つまらない結婚式にならない3つの方法を現役プランナーが語る

つまらない結婚式にならない3つの方法を現役プランナーが語る

こんばんは。

takeshi kadotaです。

結婚式の準備をあれこれ考えている中で、ご自宅でこんな会話してませんか?

  1. ねぇねぇゲスト楽しんでくれるかな。
  2. ね。大丈夫かね。
  3. つまらない結婚式だったって言われないかな。
  4. ・・・不安よな。

こんな不安を感じているカップルは多いのではないでしょうか?

今日はたくさんの結婚式を提案してきたプランナーとして

ゲストが楽しめる結婚式を叶える秘訣をお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ゲストがつまらないと感じる演出

まずはゲストがつまらないと感じることを理解していきましょう。

実はほぼ全員がやっている演出がゲストを退屈にしているのはご存知でしょうか。

1位・・・ファーストバイト(ケーキを食べさせ合う演出ですね)

2位・・・キャンドルサービス

3位・・・ブーケトス

4位・・・花嫁の手紙

5位・・・生い立ちDVD

TOP5を紹介しましたが、いかがでしょうか。やるつもりだったものばかりではないですか?

いや、やっていいと思います。全然。

ただいつもと一緒の結婚式をやったところでゲストは満足してくれない。ということです。

2、ゲストがつまらないと感じる瞬間

1位・・・おもてなしされている感じではない

2位・・・身内だけが盛り上がっている

3位・・・ゲストに知り合いがいない

4位・・・そもそもそんなに新郎新婦と仲良くない

5位・・・料理を筆頭にケチった感じがある

6位・・・雰囲気が堅苦しい

なぜ呼ばれた?本当に感謝を示すつもりがあるのか?

という印象を与えてしまうとやはり満足してもらえないことが分かります。

3、つまらない結婚式にならない方法

ゲストがつまらないと感じる結婚式の特徴をまとめると

・自己満足の結婚式

・よくある結婚式

ということになります。

これが分かれば、あとは逆の発想でゲストが楽しめる一日を創っていけばいいだけです。

プランナーとして約3,000組見てきた中でも

ゲスト満足度の高かった演出などを3つ抜粋しておりますので是非参考にして下さい。

①写真をテーマに結婚式

結婚式に参加したら皆さんたくさん写真を撮るでしょう。

それを演出として、どこに行ってもゲストが退屈しない一日を演出しましょう。

新郎新婦と写真撮りたい!

だけではなくゲスト同士も写真をたくさん撮れるような空間造りを意識しましょう。

例えば


待合室から使い捨てのカメラを用意して、ゲストが自由にそのカメラで写真を撮れるように準備します。

オシャレな写真が撮れるように、フォトプロップスやフォトフレームを用意しておきます。

フォトプロップスは100円均一でも売ってます。

フォトフレームはネットで探せばオリジナルのものを5,000円ぐらいで作れます。

披露宴からではなく待合から楽しめる演出です。

ちなみにこのカメラを後で回収すれば、自分たちが準備している間に

ゲストがどんな風に過ごしていたのかが写真で見られますよ。


皆さん披露宴に頭が行き過ぎで、待合をただの待合で使っているんですよね。

これがとてももったいない。

ゲストが一番最初に入る空間になりますから、楽しめる空間にしてあげましょう。

披露宴会場内にフォトスペースを作ってあげても楽しめます。

料理を食べて演出を見ている。という時間以外にも楽しめるよう

ゲストが立ち歩けるきっかけを作ると動きのある披露宴になります。

②ドレスコードを決めて一体感を演出

堅苦しい披露宴ではなくアットホームにラフに結婚式がしたい!という方にオススメなのが

「ドレスコード」

ゲストに決まった色味のものを身に着けて参加してもらいます。もちろん新郎新婦も。

ベストコーディネートコンテストを開催して、一番素敵にドレスコードをしていたゲストには

景品を用意しても盛り上がりますよ!

景品を準備する時には3つぐらい用意すると盛り上がります。どんな方を選んでも喜んでもらえる物がいいですね。

こだわりたい方は、招待状と一緒にTシャツを送付してそのTシャツをテーマにコーディネートして来てもらう。というのもオシャレゲストが多いと盛り上がります。

③サプライズだらけの結婚式

こちらは今まで私が見てきたサプライズを選抜して箇条書きで紹介していきます。

気になるものがあれば参考にして下さい。

もっと詳しく知りたい!それどうやってやったの?と気になる演出があればお気軽にコメント下さい。準備からお伝えしますよ。


・お色直しで新郎or新婦が髪を切って登場!

・シェフの格好をして新郎が再入場!メインディッシュの仕上げまで担当!

・ビックバルーンから登場!

・入場口ではなくテラスやガーデンからサプライズ入場!

・オープンカーや馬に乗って登場!

・配ったケーキにドルチェが入っていて、当たった方に景品プレゼント!

・ウォールレター(待合の壁に全員分の封筒があり、手紙が入っている)

・一斉に火がつくキャンドルサービス

・席札がキャンドルになっており、それぞれへのメッセージが浮かんでくる

・オペラを呼ぶ

・有名芸能人からのメッセージDVD

・シェフからのフランベ演出

・ゲストの誕生日を祝ってあげる

・両親の結婚記念日が近くて祝ってあげる


4、これから式場契約するなら方法は簡単

これから式場と契約するという方であれば「つまらない結婚式」にならない方法は簡単です。方法は2つあります。

①提案を集めまくる

沢山の式場のフェアに参加してたくさんの提案を貰いましょう。その中から楽しそうな提案だけを集約させてそれが叶う式場で決定すればいいんです。自分で考えるのは限界がありますが沢山の結婚式を見ているプランナーは提案をいくらでも持っています。

3軒ぐらい式場を周って提案を貰えば、披露宴でゲストを暇させない演出がたくさん集まります。厳選した2つぐらいをチョイスして進行に組み込みましょう。

プランナーへの聞き方としては

「ゲスト参加型で全員で楽しめる演出ありますか?」

「今までにない演出がしたいです」

というような聞き方がオススメです。プランナーの提案力も判断できますし、この聞き方であればイメージに合う演出や進行を提案してもらえる可能性が高いです。

1つ注意点として、式場のフェア予約をする場合は必ずハナユメからして下さい。

理由はハナユメから予約するだけで100万円以上割引が入る可能性が非常に高いからです。

ゼクシィを筆頭にたくさんのサイトがありますが、全てのサイトは式場を比較する為だけの情報サイトです。ただ、ハナユメはそうではなく掲載している式場は全て「ハナユメ割」というハナユメ限定の激安プランを作っています。

これによって通常価格よりも100万円以上安くなっている式場がゴロゴロあるので、ゼクシィから予約したら400万円の結婚式場がハナユメから予約するだけで250万円になる。というようなことがあります。

ローラや斉藤工さんを使ったCMで話題になり安く結婚式が出来るからと今や大人気のハナユメだからこそ出来る強気な提携条件ですよね。それでも式場側はハナユメに掲載したいわけですから人気度がうかがえます。

公式サイトはこちら

ハナユメ

②オリジナルウェディングにする

今までにない結婚式をする!ということを突き詰めるとオリジナルウェディングにたどり着きます。

誰とも被らない自分達にしか出来ない1から作るオリジナルウェディングということです。

ただ、オリジナルウェディングは相当な知識がなければ出来ませんしカメラマンなど結婚式で必要なスタッフやアイテムを手配できる状況でなければいけません。

基本的にはそんなつながりはないと思うのですが、安心して下さい。オリジナルウェディングを叶えてくれる専用のサービスがあります。

gensen weddingという相談カウンターを使いましょう。

東京にしかカウンターがありませんが、都内でオリジナルウェディングを叶えたい方は必須で相談に行くべきカウンターです。

通常、オリジナルウェディングは式場に頼む結婚式よりも手間もアイテム費もかかるので高額になります。

結婚式場に頼んだ場合は「人数×5万円」が相場ですが、オリジナルウェディングの相場は「人数×7万円」です。

しかしgensen weddingなら紹介してくれた式場の最低価格で結婚式を挙げることが出来ます。

提案力がもの凄く高い元プランナーのアドバイザーがあなたの希望を聞き、それに合わせて提案をしながら式場を探せる流れになっており、写真を見ながら好きな雰囲気の式場を紹介する他のカウンターとは提案の深みやクオリティーが違います。

こんな式場有りますよー!ではなく、どんな結婚式がしたいですか?だったらここなら全て叶いますよ。という紹介をしてくれます。

プロの提案力によって1つも決まっていなかった結婚式が形となっていく流れは、聞いているだけでもワクワクします。

もちろん無料で提案してくれるので、まずは気軽に提案を聞きに行ってみると結婚式の世界が一気に広がりますよ。

gensen weddingに関する記事はこちら

gensen weddingの評判をプランナーが解説
数ある結婚式相談カウンターでも他とは一味違った特徴やサービスクオリティを持つgensen wedding。評判や口コミ、メリット・デメリットをプランナー目線で解説いたします。

公式サイトはこちら

gensen wedding

5、まとめ

いかがでしょうか。せっかくやる結婚式だからこそゲストが楽しめる一日になるよう

工夫して「今までにない結婚式」や「退屈しない結婚式」を創っていきましょう。

アイデアが欲しい!という方はコメントへどうぞ。ご希望に合わせて、ご提案させて頂きます。

ゲスト満足度をもっと上げたい!という方はこちらも参考にして下さい。

結婚式の演出でゲスト満足度が高い20個をプランナーが厳選しました
進行や演出でゲスト満足度を上げる、式場選びからゲスト満足度を意識して選ぶなど、おもてなしを重視しているカップルの参考になる方法を現役プランナーが紹介!自己満足にならない結婚式を叶えたい方は参考にして下さい。

<合わせて読みたい関連記事>

披露宴の演出はいくついれるべき?正しい数をプランナーが解説
披露宴といえば演出を考えますよね?その時点で後悔する結婚式の第一歩を踏み出している可能性が高いです! 間延びしないように演出を入れよう。どんな演出でゲストを楽しませようか。憧れの演出を全部やりたい!そんな考えの花嫁さんは要注意ですよ。
席次表のプロフィールに書くと盛り上がる!面白い質問項目20選
【プランナーお勧めの席次表作成例】持ち込みの王道である席次表はゲストが楽しめるアイテムに仕上げましょう!受付で配るからこそゲストの会話が弾む質問内容を記載して退屈させない結婚式を叶えて下さい。ただ席順だけ記載したらもったいないですよ?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>