結婚指輪選びで喧嘩しない為の3つの方法

結婚指輪選びで喧嘩しない為の3つの方法

こんにちは。

takeshi kadotaです。

結婚という一大イベントにおいて喧嘩はつきものだと言われています。そういうのを乗り越えて本当の意味で結婚出来るんだと。

ウェディングプランナーをしていると打ち合わせ中に喧嘩を始めるカップルもたくさん見てきており、そんな方々が当日メチャクチャ幸せそうに過ごしているのを見ていると、確かに喧嘩で仲が深まったのかも?と思うこともあります。

しかし、残念ながら喧嘩をしてそのまま分かれてしまい結婚式をキャンセルされた方もたくさん見てきました。

何が言いたいかというと喧嘩はつきものかもしれないが、しないに越したことはない。ということ。

結婚指輪探しとなれば「結婚」というイベントにおいて初めてのイベントになるので、最初から喧嘩はしたくないものですよね。

そこで今回は、結婚指輪選びで喧嘩しない為の方法を解説していきます。

これから結婚指輪選びをされる方は是非参考にして、円満に結婚指輪を購入して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆結婚指輪選びで喧嘩になる原因とは?

結婚指輪選びで喧嘩になってしまったカップルはどのぐらいいるかというと、実は2組に1組が喧嘩になっているんです。半分ですよ。

結婚にまで至ったカップルがなぜこんなにたくさん喧嘩してしまうのでしょうか。

実は結婚指輪選び3大喧嘩理由があります。

それは

①彼がやる気なし

②かけたい予算が違う

③ショップが込み過ぎてイライラし選ぶのが面倒になる

様々なカップルに意見を聞きましたが、だいたいこの3つに当てはまります。

欲しいブランドが違う!というような意見もありましたが、それはお互いが欲しいブランドを両方見に行き折り合いをつけるしかありません。

圧倒的に多かったのは「彼がやる気なし」ですね。

男性プランナーとして分からなくもないですが・・・

これらを解決する方法を紹介していきます。

◆指輪選びで喧嘩しない方法① 欲しい指輪を決めておく

これは「彼がやる気なし」の対策として一番効果のある喧嘩しない方法です。

結婚式場探しでも同じですが、やる気がないパターンの時に一番やってはいけないのがショップを回り過ぎることです。

男性からすると面倒な指輪選びで自分は興味ないので本心は「勝手に決めてきてくれ」と思っています。

それなのに何店舗もめぐるのを付き合わされるとイライラしてきますし、疲れて対応も面倒になります。

  1. ねぇ、どれが良いと思う?
  2. どっちでも良いと思うよ。
  3. ちょっと選ぶ気ある!?
  4. めんどくせぇなぁ。

という会話を想像出来てしまう方は特に注意して下さい。

こうならない為にも、下見を先にしてある程度目星をつけておきましょう。このブランドかこのブランドというぐらいは最低でも考えておく必要があります。
出来れば、このブランドのこの指輪かこの指輪!というぐらいまで決まっていればベストです。

これによりたくさんの店舗に足を運ぶ必要がなくなり、男性としても最終決断をするだけになるので非常にスムーズです。

彼と巡りたい!!という気持ちも分かりますが、先を見越して動いておくことで喧嘩をせずに結婚式場選びが出来るということも知っておきましょう。

結婚指輪の選び方に関する記事はこちら

結婚指輪のサイズ平均と選び方をプランナーが解説
【結婚指輪のサイズ選びをウェディングプランナーが伝授!】結婚指輪のサイズ平均を女性男性ともに紹介し、サイズを選ぶ際のコツや選び方を解説いたします。サイズ選びで後悔しないよう知っておきましょう。
結婚指輪の種類でおすすめはどれ?素材・デザイン形別に解説
【ウェディングプランナーが実体験を元に解説!】結婚指輪のデザインや素材は種類が豊富だからこそどれが良いのか迷うことが多いと思います。種類・素材は何があるのか、それぞれのメリット・デメリットは何?迷ったらどうやって選べば良い?ということを解説いたします。
結婚指輪のダイヤありかなしかで後悔しない為のポイント
結婚指輪を購入する際にまず最初に考えるべきはダイヤのありかなしか。これによって予算や指輪の使い方が変わってくるので、ダイヤのありなしが決まらなければ結婚指輪探しが始まりません。後悔しない指輪探しをする為に知っておくべきポイントをまとめております。
結婚指輪をハイブランドで選ぶと後悔する4つの理由とは
ティファニーやカルティエやブルガリなど大人気の海外ハイブランドで結婚指輪を購入する予定なら知っておかなければいけないポイントがあります。同時に検討するべきショップと共に解説しておきますので後悔しない結婚指輪探しをして下さい。

◆指輪選びで喧嘩しない方法② 予算はすり合わせておく

こちらも良くある喧嘩の内容ですが、予算面です。

結婚指輪は「結婚」というイベントの中で初めての高額な買い物になります。その為価値観や金銭感覚が違う場合に喧嘩になってしまうのです。

しかしこれを解決する方法は簡単で、価値観や金銭感覚をすり合わせておけばいいのです。

今後を見越して、結婚式にいくらぐらい・ハネムーンにいくらぐらいという計算をして貯金と相談すればおのずと予算感は見えてきます。

感覚でいくらぐらい。と決めようとするから意見が合わないだけで、実際に使えるお金はいくらぐらい。と算出しておけば喧嘩になりようがありません。

ただし、結婚指輪は女性の憧れでもあるので欲しい指輪に対して予算が足りない場合は日々の生活で多少我慢をして貯金を優先することも念頭においておきましょう。

結婚指輪の予算に関する記事はこちら

結婚指輪の支払いは割り勘ってあり?実情をプランナーが激白
結婚指輪の支払いは男性がするもの?割り勘で良いの?という人には聞きづらい内容をプランナーが解説いたします。今までに出逢った新郎新鵜様はどうしているのか、他に支払いの方法はあるのか。どうやったら安く購入できるのかということを解説しております。
結婚指輪の相場は2人でいくら?20代、30代、40代まとめ
【ウェディングプランナーが相場より安く購入する方法を解説!】結婚指輪の相場はペア2人合わせていくらぐらい?という費用感を年代別に紹介致します。相場だけではなく相場より安く購入する方法も紹介するのでご活用ください。

◆指輪選びで喧嘩しない方法③ 事前来店予約しておく

こちらも「男性がやる気ない」「ショップが混んでいてイライラ」に対して非常に有効な作戦です。

実は私もこれにひっかかってちょっとイライラしてしまった経験があり、事前来店予約すれば良かったと思っています。

土日祝日は結婚式場探しのカップルでショップが混んでいます。人気有名ブランドでは人が多すぎて指輪を見ることすらままならないような状況です。

その為、指輪を試着することなんてもちろん出来ません。試着が出来るようになるまで5時間待った経験もあります。

こうなると「やる気なし彼氏」にとっては地獄です。

そうならないようにネットから事前来店予約をしておきましょう。

予約をしておくことで待たずに指輪を見たり試着したり出来ますし、座ってゆっくりと選ぶことが出来ます。

それだけではなく、事前来店予約したカップルだけの特別特典を貰うことも出来るので必ずしておくべきです。デメリットがありませんから。

また事前来店予約の特別特典は各ブランドのホームページからするよりもハナユメを通して予約した方が特典が豪華になります。

内容はブランドによりますがダイヤのネックレスが貰えたり、商品券が貰えます。

さらにハナユメを通して予約することで豪華特典が貰えるだけではなくハナユメ優待価格で結婚指輪を購入することが出来ます。つまり割引が貰えるということです。

商品券が貰える!!安く指輪が買える!!と彼氏を誘い出す武器にもなりますね。

結婚式場探しでハナユメを通すと100万円以上の割引が入る!とTVCMをやっているので式場探しでは知っている方も多いと思いますが、実は結婚指輪探しでも非常に嬉しい特典や割引がつきます。

使わない理由がありませんから、ハナユメから事前予約してお得に喧嘩せず指輪選びを叶えましょう!

公式サイトはこちら

ハナユメで結婚指輪探し

<合わせて読まれている記事>

結婚指輪のお得な買い方4選をプランナーが伝授
結婚指輪をお得に買うには自分で割引交渉しても不可能です。使うべきサービスを活用すれば10万円以上お得に購入できます。現役プランナーだからこそ知っているお得な買い方を解説しておきます。
結婚指輪の来店予約特典が豪華なショップベスト3とは
結婚指輪を探す際に予約せずに行くと損をします。予約するだけで豪華な特典が貰えるので結婚指輪資金の足しにしましょう。 3店舗周れば1万円以上は貰えるはずです。結婚指輪を扱っているブランドで来店予約特典が豪華なショップを紹介致します。
結婚指輪で必要なアフターサービス6選!サービス充実のブランド比較
結婚指輪はデザインだけで選ぶと後悔します。大切な指輪が輝き続ける為には充実したアフターサービスが必要です。 絶対になくてはならないアフターサービス6つと無料で永久保証がついてくるショップを紹介しております。
結婚指輪の値引き交渉で安く買うなら先に式場を探すべき理由
結婚指輪は基本的に値引きがありません。しかしブライダルの裏側を知っているウェディングプランナーからすると方法が1つだけあります。その方法と手順を解説していきますので、値引きを貰って安く結婚指輪を購入しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>