!そんな彼女さんは是非参考にして下さい。 男性プランナーだからこそ教えられる、彼氏の上手な誘い方と注意点を伝授致します!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>