マイナビウエディングとハナユメの違い比較!業界人が勧めるのは?

マイナビウエディングとハナユメの違い比較

こんばんは。takeshi kadotaです。

大人気サイトの2サイトの比較を徹底的に行い、どちらを使うべきなのかを紹介しておこうと思います。プランナーとして客観的&プロ目線で比較していきますので、これからブライダルフェア予約や相談カウンターを使う方は是非参考にして下さい。

就職や転職でお世話になった方も多いマイナビが出しているマイナビウエディングと、今大人気で相談カウンターの予約がなかなか取りづらくなっているハナユメ。どちらをつかうべきなのでしょうか。

みんなのウェディングやゼクシィとハナユメの違い比較はこちらの記事でしています。合わせて参考にして下さい。

みんなのウェディングとハナユメの違いを比較!使うべきはどっち?
口コミサイトとして人気のみんなのウェディング、相談カウンターを含めて人気のハナユメ。それぞれの特徴や使うべきポイントはどんなところにあるのでしょうか。人気の理由を解明しながらどっちを使うべきなのかを徹底比較していきます。
ハナユメとゼクシィの違いを比較!プランナーが勧めるのはどっち?
人気サイトのハナユメとゼクシィの明確な違いを解説しながら11項目で比較しております。プランナーだからこそ語れる裏事情を含めながら本当に使うべきサイトはどちらなのか紹介致します。

結婚式サイト・相談カウンターのまとめ記事はこちら

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較① 掲載式場数

まずは情報量の比較です。同じウェディングサイトでも掲載している式場数が違います。式場側がどのサイトに掲載するのか判断しているので、式場によってマイナビウエディングには掲載しているけどハナユメには掲載していないというようなことが有り得ます。

また対応しているエリアに違いがあるので、あなたが結婚式を希望しているエリアはどちらのサイトが対応しているのか知っておきましょう。

ハナユメ

全国で約500式場を掲載しています。

主な対応エリアは関東・東海・関西・九州となっています。

都道府県で区切ると

東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬・愛知・岐阜・三重・静岡・大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山・福岡・佐賀・長崎

20エリアの式場を掲載しています。

相談カウンターがあるエリアは11エリアで、主要なところには複数のカウンターがあります。

東京、神奈川、愛知、静岡、岐阜、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、福岡

マイナビウエディング

全国で約1,200式場を掲載しています。

マイナビウェディングの対応エリアは全国18都道府県に対応しております。対応エリアは下記の通りとなります。

北海道・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・愛知・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・福岡

マイナビウエディングデスクがあるエリアは9エリアです。

東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、大阪、京都、兵庫

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較② 掲載情報

ハナユメ

掲載している情報は基本情報・写真・フェア情報・口コミ・ハナユメ割となります。

ハナユメ割とは、ハナユメ専用のプランになります。もう少し詳しく説明すると、前述したように式場はどのサイトに掲載するか決めておりハナユメ以外のサイトは特に条件はなく掲載費さえ支払えば掲載できます。

ただし、ハナユメだけは「他のサイトに掲載していない最安値プランを掲載すること」を掲載条件としています。その為、今までゼクシィやホームページに掲載していたプランよりもさらに安いプランをハナユメ専用で作る必要があります。

サイトを見ると分かりますが、通常価格から100万円~150万円程度の割引が入った激安プランがハナユメにはたくさん載っています。これがハナユメ割というものでハナユメ専用に式場が作ったお得なプランです。

実際に私の式場でもハナユメ専用の激安プランを作っており、ハナユメからフェア予約があったりハナユメ相談カウンターを通してフェア参加された新郎新婦様には通常料金から120万円程度割引して見積もりを作成しています。

結婚式を安く叶える為のプランを作ってくれているのは大きなメリットの1つです。

費用に不安があったり困っている方はハナユメサイトから気になる式場のページにいき「ハナユメ割」を見てみましょう。え?こんな金額で結婚式出来るの?とビックリすると思いますよ。

公式サイトはこちら

ハナユメ

マイナビウエディング

掲載している情報は基本情報・写真・パノラマ写真・動画・フェア情報・プラン情報・特典・先輩カップル情報となります。

特徴は2つで、写真の充実度と先輩カップル情報です。

マイナビウエディングは他のサイトと比較して圧倒的に掲載写真枚数が多いです。

大半のサイトが1式場につき100枚程度の写真掲載をしていますが、マイナビウエディングは載せられる写真の枚数にほぼ制限がないので多い式場は500枚以上載せているところもあります。

またフォトギャラリーに動画があったり、360度パノラマ写真があったりと非常に充実しているのでネット上だけで式場のことをしっかりとイメージできるのが大きな特徴です。

さらに先輩カップル情報はマイナビのスタッフさんが実際の新郎新婦様にインタビューして作っていたりするので非常に質が高く、「この式場で結婚式をしたらどうなるのか」という情報を得ることが出来ます。

口コミなどとはまた違った角度から式場のことを知ることが出来ます。

公式サイトはこちら

マイナビウエディング

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較③ 海外ウェディング

ハナユメ

ハワイ・グアム・バリ・サイパン・オーストラリアの式場が掲載されています。

掲載式場数は全部で41式場となっております。

海外式場のハナユメ割に関しては掲載されている式場とそうでない式場があります。サイトでは見られなくても相談カウンターに行けば、海外ウェディングもハナユメ割があるので安く挙げることが出来ます。

マイナビウエディング

ハワイ・グアム・バリ(アジア)・サイパン・モルディブ・タヒチ・ヨーロッパ・カリブ(アメリカ)・オセアニアの式場が掲載されています。

掲載式場数は全部で281式場となっております。

マイナビウエディングの場合は海外ウェディングの手配会社を紹介しています。

ワタベウェディングやHIS、JTBなど海外ウェディングを扱っている手配会社の店舗来店予約がサイトから取れます。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較④ 国内リゾート

ハナユメ

北海道・軽井沢・八ヶ岳・沖縄の4エリアに対応しており、掲載式場数は18式場となっています。

こちらも海外ウェディング同様にサイトにハナユメ割が掲載されてなくても相談カウンターを通せば、国内リゾートウェディングを安く挙げることが出来ます。

ハナユメ割は国内・海外問わず大きな割引が入るので、いくらぐらいで結婚式が出来るのか確認したい方はハナユメ相談カウンターで希望を伝えてハナユメ割を紹介してもらいましょう。

マイナビウエディング

北海道・軽井沢・八ヶ岳・伊豆葉山・那須日光・箱根・沖縄の式場が掲載されています。

式場掲載数は60式場となっています。

式場によっては東京などのメインエリアでブライダルフェアを行っているので現地に行かなくても式場の情報を得ることが出来ます。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑤ キャンペーン

キャンペーンとはブライダルフェア予約をうちのサイトからしてくれたら○○円プレゼント!というようなもので、行っているサイトとそうではないサイトがあります。

キャンペーンがあるサイトでも貰える金額が違うのでそれぞれ紹介していきます。

ちなみになぜキャンペーンを行っているかというと、式場側は掲載費を払っている以上ちゃんと集客出来ているかどうかをサイトごとに判断しています。

サイトの営業マンが「今月はうちのサイトから○○組ブライダルフェア予約がありましたよ」という報告を式場にしているんです。

その為、「すみません今月はうちのサイトからブライダルフェア予約がありませんでした」となれば掲載をやめられてしまう可能性がありますので、サイト側はなんとか自分のサイトからブライダルフェア予約して欲しいんです。

その為に「うちのサイトからブライダルフェア予約したら特典があるよ!」というキャンペーンを行っているというのが裏事情です。

新郎新婦様からしたらどうせブライダルフェアに参加するなら貰える特典は貰わない手はありませんので、キャンペーン特典が多いサイトからブライダルフェア予約するべきということです。

ハナユメ

ハナユメは数あるウェディングサイトの中でも一番キャンペーン金額が高いサイトです。

その内容はシーズンによって変わることもありますが、ハナユメから3式場のブライダルフェアを予約・参加したら4万円プレゼント!という内容になります。

シーズンによっては4万円ではなくそれ以上になることもあります。大型連休の前にキャンペーン金額が増える傾向があります。最低4万円貰えるという認識をしてもらえればOKです。

3式場回らない場合でも、1式場だけなら1万5千円。2式場なら2万円というように参加するブライダルフェアの数に応じて貰えます。

またハナユメはキャンペーンのエントリーがメチャクチャ楽です。

こういったキャンペーンってだいたい個人情報をたくさん入力してやっとエントリー出来ますが、ハナユメの場合は「名前」「メールアドレス」「電話番号」だけ入力したら完了です。

30秒ぐらいで終わるので他のサイトに比べるともの凄くシンプルで簡単です。これだけでキャンペーン特典が貰えるので参加しない選択肢はないですね。

どうせブライダルフェアに参加するなら貰っておきましょう。

公式サイトはこちら

ハナユメ

マイナビウエディング

マイナビウエディングもハナユメと常に1位2位を争っている程キャンペーン額が高いサイトです。

常時35,000円~40,000円のキャンペーン額がありハナユメ同様に1式場行ったら15,000円、2式場で25,000円というように増えていき3式場行けば最大額貰えるキャンペーンです。

ハナユメもマイナビウエディングも抽選はなくもれなく貰えます。

キャンペーン額はタイミングによってどちらのサイトが高いかは変わるので、ブライダルフェア予約するタイミングで調べてみましょう。

公式サイトはこちら

マイナビウエディング

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑥ 特典やお得感

結婚式の費用は予約するサイトによって変わることがありますので、それぞれの限定特典や専用割引を紹介していきます。

ハナユメ

圧倒的な特典や割引の多さを誇っているのがハナユメです。

前述したようにハナユメは他には掲載されていない激安プランをハナユメ専用で作ることを掲載条件にしている為、どのサイトから予約するよりも安く結婚式を挙げることが出来ます。

有名式場や高いと噂の式場でもハナユメを通してブライダルフェアに参加するだけで、100万円以上の割引が入って安く結婚式が叶えられるので嬉しいポイントですね。

ハナユメ割を見て希望予算に合う式場のブライダルフェアに参加すると良いでしょう。

また、ハナユメ相談カウンターに行き予算を伝えれば、希望に合う式場を紹介してもらうことも可能です。

マイナビウエディング

割引が専用でついているわけではありませんが「直前オトクプラン」というものがあり、挙式の3か月前予約であれば通常よりも安く結婚式を挙げられます。

ハナユメ割ほどではありませんが、プランによっては50万円以上安くなるので費用を抑えたい方はハナユメに気になる式場が無ければマイナビもチェックしてみましょう。

3か月で準備できるの?と不安になる方も多いと思いますので準備期間に関する記事を参考に紹介しておきます。

結婚式は半年前の予約が良いは嘘!3か月前がベストな理由とは
結婚式は式場の予約をするタイミングによって金額が大幅に変わることをご存知でしょうか。半年前か3か月前かによって100万円以上変わりますので、プランナーとして予約のベストタイミングとお得に結婚式を叶える方法を公開致します。
ブライダルフェアはいつから行くべきかプランナーが解説
ブライダルフェアは参加するタイミングによって金額が変わります。空き状況や費用を考えるとベストなタイミングはいつなのでしょうか。1年前ぐらいかなー。となんとなくの噂や周りの意見で参加すると後悔します。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑦ 式場の探しやすさ

ハナユメ

これは個人的な意見もありますし、それぞれのサイトの評判を見ていて思いますがハナユメの方が使いやすいという意見が多いです。

実は昨年ぐらいにハナユメはサイトをリニューアルしています。そこから圧倒的に使いやすくなりました。

文章よりも写真を多く使うようなサイトになったのでインスタ慣れした方々は特に使いやすいでしょう。

エリアで絞って式場検索することももちろん可能ですが、写真のイメージから探したり出来るので「好きな雰囲気」がある式場を一発で検索できます。

この辺りも利便性の高さが伺えますね。

マイナビウエディング

式場の詳細ページに行けばフォトギャラリーが充実しているのですが検索画面など式場紹介ページにたどり着くまでは文章がメインなので少し見づらいです。

特出してマイナビウエディングがサイトの利便性でハナユメを上回っているポイントはありません。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑧ 写真枚数

サイトによって掲載できる写真の枚数が決まっています。たくさんの写真を見て判断したいと思いますので重要なポイントとなります。

裏事情をお話しすると、式場側が写真をアップする作業の楽さもサイトによって違いますので作業が大変なサイトは式場側が面倒であまり掲載していないケースもあります。

ハナユメ

掲載枚数は式場によりますが、かなり多くの写真が掲載されています。

チャペルや披露宴会場だけではなく、料理やガーデン・外観などなど項目ごとに分かれており見やすいです。項目数が多いので必然的に掲載枚数が多くなります。

裏側の話として全サイトの中でハナユメが一番写真アップ作業が楽です。面倒な加工をしたりせずにドラック&ドロップで写真をアップ出来るので、式場側が面倒で本当はある写真をアップしていないということもないでしょう。

メインとなる写真は間違いなく全て見ることが出来ます。

マイナビウエディング

前述したように写真の充実度はマイナビウエディングの右に出るサイトはありません。ハナユメが少ないわけではなくマイナビウエディングが多いという状態です。

特に360度パノラマ写真は非常に式場のイメージが掴みやすく、平面の写真では分かりづらい規模感や立体感までリアルに見ることが出来ます。

平面の写真だといくらでも加工できてしまうのですが360度だとキレイに加工することはほぼ不可能なので加工前のリアルな雰囲気が見れるのも大きなポイントです。

式場の雰囲気を掴みたいならマイナビウエディングが優秀です。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑨ 口コミ数

ハナユメ

口コミではなくアンケートという項目があります。見ればわかりますが、呼び方が違うだけで口コミです。

◆ブライダルフェアに参加したカップル

◆契約したカップル

◆ブライダルフェアに参加したけど契約しなかったカップル

◆挙式を行ったカップル

が感想をリアルに書いてます。この式場で決めた理由や検討から外した理由など、カップルが知りたい情報がアンケート項目になっているので参考になります。

その式場で決めたカップルが何を決め手としたのかというのも、円グラフで出ているので式場の強みが分かりやすいのもポイントです。

マイナビウエディング

マイナビウエディングは口コミがありません。その分先輩カップル情報が掲載されています。

「なぜこの式場を選んだのか」「実際に式をしてみてどうだったか」「何にこだわったのか」など先輩カップルのリアルな情報を見ることが出来るので、口コミとはまた違った角度で式場の情報を得ることが出来ます。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑩ フェア内容やプラン内容

ハナユメ

前述したようにハナユメを通すと安くなったり、キャンペーンがあったりとブライダルフェア予約に特化したサイトの為どの式場もハナユメに掲載するブライダルフェアには注力しています。

無料試食つきはもちろん、式場のメインとなるビックフェアばかりが掲載されています。

ハナユメ割とは別にフェアごとに特典がついていたりするので要チェックです。

マイナビウエディング

ブライダルフェアやプランについては特に他のサイトと変わりません。同じ情報が掲載されています。マイナビウエディング限定で何かあるわけではありません。

・ハナユメとマイナビウエディングの違い比較⑪ 相談カウンターのサービス

ハナユメ相談カウンター

希望をヒアリングしてくれてあなたに合った式場を紹介してくれるという点は他の相談カウンターと同じです。

ただ、ハナユメ専用の割引プラン「ハナユメ割」が使えるのは非常に大きなメリットです。

この式場なら通常350万円だけどハナユメ割を使えば250万円で結婚式が出来ます。というように費用面も含めてお得に紹介してくれるので、結婚式費用で不安があるカップルはハナユメ相談カウンターに行くと不安が解消されるかもしれません。

ハナユメ相談カウンターの公式サイトはこちら

ハナユメ相談カウンター

マイナビウエディングデスク

マイナビウエディングデスクは他のカウンター同様で特に変わった点はありません。マイナビウエディングのサイトを見ながら気になる式場をアドバイザーさんと探していくサービスとなります。

他の相談カウンターの紹介はこちらです。

ゼクシィ相談カウンターのデメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!

・ハナユメのメリット・デメリット

ハナユメのメリット

ここまで読んで頂いたらお分かりだと思いますが、結婚式の費用を安く出来るということが一番のメリットです。

ハナユメ以外のサイトや相談カウンターからブライダルフェア予約した場合とハナユメから予約した場合では、100万円~150万円も割引額が変わります。

また、ブライダルフェア参加キャンペーンの特典が高額の為ブライダルフェア予約するならMUSTで使うべきサイトです。

ハナユメのデメリット

希望しているエリアに対応していなかったり、掲載式場がない場合があります。こればっかりはどうしようもないので諦めましょう。

また、結婚式の費用が抑えられると今や大人気のサイトなので相談カウンターの予約が取りづらくなっています。逆に言えばそれだけ価値のあるサービスということですが。

カップルで予定を合わせて早めに相談カウンターの予約を取りましょう。どうしても希望日程で予約が取れない場合はサイトから直接式場のフェア予約をすれば、自動的にハナユメ割が適用されるのでそれでも問題はないです。

ハナユメの評判やハナユメ割りのデメリットに関する記事はこちら

ハナユメ割のデメリットは?なぜ安いのかプランナーが解説
ハナユメ割はなぜ安いの?本当にデメリットはないの?そんな疑問をウェディングプランナーだからこそ知っている情報を含めながら解説します。特徴やデメリットを理解したうえでハナユメを利用しましょう。
ハナユメは最悪?裏側を知るプランナーが真相を解説
ハナユメの評判は?最悪なの?実際どうなの?ウェディングプランナーだからこそ知っているハナユメの真相や裏側を徹底解説!どのサイトや相談カウンターを使うのがベストなのか判断する為に知っておくべきハナユメの全てを紹介します。

・マイナビウエディングのメリット・デメリット

マイナビウエディングのメリット

写真の充実度がマイナビウエディング一番の売りです。その為、気になる式場を探したり複数の式場から候補を絞っていく際に有効なサイトです。

ブライダルフェアに何十件も行くのは現実的ではありませんから、3式場程度に絞る必要があります。

その際に写真をたくさん見て式場見学せずにイメージを固めることが出来ます。

マイナビウエディングのデメリット

式場掲載数ではゼクシィに負けており、ブライダルフェア予約のお得さではハナユメに負けている状況で特に大きなメリットを出せていません。

大きなデメリットがあるわけではないものの特出したメリットもないという中途半端なサイトになってしまっています。

ただしブライダルフェア予約時のキャンペーン額は高いので、ハナユメをまずは見てみて気になる式場がもしなければマイナビウエディングからフェア予約するといいでしょう。

・結局どちらをつかうべきか

様々な観点から比較してきましたが、結論としては第一優先ハナユメ・次にマイナビウエディングの順番で使うべきです。

結婚式費用のお得さやブライダルフェアキャンペーンの充実度からブライダルフェア予約でハナユメに勝てるサイトはありません。

しかしハナユメは対応エリアが少ない為にあなたのエリアで掲載している式場がない可能性もあります。

その場合はマイナビウエディングからブライダルフェア予約をすることでキャンペーン額の35,000円~40,000円をゲット出来ます。

まずはハナユメ、式場が無ければマイナビウエディングという使い方がベストです。

◆ハナユメの最新キャンペーン情報

当サイト×ハナユメさんコラボキャンペーン金額が50,000円(通常+1万円)になっています!

期間限定なのでこの機会にブライダルフェアに参加しておくことをおすすめします!

エントリー期間:2019年4月8日~2019年6月2日まで

式場見学期間:~2019年6月16日まで

公式サイトはこちら

ハナユメ

マイナビウエディング

<合わせて読みたいウェディングサイトに関する記事>

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ウェディングサイト徹底比較!使わないと損をするサイトとは
【プランナーが裏側を語る!】数々あるウェディングのサイトの使い方とお勧めサイトの紹介。見るべきサイトと予約するべきサイトは別にしないと損をしますよ!お得に式場探しが出来る方法と手順をご紹介いたします。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!5社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
結婚式場の探し方!自分に合うところを無料で探す3つの方法
どんな式場が良いのか分からない!自分に合った式場が分からない!という悩みを解決する方法を書いております。 後悔しない結婚式をする為には、自分達に合った式場を見つけることが大前提となりますので、フェアに行く前に読みましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>