スポンサーリンク

みんなのウェディングとハナユメの違いを比較!使うべきはどっち?

こんばんは。

takeshi kadotaです。

今日は大人気サイト比較の第二弾となります。

みんなのウェディングとハナユメのどちらを使うべきなのか。どちらを使うとお得に式場探しが出来るのか。プランナーとして様々な視点から比較していきますので、これから式場探しをされる方は是非参考にして後悔しない結婚式場探しを叶えて下さい。

ちなみに第一弾は王道ゼクシィとハナユメの徹底比較をしています。ゼクシィを使おうと考えている方はこちらも合わせて参考にして下さい。

ハナユメとゼクシィの違いを比較!プランナーが勧めるのはどっち?
人気サイトのハナユメとゼクシィの明確な違いを解説しながら11項目で比較しております。プランナーだからこそ語れる裏事情を含めながら本当に使うべきサイトはどちらなのか紹介致します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較① 式場掲載数

◆みんなのウェディング

約5,500式場の掲載をしており、ついにゼクシィを抜いて国内のウェディングサイトでは掲載式場数NO,1のサイトです。

全国47都道府県の式場を掲載しております。

背景として、ゼクシィは掲載料が高額なため式場側としては掲載することに少しハードルが高いことがあります。

ただし、ゼクシィやハナユメのように相談カウンターにはあまり力を入れておらず東京の銀座に1店舗だけあるだけとなっています。

◆ハナユメ

全国約600式場を掲載しています。

主な対応エリアは

東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬・愛知・岐阜・三重・静岡・大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山・福岡・佐賀・長崎

の20エリアの式場を掲載しています。

相談カウンターがあるエリアは11エリアで、主要なところには複数のカウンターがあります。

東京、神奈川、愛知、静岡、岐阜、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、福岡

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較② 掲載情報

◆みんなのウェディング

基本情報やフェア・プラン情報はもちろん掲載されていますが、みんなのウェディングは口コミサイトなので口コミの数が圧倒的に多いことと写真も式場が厳選して掲載しているものだけではなく、フェアに参加したカップルや参列したカップル・挙式を挙げたカップルが投稿しているリアルな写真を見ることが出来ます。

作りこまれた情報ではなく、リアルな情報が欲しい方にはうってつけのサイトです。

◆ハナユメ

掲載している情報は基本情報・写真・フェア情報・口コミ・ハナユメ割となります。

ハナユメ割は、ハナユメ専用のプランのことです。

ハナユメ割について説明しておくと、式場はどのサイトに掲載するか決めており基本的には掲載料さえ支払えばどのサイトにも掲載することが出来ます。

ゼクシィもみんなのウェディングもこのパターンで、掲載料の違いはありますが条件などは特にありません。

ただし、ハナユメだけは「他のサイトに掲載していない激安プランをのせること」を掲載条件としています。その為、今まで使っていたプランよりもさらに安いプランをハナユメ専用で作らなければいけません。

サイトを見るとビックリしますよ。通常価格から100万円~150万円程度の割引が入った激安プランがハナユメにはたくさん掲載されています。これがハナユメ割というものでハナユメ専用に式場が新しく作った激安プランとなります。

実際に私の式場でもハナユメ専用の激安プランを作っており、ハナユメからフェア予約があったりハナユメ相談カウンターを通してフェア参加された新郎新婦様には通常料金から120万円程度割引して見積もりを作成しています。

ブライダルフェア予約するサイトを変えるだけでこれだけの割引がつくというのは、新郎新婦様にとってもの凄く大きなメリットでしょう。

結婚式をなるべく安く挙げたいカップルは、ハナユメサイトから気になる式場のページにいき「ハナユメ割」を見てみましょう。

え?こんな金額で結婚式出来るの?とビックリすると思いますよ。

公式サイトはこちら⇒Hanayume(ハナユメ)

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較③ 海外ウェディング

◆みんなのウェディング

海外の取り扱いはハワイのみとなります。ただし、ハワイの式場掲載数はとても多く約210式場の掲載をしています。

オアフ島・カウアイ島・マウイ島・ラナイ島・ハワイ島と島ごとにまとめられています。

ただ、海外の式場ページは国内のように充実はしておらず基本情報すらもないことが良くあります。もちろん口コミもないに等しい状態なので海外ウェディング希望の場合はあまり参考になりません。

◆ハナユメ

ハワイ・グアム・バリ・サイパン・オーストラリアの式場が掲載されています。

掲載式場数は約40式場です。

海外式場のハナユメ割に関しては掲載されている式場とそうでない式場があります。サイトでは見られなくても相談カウンターに行けば、海外ウェディングもハナユメ割があるので安く挙げることが出来ます。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較④ 国内リゾート

◆みんなのウェディング

軽井沢・沖縄などメインどころは掲載されており、全部で約140式場が掲載されています。

海外と違い国内リゾートの人気なエリアや人気式場は情報量も多く、口コミもしっかり入っています。

◆ハナユメ

北海道・軽井沢・八ヶ岳・沖縄の4エリアに対応しており、掲載式場数は約20式場です。

こちらも海外ウェディング同様、サイトにハナユメ割が掲載されてなくても相談カウンターを通せば、国内リゾートウェディングを安く挙げることが出来ます。

ハナユメ割は国内・海外問わずもの凄く高額な割引が入るので、いくらぐらいで結婚式が出来るのか確認したい方はハナユメ相談カウンターで希望を伝えてハナユメ割を紹介してもらいましょう。

高くつくと噂される海外ウェディングや国内リゾートウェディングが安く叶うのは嬉しいポイントですね。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑤ キャンペーン

◆みんなのウェディング

口コミサイトの為、ブライダルフェア予約で使われることにあまり重きを置いていないのがみんなのウェディングです。

その為、みんなのウェディングからフェア予約したところで特にメリットはありません。

ただ、口コミを投稿すると現金に変えられるご祝儀ポイントというものが、2,000~3,000ポイント貰えます。

他のサイトのキャンペーンに比べるとかなり少ない状況です。

◆ハナユメ

ハナユメは数ある式場比較サイトの中でも一番キャンペーン額が高いサイトです。

その内容は時期によって変わることもありますが、ハナユメから3式場のブライダルフェアを予約・参加したら3万円プレゼント!という内容になります。

時期によっては3万円ではなくそれ以上になることもあります。ゴールデンウィークや年末年始など大型連休の前にキャンペーン金額が増える傾向があります。最低3万円貰えるという認識をしてもらえればOKです。

3式場回らない場合でも、1式場だけなら1万5千円。2式場なら2万円というように参加するブライダルフェアの数に応じて貰えます。

またハナユメはキャンペーンのエントリーがメチャクチャ楽です。

こういったキャンペーンってだいたい個人情報をたくさん入力してやっとエントリー出来ますが、ハナユメの場合は「名前」「メールアドレス」「電話番号」だけ入力したら完了です。

30秒ぐらいで終わるので他のサイトに比べるともの凄くシンプルで簡単です。これだけでキャンペーン特典が貰えるので参加しない選択肢はないですね。

どうせブライダルフェアに参加するなら貰っておきましょう。参加数も1式場だけでは全然決め方が分からないと思いますので、3式場ぐらいはフェア参加しておくと後悔しない式場決定が出来ます。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑥ 特典やお得感

◆みんなのウェディング

みんなのウェディング限定の特典というものは特にありません。前述したようにブライダルフェア予約で使うサイトではなく口コミを見るサイトですので。

しかし式場ページ内に特典ページはあります。しかしみんなのウェディング限定というわけではありませんので、他のサイトや式場ホームページから予約しても同じ特典が受けられます。

◆ハナユメ

特典や割引などのお得感に関してはハナユメの右に出るサイトはありません。圧倒的なお得感を持ったサイトです。

前述したようにハナユメは他には掲載されていない激安プランをハナユメ専用で作ることを掲載条件にしている為、どのサイトから予約するよりも安く結婚式を挙げることが出来ます。

有名式場や高いと噂の式場でもハナユメを通してブライダルフェアに参加するだけで、100万円以上の割引が入って安く結婚式が叶えられるので憧れの式場で祝儀内で結婚式が出来ちゃった!なんてこともザラにあります。

ハナユメ割を見て希望予算に合う式場のブライダルフェアに参加すると良いでしょう。

また、ハナユメ相談カウンターに行き希望予算を伝えれば、予算に合う式場を紹介してもらうことも出来ます。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑦ 式場の探しやすさ

◆みんなのウェディング

エリアから探す以外に、口コミランキングから探したりすることが出来ます。

口コミで探す場合も、「注目度」と「口コミ評価順」の2つがあります。

見るべきは口コミ評価順です。注目度は式場側が情報更新を頑張れば努力次第で上位に表示されることが可能です。

しかし口コミ評価順だけは、ガチの評価なので式場側でいじくることは出来ません。ブライダルフェアに参加したり参列したり、挙式を挙げた方々のリアルな評価で上から並んでいます。

これを見れば、希望しているエリアで口コミ評価が高い式場を簡単に探すことが出来ます。

◆ハナユメ

ハナユメは写真が多いことと、写真も大きい為式場の雰囲気をちゃんと確認することが出来ますし、写真をメインに探せるのでインスタ慣れしたカップルでも探しやすい仕様になっています。

エリアで絞って式場検索することももちろん可能ですが、写真のイメージから探したり出来るので「好きな雰囲気」がある式場を一発で検索できます。

この辺りも利便性の高さが伺えますね。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑧ 写真枚数

◆みんなのウェディング

最大枚数が150枚と決まっています。式場によっては最大100枚の式場もあります。これはみんなのウェディングに支払っている金額で変わります。

これ以外にみんなのウェディングは、ブライダルフェアに参加した方や参列した方、挙式した方が写真も投稿できる仕様になっているので口コミだけではなく写真もリアルな写真を見ることが出来ます。

広告用で撮影された写真ではなく、リアルな加工前の写真をブライダルフェア参加前に見ておくと、行ってみたらイメージが全然違った。ということにならないでしょう。

◆ハナユメ

掲載枚数は式場によりますが、かなり多くの写真が掲載されています。

チャペルや披露宴会場だけではなく、料理やガーデン・外観などなど項目ごとに分かれており見やすいです。項目数が多いので必然的に掲載枚数が多くなります。

裏側の話として、ほぼ全ての式場ではフォトギャラリーへの写真掲載をプランナーが行っています。その為、写真のアップロード作業が大変過ぎるとあまり写真が載っていないことがあります。

そんな中、全サイトの中でハナユメが一番写真アップ作業が楽です。面倒な加工をしたりせずにドラック&ドロップで写真をアップ出来るので、式場側が面倒で本当はある写真をアップしていないということもないでしょう。

メインとなる写真は間違いなく全て見ることが出来ます。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑨ 口コミ数

◆みんなのウェディング

口コミ掲載数は圧倒的にNO,1であり、独走状態です。

口コミを見るならみんなのウェディングと考えておけば問題ないでしょう。

式場側としてもみんなのウェディングに口コミを投稿してもらえるよう注力しています。

◆ハナユメ

口コミという項目はありませんが、同じ機能のアンケートというものがあります。

みんなのウェディング同様に

◆ブライダルフェアに参加したカップル

◆契約したカップル

◆ブライダルフェアに参加したけど契約しなかったカップル

◆挙式を行ったカップル

と様々なカップルが投稿しています。

項目がオブラートに包まず率直な意見が聞ける項目となっており、なぜ検討外にしたのか。なぜ契約したのか。という一番知りたい情報が見れるはハナユメ特有です。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑩ フェア内容やプラン内容

◆みんなのウェディング

フェアやプラン内容は他のサイト同様にのっていますが、みんなのウェディング限定の何かがあるわけではないのでゼクシィや式場ホームページと同じような内容が掲載されています。

◆ハナユメ

前述したようにハナユメを通すと安くなったり、キャンペーンがあったりとブライダルフェア予約に特化したサイトの為どの式場もハナユメに掲載するブライダルフェアには注力しています。

無料試食つきはもちろん、式場のメインとなるビックフェアばかりが掲載されています。

ハナユメ割とは別にフェアごとに特典がついていたりするので要チェックです。

口コミがみんなのウェディングならハナユメはフェアに特化したサイトといえます。

◆みんなのウェディングとハナユメの違い比較⑪ 相談カウンター

◆みんなのウェディング

銀座に一店舗のみであまり力を入れていません。注力していない分、カウンタースタッフの力量も高いわけではないのでカウンターとしては特出して使うべきメリットはありません。

他のカウンターを使いましょう。

◆ハナユメ

サイトからフェア予約してもハナユメ相談カウンターを通してフェア予約してもハナユメ割は適用されるので、どちらから予約してもOKです。

相談カウンターに行けばプロのアドバイザーが第三者目線で希望に合う式場を紹介してくれるので、どんな式場がいいか分からない。希望に合う式場を教えてほしい。という方は行っておくべきカウンターです。

丁寧に希望をヒアリングして、理想の結婚式を一緒に考えてくれるので何も決まっていない。何から始めたらいいか分からない。どんな結婚式がいいかもわからない。という方もまずはカウンターに行けば不安は解決できます。

更に詳しく相談カウンターについて知りたい方はこちらの記事でまとめておりますので参考にして下さい。知識なしで相談カウンターを選ぶと後悔しますので注意してくださいね。

ブライダル相談カウンターのデメリットと使ってはいけない理由
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!

みんなのウェディングのメリット・デメリット

◆みんなのウェディングのメリット

圧倒的な式場掲載数と口コミ数です。

リアルな意見が欲しい方はまず見ておくべきサイトなので、式場探しだけではなく複数式場で契約を迷っている状態でも参考になります。

◆みんなのウェディングのデメリット

ブライダルフェア予約をするにはあまりメリットはありません。

限定の特典やキャンペーンがあるわけではないので、口コミを見たり情報収集したらブライダルフェア予約は別のサイトからしましょう。

ハナユメのメリット・デメリット

◆ハナユメのメリット

ここまで読んで頂いたらお分かりだと思いますが、結婚式の費用を安く出来るということが一番のメリットです。

また、ブライダルフェア参加キャンペーンの特典が高額の為フェア予約するならMUSTで使うべきサイトです。

◆ハナユメのデメリット

掲載条件がどのサイトにも載っていない激安プランを作ることである以上、掲載するハードルが高く提携式場数では他のサイトに軍配が上がってしまう状況です。

その為、希望しているエリアに対応していなかったり、掲載式場がない場合があります。こればっかりはどうしようもないので諦めましょう。

また、結婚式の費用が抑えられると今や大人気のサイトなので相談カウンターの予約が取りづらくなっています。逆に言えばそれだけ価値のあるサービスということですが。

カップルで予定を合わせて早めに相談カウンターの予約を取りましょう。どうしても希望日程で予約が取れない場合はサイトから直接式場のフェア予約をすれば、自動的にハナユメ割が適用されるのでそれでも問題はないです。

結局どちらを使うべきか

みんなのウェディングとハナユメは使いどころが違うというのが結論です。

情報収集をするならみんなのウェディング。

ブライダルフェア予約をするならハナユメ。という使い方がベストな選択です。

手順としては

①ハナユメで気になる式場を探す

②気になった式場の口コミをみんなのウェディングで見る

③口コミを見たうえでブライダルフェアに参加する式場を決める

④ハナユメでブライダルフェア予約

という方法が両方のサイト特徴を活かした使い方となります。

後悔しない式場探しをする為には情報収集が欠かせない要素となりますので、数あるサイトをしっかり使いこなしましょう。

それぞれの公式サイトはこちら

Hanayume(ハナユメ)

みんなのウェディング

<合わせて読みたい式場探しに関する記事>

結婚式相談カウンター徹底比較!おすすめを10社から厳選
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターのおすすめは?】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。10社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
結婚式場比較サイトを目的別で使い分けて理想の結婚式を叶える方法
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
結婚式場の探し方!自分に合うところを無料で探す3つの方法
どんな式場が良いのか分からない!自分に合った式場が分からない!という悩みを解決する方法を書いております。 後悔しない結婚式をする為には、自分達に合った式場を見つけることが大前提となりますので、フェアに行く前に読みましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>