結婚指輪のダイヤありかなしかで後悔しない為のポイント

結婚指輪のダイヤありかなしかで後悔しない為に抑えておくポイント

こんばんは。

takeshi kadotaです。

結婚指輪のダイヤモンドを有りにするのか、なしにするのか。これで迷っている女性の方は多いのではないでしょうか。

それぞれメリット・デメリットがありますがウェディングプランナーとしてオススメなのはダイヤありです。

ちなみに世の中の女性がダイヤのありなしどちらを選んでいるかというと、約80%がダイヤありを選んでいます。

その理由とダイヤが有りの場合に選ぶべきブランドを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ダイヤありのメリット

基本的にダイヤありと言っても婚約指輪のように、立て爪でダイヤが出っ張っているデザインではなく、埋め込まれているデザインがオススメですし人気です。

もちろん立て爪の物もありますが、日常でずっとしていることを考えると家事中に引っかかってしまったり子供を傷つける可能性があるのでオススメしません。

それを前提にメリットを解説していきます。

①重ね付けしないならダイヤありがオススメ

やはり一番のメリットはデザインが華やかということです。ダイヤが入った指輪をすることに憧れがある女性が多いのではないでしょうか。

また、最近は婚約指輪を購入せずに結婚指輪だけを購入する方が増えています。そういった場合でもダイヤが入った指輪を選ぶカップルが多いです。婚約指輪を貰った場合は重ね付けしたりする女性が多いですが、結婚指輪のみの購入となれば重ね付けすることはなく結婚指輪のみとなります。

その際にダイヤがなく、言葉を選ばなければ「ただの輪」というシンプル過ぎるデザインを選び、後から「少し寂しい」と後悔している女性がもの凄く多いのでダイヤがある華やかなデザインがオススメです。

また、婚約指輪をもらった女性も立て爪のダイヤの物であればなかなか日常使いするには不便な為、重ね付けしない女性も多いと思います。そういった場合ことを考えても、やはりダイヤがある方が華やかになりますね。

②デザインが人と被らない

前述したようにダイヤありが圧倒的に人気であることと、ダイヤありの方が金額が高い為ジュエリーショップとしてはダイヤありの指輪でデザインを増やしていきます。

その為ダイヤなしのデザインが少なく有名ブランドであればある程、人と被ります。

もちろん選択肢が少ないということもあり、気に入ったデザインがなく指輪選びに苦労する方も多いです。

③結婚式をするなら写真にも残る

結婚式をするなら挙式中に行う指輪の交換で必ず登場しますし、リングピローという指輪置きに指輪が乗っているショットも鉄板の人気フォトです。

さらに、披露宴お開き後に2人の手だけを撮影しているのよく見ませんか?こういうやつ。


こういう写真が取れたりするので結婚式を挙げるなら写真映えを考えてダイヤありがオススメです。3,000組以上の結婚式を手伝ってきて、無数の写真を見てきた私が言うんだから間違いありません。写真映えが全然違いますよ。

2、ダイヤありのデメリット

ダイヤありをオススメしておりますが、購入する際にはデメリットを知っておくべきですので紹介しておきます。ただし、後述するお勧めのブランドであればこのデメリットは解決できます。

①汚れが目立つのではないか

ダイヤが光り輝いているのでリング自体の汚れが目立ったり、ダイヤとリングの間に汚れが入ってしまったりすることもあります。

家事などをしている間も着けていることが多い結婚指輪だからこその悩みですね。家事をする間や食器を洗っている間だけは外すなど工夫するとある程度回避することが出来ます。

②傷がつきやすいのではないか

ダイヤは世の中で一番堅い石なのでダイヤ側が傷つくことはありませんが、ぶつかった側を傷つけてしまう可能性はあります。家具や家電ですね。ただ、立て爪ではなく埋め込み型のダイヤであれば問題ないでしょう。

③ダイヤが取れる可能性がある

結構聞くのが購入後にダイヤが外れてしまって、いつ取れたのかも分からないのでダイヤを付け直すことも出来ない。という悲惨な事態です。

ダイヤが散りばめられているデザインならまだしも、1つだけダイヤが入っているようなデザインであればショックが大きいでしょう。また、ダイヤを新しく購入する場合は高額な費用がかかります。何より、相手になくしてしまったことを言いづらいですよね。

せっかくダイヤ付きの指輪を購入したのにダイヤが取れてしまっては意味がありません。

④金額が上がる

当たり前ですが、ダイヤが入っている方がダイヤなしよりも高額です。

ダイヤなしであれば5万円前後ぐらいで購入出来るブランドもありますが、ダイヤが入ると10万円~20万円程度になってくるでしょう。

ただし、結婚指輪は購入後に「やっぱりあっちのデザインにすればよかった」という後悔をしている方が約4割いらっしゃいます。

たしかに新生活においてお金は大切ですが、ずっとつけているアイテムだからこそ後悔が大きいのも事実です。ダイヤが欲しいと思ったら、その分結婚式で割引をもらったりして結婚イベントにかかる費用を抑えていきましょう。

ちなみに結婚式の費用であれば5万円~10万円の差は全然余裕で割引してもらえるので、安心して下さい。

これから式場探しの方も多いと思いますので、こちらで結婚式場で割引を貰う方法を紹介しておきます。裏側を知り尽くしたプランナーが教える割引方法なので、どの式場に行っても必ず割引してもらえます。

結婚式で値引きを100万円以上してもらうたった1つの方法
憧れを全て叶える後悔のない結婚式をするには、大金が必要になります。我慢して諦める結婚式ではなく賢く全て叶える結婚式をしませんか?式場探し中や値引き交渉がしたいカップルは是非参考にして下さい。式場の裏側からお伝えします。

3、ダイヤありなら行っておくべきブランド

前述したようにダイヤありの場合には、ダイヤなしには無いメリットが多いですしデメリットはブランドによっては回避することが出来ます。

ダイヤありのデメリット4つを全て回避したうえで豊富なデザインから結婚指輪を選べるショップがあるので紹介しておきます。

それはトレセンテさんです。

こだわって厳選したダイヤだけを扱うブライダルジュエリーブランドです。

国内のハイブランドではかなり有名なので、知っている方も多いでしょう。シンガーソングライターのKさんとコラボして話題になったジュエリーショップです。

なぜトレセンテさんがデメリットを全て解消できるかというと

◆アフターサービスの充実

◆ダイヤが取れたことがないという実績

◆来店予約すると安くなる

ということがあるからです。

アフターサービスは今後ずっとつける結婚指輪だからこそ重要な判断要素ですが、リフレッシュクリーニングや歪み直しぐらいはどこも入ってますよね。汚れや傷の補修などはトレセンテさんももちろんやってくれます。

さらにトレセンテさんだけは、万が一ダイヤが取れてしまったとしても一度限り保証してくれます。ダイヤが落ちたり失くしたり欠けたりしても回だけ無償で変えてくれるということです。

ちなみに発売開始から20年間一度もダイヤが取れたりしたことがないという驚異の実績を持っていますので、そもそも取れる心配が0にちかいです。

そして金額については、自分で予約したりホームページから予約するのではなくハナユメを通してウェブ来店予約すると指輪の金額が安くなるブランドです。

その為、品質の良い指輪が安く購入出来ます。

結婚式費用がハナユメを通すと安くなることをご存知の方は多いと思いますが、実は結婚指輪もハナユメを通して来店予約すると安くなります。

ハナユメはローラや斎藤工さんがCMで「結婚式費用は予約するサイトによって変わる」というキャッチフレーズで話題になり、式場のブライダルフェア予約では有名で今やハナユメ相談カウンターの予約が取りづらいほどに人気のサイトです。

なぜ安くなるかというと、ゼクシィなどたくさんのウェディングサイトがありますが基本的に「式場やジュエリーショップの情報を掲載しているだけ」なので掲載料を払えば、どの式場でもブランドでも掲載できます。ですが、ハナユメは「ハナユメ専用の割引や特典を作ること」を掲載条件にしているので他のサイトには載っていないような豪華な特典や割引が適用されます。

逆に言えばそれだけの特典や割引をつけてでも掲載したいほど新郎新婦の支持が高く、掲載しなければお客様が来てくれないということがブライダル業界では当たり前になっています。

それだけ力を持ったサイトだからこそ出来る手法で、結婚式費用だけではなく結婚指輪の金額も安く購入できるようにしてくれているサイトということです。

こういう場合はだいたい面倒なエントリーがあったりしますが、ハナユメはそれもなくただハナユメの公式サイトから気になるショップの来店予約をすれば勝手にハナユメ限定の特典や割引が適用されます。

ジュエリーショップも式場もハナユメからの予約ということを把握しているので、勝手に割引がついた金額で案内してくれるんです。

実際に私もハナユメから式場にフェア予約が入ったら、通常よりも100万円以上安いプランを紹介しています。というかハナユメからの予約であれば、しなければいけないんです。

指輪に関しても大きな割引が入るので、指輪探しの場合はハナユメから来店予約をしてお得に結婚指輪を購入しましょう。

公式サイトはこちら

ハナユメで結婚指輪探し

トレセンテさんはもちろん、それ以外のブランドもハナユメを通すと安くなるので複数ブランドをはしごする場合でもハナユメを通しましょう。

4、ダイヤありかなしか まとめ

結婚指輪のダイヤがありかなしかで迷っている方はどちらも試着してみて決定すればいいと思いますが、個人的には埋め込み型のダイヤが入っている指輪がオススメです。

複数のブランドを見て周って、理想の指輪を見つけて下さいね。

<合わせて読みたい結婚指輪に関する記事>

結婚指輪の探し方を正しくプランナーが解説
理想の結婚指輪を選ぶためには、まずは正しいブランドの探し方を知らなければいけません。 結婚指輪にも式場ど同じように「正しい探し方」があるので、プランナーが実体験を元に後悔しない指輪探しの方法を解説していきます。
結婚指輪の値引き交渉で安く買うなら先に式場を探すべき理由
結婚指輪は基本的に値引きがありません。しかしブライダルの裏側を知っているウェディングプランナーからすると方法が1つだけあります。その方法と手順を解説していきますので、値引きを貰って安く結婚指輪を購入しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>