ヒマリなら自己負担額なしで結婚式が出来るって本当?

ヒマリなら自己負担額なしで結婚式が出来るって本当?

こんにちは。takeshi kadotaです。

 

人生の一大イベントの一つといえば、結婚式。

あまりお金の事は考えたくないですが、やはり現実的な問題として、新しい生活のためにもお金が必要ですよね。

 

結婚式って、なんだかんだお金がかかるイメージが強い!という方も多いでしょう。

嬉しい結婚が決まってハッピーな気持ちだけれど、二人のお金だけで上手く結婚式ができるのかな?これからの生活のためにお金が残るのかな?と不安になる方も少なくないでしょう。

 

そんな時の強い味方になってくれるサービスが「ヒマリ」です。

ヒマリなら自己負担額なしで結婚式が叶うと噂になっておりますが果たして本当なのでしょうか。

 

ウェディングプランナーとして検証しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、結婚式の自己負担額相場

結婚式を挙げる場合、結婚式費用の支払いに、ご祝儀などを充てる方がほとんどです。

結婚式にかかった費用全体からご祝儀を差し引いた額を、結婚式の自己負担額ということができます。

つまり二人が実際に支払う金額、持ち出し費用とも呼ばれることのある費用になります。

 

では、気になる結婚式の自己負担額の相場は、いったいどれくらいなのでしょうか?その内訳は、どのようなものなのでしょうか?

 

調査によると、結婚式、披露宴やパーティーを含めた全体の全国平均費用の総額は、約315万円、招待人数の平均は約70人となっています。

これは、あくまでも総額で、自己負担額の金額の相場は約117万円となっています。

見積金額からは、一般的に平均して84万円ほど高くなっていくのが現状です。

 

招待人数によっても、もちろん結婚式にかかる金額は異なります。

30名までのコンパクトな結婚式であれば100万円程度、60人から80人の中規模な結婚式であれば、360万円ほど。

100人から120人のやや大きめの結婚式になれば、約460万円かかります。

 

平均で約315万円と聞くと、何にそんなにお金がかかるの?そんなにお金ないかも…と感じる方も多いと思います。

挙式料そのものは、一般的に5万円から25万円程度。

これは、挙式を行うためだけにかかる費用のことです。

 

挙式中に、生演奏やフラワーシャワーなどを行う場合は追加のオプション料金がかかることがあります。

そして結婚式でこだわる方が多く、コストに大きな影響を与えるのが、料理です。

 

ゲスト一人当たり、約1万円から2万円のコースが相場でしょう。

デザートを付けたり、お子様プレートなどをつけることで、さらに追加の費用がかかります。

またドリンクや衣装代、花、ブーケ、会場の使用料、ケーキ、司会者、ヘアメイク、着付け、撮影、引き出物など、料金の内訳はかなり幅広いことがわかります。

 

しかし、結婚式の費用を全部自分たちで負担する必要はありません。

その大きな理由の一つは、ゲストからいただくご祝儀。

招待する人数から、ご祝儀がどれくらい入ってくるかを予想し、結婚式の費用全体から引いたものが、自分たちの自己負担額となります。

また、親や親族から援助を頂けるというケースも少なくないため、自己負担額の計算の目処としましょう。

 

ご祝儀の相場は、兄弟や姉妹、いとこなどの親戚であれば、約5万円から10万円、上司であれば3万円から5万円、友人で3万円が相場となっています。

全体の費用から、これらの一般的なご祝儀相場を引き、大まかな自己負担額を計算することができます。

ゲストとの関係性によって、ご祝儀の相場は異なりますが、自己負担額をシミュレーションするのに役立つと言えるでしょう。

 

2、ヒマリの自己負担額

結婚式の費用の見積もりがとってもオープンで、自己負担額まで自動で計算してくれる嬉しいサービスを持つ結婚式サイトが、ヒマリです。

お得なプランを検索したり、会場の仮予約までできてしまうと話題ですが、ヒマリを使って、結婚式のプランを検索すれば、どんな風に自己負担額を予想することができるのでしょうか?

 

その秘密は、会場やプランを検索する際の絞り込み機能にあります。

ヒマリを使って結婚式プランを検索する際に選べる絞り込みのオプションは、全部で5つ。

挙式日、エリア、挙式タイプを、まずは選ぶことができます。

それらに加え、自己負担額と大きな影響があるのが、自己負担額の設定と最大ゲスト人数の設定です。

自己負担額の設定項目には、税込0円、税込49万円まで、税込99万円まで、指定なしの4種類があります。

 

最大ゲスト人数は、最小10人から、そして最大100人超えを選択することができます。

結婚式全体にかかるトータル費用から会場やサービスを探すということは、他のウェブサイトでも行えますが、ご祝儀の金額まで予想し、自己負担額から検索ことすることができるのはヒマリだけ。

 

自分たちが実際にいくら払う必要があるのか?という金額のイメージを持ちながらプランを立てることができるので、堅実な方にはもってこいです。

 

サイト上で、挙式日の空き日程を見ながら、そして自己負担額を確実に知りながら、プランを組んでいくことができるでしょう。

また、プランをカスタマイズするという詳細ページに行けば、ゲスト人数と挙式日の日程、そして追加のオプションを追加したり、修正することができます。

プランの内容を変更しても、常に自己負担額と総額が表示されているので、安心です。

 

オプションの内訳なども詳細に見ることができ、自己負担額と実際にかかる金額のギャップを減らすことができるでしょう。

想定ご祝儀額は、ゲストの人数×3万円が相場となっています。

 

<ヒマリ関連記事>

ヒマリ(HIMARI)のメリット・デメリット・注意点をプランナーが解説
【ヒマリの注意点2つとは?】結婚式が自己負担額0円で叶う日程を仮予約できる!と大人気のヒマリですが利用する際には注意点があります!デメリットも理解したうえで利用しましょう。
結婚式予約サイト「ヒマリ」の評判・口コミをプランナーが紹介
【ヒマリなら見積もりも空き日程も丸わかり!】結婚式の日程をネットで予約できる画期的なサービスがオープン!ヒマリで出来ることや評判をウェディングプランナーが徹底解説!!

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

※ヒマリはハナユメの中にあります

 

3、ヒマリは自己負担額なしで結婚式ができる?

ヒマリを使えば、自己負担額なしで結婚式を行うプランを組むことができます。

結婚式と言うと、とにかくお金がかかるイメージですが、ヒマリの見積もりシミュレーションを使ってプランを確実に組んでいけば、最終的に費用がはね上がってしまうという心配もなく、自己負担額ゼロで結婚式を挙げることも可能です。

 

通常、見積もりをした段階からは80万円以上、料金が最終的に跳ね上がってしまうのが相場ですが、ヒマリの見積もりシミュレーションを使えば、最終見積もりに近い総額と、いくらが自己負担額となるのか?がはっきり分かります。

 

最初に提示された見積もりは、予算以内でも最終的に費用が上がってしまうということを避けられるので、安心ですね。

オンライン上でオプションの追加料金なども、全て表示できます。

オプションを追加した後で自己負担額から検索することもできるので、予算に合わせたウェディングプランを立てられるでしょう。

 

また、ヒマリを使って、想定自己負担額がゼロ円になっている場合、実際にはさらにご祝儀をいただけるケースが多いでしょう。

自己負担額を考える時には、通常ご祝儀だけではなく、親や家族からの援助額も考慮に入れることが必要だからです。

さらに、招待ゲストの中に親戚が多いと、ご祝儀額が一般的に上がる可能性が高いといえます。

 

ご祝儀の総額と、親や家族からの援助を総額から差し引くと、結婚式の費用は、自己負担額ゼロでも行えます。

項目ごとにどのような費用がかかるのか、きちんと設定されているので、後で追加料金が取られるという心配

もありません。

 

ヒマリは、結婚式の費用をとにかく節約したいという方、式場探しに沢山の時間をかけたくないという方にぴったりのサービス。

 

自己負担額を意識しながら、結婚式のプランが立てられるので、結婚式よりも新生活にお金を使いたい、予算をオーバーしたくないという方にはピッタリと言えます。

 

ネット上で見積もりがチェックできたり、結婚式場の仮予約、また自己負担額からの検索ができるのはヒマリだけ。

 

特徴的で画期的なサービスを取り入れた業界初のウェブサイト、ヒマリ。利用者の満足度も非常に高く、チェックしておきたいサイトのひとつと言えます。

ただし、人気ゆえに現状ヒマリには空き枠がない状態で仮予約が出来なくなっています。そのため、ヒマリの運営企業であるハナユメ相談カウンターを利用することをお勧めいたします。

 

ハナユメなら仮予約は出来ないものの、他サイトを圧倒する割引額が特徴で最大100万円以上を割引してもらえる可能性があります。

実際に私の式場では通常より120万円のハナユメ専用割引があります。

 

ブライダルフェア予約ならハナユメを利用しましょう!

 

◆ハナユメの最新キャンペーン情報

 

当サイト×ハナユメさんコラボキャンペーン金額が31,000円(通常+5千円)になっています!

期間限定なのでこの機会にブライダルフェアに参加しておくことをおすすめします!

 

エントリー期間:2020年8月28日~2020年9月30日まで

式場見学期間:~2020年10月18日まで

商品券受け取り時期:2021年1月

 

ハナユメなら相談カウンターと同様のサービス内容をオンラインでも受けられます。コロナウイルスの影響で外出を控えたい時期だからこそ、自宅にいながらプロに相談できるのは非常にありがいたいですね。

しかもオンラインなら当日予約OKで最短30分後の対応も可能になっているので、思い立ったその日に気軽に相談できます。

 

予約も24時間対応で相談可能な日程もすぐに分かるので便利ですし、ビデオチャットなのでアドバイザーと対面で話が出来ます。

 

もちろん式場紹介や予算の相談、見学予約代行などなど相談カウンターで行えるサービス内容と変わりませんから安心です。

この機会にオンラインハナユメ相談カウンターで気になる事を全て解消しておきましょう。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

<合わせて読まれている記事>

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが9社比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
結婚式場の空き状況の調べ方!空き日程は嘘だった!
現役プランナーが式場の空き状況についてぶっちゃけます。嘘の空き状況を伝えている式場は多く、焦らせることで即決を狙おうとしています。本当の空き状況を確認する方法を知り冷静な判断が出来る状況を作りましょう!
ゼクシィ相談カウンターの口コミ・デメリットをプランナーが暴露
【ゼクシィは使うと損だった!?】裏側を知り尽くしたプランナーがゼクシィ相談カウンターのリアルな口コミやデメリットを解説します。ゼクシィ相談カウンターの本当に正しい使い方はこの記事で学んでください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>

スポンサーリンク
スポンサーリンク