ヒマリの正しい使い方!最安プラン検索と仮予約はこうやる!

ヒマリの正しい使い方!最安プラン検索と仮予約はこうやる!

こんにちは。takeshi kadotaです。

 

自分たちに合った結婚式場を探したい、理想の結婚式をできるだけ時間をかけず、効率よく実現させたい…そんなカップルさんにぴったりなウェディングサイトが、ヒマリというものです。

 

ネット社会の今、自宅でインターネットを使った方法で、自分たちにぴったりの結婚式場探しや詳細な見積もりが手に入るというのは、非常に嬉しいポイント。

従来のウェディングサイトとは異なる画期的な機能を持ったと話題のヒマリですが、このヒマリで具体的にどんなことができるのでしょうか?

 

この記事ではヒマリで出来ることや実際の使い方を紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、ヒマリでできること

まず、ヒマリでできることのひとつは、希望の自己負担額や挙式日に合わせて式場を検索することです。

ヒマリでは、トップページから、自己負担額か挙式日の希望を入力し、式場絞り込んで一覧表示させる使い方が可能です。

例えば、特定の予算があるという方は自己負担額を入力しましょう。

また、挙式したい時期が既に決まっているというカップルは、挙式日で検索することもできます。

 

いくつもの式場をチェックして、とても気に入ったのに予定が空いていない、自己負担額が自分たちの予算と合わない…という結果になってしまうことを避けられます。

実現化しないブライダルフェアなどに参加する時間はもったいないため、気になる式場から、自分達の希望に合うプラン選びがしやすいのが、ヒマリの特徴です。

 

また他のサイトではエリアから結婚式場を探すのが一般的ですが、費用面や空き日程から探せるのはヒマリの大きな特徴です。

 

特に、結婚式の料金形態というのは、意外と分かりにくいもの。

もっと安く済ませられると思っていたのに、最後に振り返ってみたら思っていたよりずっと高くなってしまった、というケースも珍しくはありません。

 

その点、自己負担額というはっきりとした金額を自分たちで設定できるので、結婚式にお金をかけるというよりは、新生活のために取っておきたいという堅実派の方にも、ぴったりです。

また、結婚式をあげたい時期が明確に決まっているという方も、ヒマリを使って、結婚式の見積もりをチェックするのが良いでしょう。

 

結婚式の詳細な見積もりを公開しているサイトは、ヒマリだけです。

式場に足を運ばずに、具体的な見積もり内容を確認でき、オプションの値段や費用の内訳までわかってしまうのがヒマリのうれしい特徴です。

また、自己負担額ゼロ円のプランも紹介されているので、自分たちの予算に合ったプランを選んでいくことができるでしょう。

 

ヒマリでできることのもう一つの大きな特徴は、わざわざ式場に足を運ばずにネット上で仮予約ができてしまうことです。

これが一番画期的なサービス内容です。

 

ヒマリを使えば、見積もりをもらうためだけに、式場に足を運ぶ必要はありません。

式場が遠方で、距離的、また経済的に何回も行くのは大変だという方、すぐにでも結婚式を挙げる必要がある、新婦さんが妊娠していて体力的に足を運ぶことができないといったシチュエーションの方にとって、これはかなり大きなメリットと言えるでしょう。

 

ヒマリであれば、具体的な見積もりをオンラインでチェックし、そのまま式場を仮予約することができます。

効率良く、手間なく無駄なく、結婚式の準備を進めていくことができるでしょう。

また、希望の日程が既にある程度決まっているなら、ネット上で式場の空き状況をチェックしてから、仮予約することができます。

 

仮予約すれば見学に行くまでの間、他の人に紹介されることはありません。

日取りから式場を検索することもできるので、日程の希望がすでにある方にとって、ぴったりでしょう。

 

公式サイトはこちら

HIMARI(ヒマリ)

 

2、ヒマリで式場を探す

ヒマリで式場を探すためには、ある程度の自分たちの予算、もしくは日取りのどちらかを知っておくことが必要不可欠です。

ヒマリでお得な結婚式プラン・結婚式場を探すためには、挙式日で探す、もしくは自己負担額で探すという二つの選択肢があります。

 

それぞれエリアは選択できますが、今のところ関東・東海・関西エリアの三つのみが選択可能となっています。

希望する日程が具体的に決まっている方は挙式日から検索、コスパ重視のカップルは自己負担額検索機能を利用するのがおすすめの使い方。

 

そして、一覧表示されている結婚式場の中から、気になるものをチェックしていくことができます。

 

<ヒマリ関連記事>

ヒマリ(HIMARI)のメリット・デメリット・注意点をプランナーが解説
【ヒマリの注意点2つとは?】結婚式が自己負担額0円で叶う日程を仮予約できる!と大人気のヒマリですが利用する際には注意点があります!デメリットも理解したうえで利用しましょう。
結婚式予約サイト「ヒマリ」の評判・口コミをプランナーが紹介
【ヒマリなら見積もりも空き日程も丸わかり!】結婚式の日程をネットで予約できる画期的なサービスがオープン!ヒマリで出来ることや評判をウェディングプランナーが徹底解説!!

 

3、ヒマリで最安プランを探す

ヒマリは、従来のウェディングサイトと異なり、安いプランが探しやすいのも特徴のひとつです。

コスパ重視のユーザーには、とっても嬉しい特徴と言えるでしょう。

 

ヒマリは、結婚式場を一覧で表示するのではなく、結婚式の料金プランを一覧で表示してくれます。

具体的なパッケージプランと料金の詳細が一覧で表示されるため、最安値のプランを一目で見つけることができます。

式場を決めてから見積もりをもらいにいく方法では、式場はとても気に入ったのに、予算と全く合わなかったというケースもあり得ます。

ヒマリを使えば、そんなガッカリを避けられるでしょう。

 

式場側は通常、多くの利益が欲しいのが当然のこと。

足を運んで見積もりをお願いすれば、高いプランから紹介される可能性も高いでしょう。

しかし、ヒマリを使って料金プランが表示された一覧を見てから式場とプランを決めていけば、最安プランを簡単に探すことができます。

 

安いプランを見つけるためのポイントの一つは、招待するゲストの数をある程度決めておくことです。

 

ヒマリは、何名以上のゲストで、自己負担額が何円になるという表示の方法なので、ゲストの人数のイメージがある程度決まっている方が、安いプランを探しやすいと言えるでしょう。

例えば、50名以上のゲストで想定自己負担額がゼロ円、100名以上で20万円など、様々な異なるパッケージプランが存在します。

 

公式サイトはこちら

HIMARI(ヒマリ)

 

4、ヒマリで空き状況を探す

気になるプランを見つけることができたら、具体的な内容を確認していきましょう。

プラン内容には、実際にかかるコストとご祝儀などを引いた想定自己負担額なども、記載されています。

 

オプションの料金なども掲載されているので、希望の演出などがいくら追加で行えるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

式場とプランが決まり、オプションなどでカスタマイズが完了したら、空き状況をチェックしましょう。

 

式場見学のオープン日程が表示されるので、都合のよい日を選ぶことができます。

初めから日程で探すという検索方法を使った場合は、さらに簡単に空き状況をチェックすることができるでしょう。

 

ヒマリ以外に結婚式場の空き状況を調べる方法もありますが、ヒマリが圧倒的に簡単です。

結婚式場の空き状況の調べ方!空き日程は嘘だった!
現役プランナーが式場の空き状況についてぶっちゃけます。嘘の空き状況を伝えている式場は多く、焦らせることで即決を狙おうとしています。本当の空き状況を確認する方法を知り冷静な判断が出来る状況を作りましょう!

 

5、ヒマリで式場を仮予約する

ヒマリの嬉しい特徴の一つは、オンライン上で式場の仮予約まで進めてしまうことができること。

仮予約を行えば見学に行くまでの間、他の人に紹介されてしまう心配はありません。

 

気に入った式場が見つかっても、空き状況まではウェブサイトでわからないという他のサイトに比べると、スムーズに式場を選ぶことができる特徴と言えるでしょう。

ヒマリに掲載されている式場は、オンライン上で仮予約ができる式場です。

 

式場に行っても希望日が空いていなかったという無駄を省く為にも、気に入った式場とプランが見つかったら、挙式日を仮予約しましょう。

ヒマリで仮予約ができるのは、二つの日程まで、また仮予約の申請をしてから2週間以内に見学に行き、契約するかどうかを決める必要があります。

 

ドレスの試着や料理の試食など、他に参加したい希望があれば、事前にリクエストすることが必要です。

式場に直接足を運ぶ前に具体的な費用を知りたいという方や、日程にこだわりがある方、とにかく時間をかけずに結婚式の準備を進めたいという方に、もってこいのサービスと言えそうです。

 

公式サイトはこちら

HIMARI(ヒマリ)

 

<合わせて読まれている記事>

結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが9社比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ9社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。9社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ハナユメ割のデメリットは?なぜ安いのか実際の感想をプロが解説
ハナユメ割はなぜ安いの?本当にデメリットはないの?そんな疑問をウェディングプランナーだからこそ知っている情報を含めながら解説します。特徴やデメリットを理解したうえでハナユメを利用しましょう。
ゼクシィ相談カウンターは損?デメリット・メリットをプランナーが暴露
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!
結婚式場紹介サイトを徹底比較!5社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>

スポンサーリンク
スポンサーリンク