ハナユメを使って自己負担額を極限までなくす方法!黒字化も可能

ハナユメを使って自己負担額を極限までなくす方法!黒字化も可能

こんにちは。takeshi kadotaです。

 

結婚式を挙げるうえで一番気になるのが費用面でしょう。

そして費用の中でも合計金額よりも自己負担額のことが何より重要です。

なるべくなら自己負担額を0に近づけたいと誰もが思うはずです。

 

そこでこの記事ではハナユメという媒体を使って極限まで自己負担額を抑える方法を紹介致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1、結婚式の自己負担額相場


結婚式にかかる費用は式場の場所や日程・招待するゲストの数などによって千差万別です。

一般的な結婚式費用の相場は、そうした要素によって費用は変わるものの目安としては250万円~450万円程度となっています。

これから新しい生活を始める二人やその家族にとって、この金額を全部自己負担で支払うことは大変なものですし、実際に結婚式にかかる費用を全額自己負担するケースはとても稀です。

 

その理由は結婚式では招待したゲストがご祝儀を持ってきてくれるからです。

誰がどのぐらいご祝儀を持ってきてくれて、最終的な合計がいくらになるかという点については挙式の当日まで分からないものです。

しかしご祝儀にはおよその目安とか相場・マナーなどがあるので大体の総額を予測することは可能です。

そして結婚式にかかる費用の総額からこのご祝儀分を差し引いた分が、最終的に挙式の際に支払う自己負担額ということになります。

 

結婚式の際の自己負担額はあくまでも平均的な目安ですが、結婚式にかかる費用が250万円~450万円程度とすると、自己負担額は50万円~150万円程度になるケースが多くなります。

この自己負担額は新郎新婦が貯金などでまかなうケースもあれば、両家が折半で捻出するというケースもあります。

 

2、自己負担額を減らす方法


結婚式における自己負担額を減らす方法はいくつかあります。

1つ目の方法は、ゲストの食事の内容を低料金のものに変えるとか、引き出物にかかる費用を節約するなどの方法です。

しかしこれでは、せっかく結婚式に招待したゲストへのおもてなしという部分で妥協しなければいけません。

 

2つ目の方法は、ゲストの御祝儀を会費制のようにしてご祝儀の合計金額を固定するという方法があります。

この方法もあまり結婚式では喜ばれるものではないので注意が必要です。

ゲストから受け取るご祝儀はあくまでも気持ちです。そのため会費制にして全員均一でいくら払ってくださいというのでは、招待されるゲストの気持ちがなえてしまう原因にもなりかねません。

2次会や1.5次会ではよく使われる方法ですが、披露宴ではあまりありません。

 

3つ目の方法は、結婚式にかかる費用そのものを低く抑えるという点があります。

食事の内容や引き出物のセレクションで妥協するという方法もありますが、そうした部分を妥協しなくてもかかる費用を大幅に割り引く方法があります。それが、ハナユメを使う方法です。

 

ハナユメは結婚式場を見つけるための結婚相談サービスで、かかる挙式費用を最大100万円以上値引きできるというコスト面でのメリットが大きな魅力です。

全国すべての結婚式場に対応しているというわけではありませんが、ハナユメが対応している式場を選びハナユメ割が適用される日程で挙式をすれば、式場や内容を一切妥協することなく挙式にかかる費用を大幅に割引きできるのです。

 

そして場合によってはゲストから貰えるご祝儀と実際にかかる費用を相殺することもできるので、挙式の際の自己負担額を低くすることが可能です。

場合によっては自己負担額がゼロになるどころか収支が黒字になるというケースもあります。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

3、ハナユメ割で自己負担額を極限まで減らす


結婚式の自己負担額を極限まで減らすためにはハナユメを利用する方法が最善で最短です。

その理由は一流の結婚式場で一流のお食事や引き出物をゲストに提供するような理想の結婚式を挙げても、ハナユメ割を使うことによってかかる費用を最大100万円以上抑えることができるからです。

 

内容を妥協したくないが費用をとにかく安くしたいというカップルにとっては、ハナユメ割はまさに夢のようなサービスなのです。

 

しかもこのハナユメ割は利用者に金銭的な負担がかかることなく、すべて無料でサービスを受けることができます。

ハナユメでは式場が予約を入れてほしいと願う日程で利用者をマッチさせるサービスを提供していますが、予約が入ると式場から報酬が支払われるという仕組みになっています。

つまり新郎新婦様から利用料や手数料などの料金を貰うことは100%ありません。

ハナユメ相談カウンターって実際どうなの?評判や口コミを紹介
【プランナーが語るハナユメの真相!】新郎新婦様から実際に聞いた評判や口コミを紹介。自身がハナユメに相談した経験談も含めてハナユメの「リアル」を解説いたします。

 

式場にとっては自社だけでは予約が入らない日程に対してハナユメが予約を入れてくれるわけですからリーズナブルな挙式費用で提供し、ハナユメに対して報酬を支払ったとしても予約が入らないより良いわけです。

利用者が完全無料で利用できるのはそのためで、後からなにかしら請求されることは一切ありません。安心して下さい。

 

挙式にかかる自己負担は50万円~150万円なので、ハナユメ割りで100万円の割引が貰えれば実質的な自己負担額は最大でも50万円程度ということになります。

場合によってはハナユメ割のおかげで自己負担がゼロになるだけではなくて黒字化できるというケースもあります。

これはすべて、ハナユメ割を利用することで得られるメリットと言えるでしょう。

 

ハナユメ割で自己負担額を最小限に抑えるためには、いくつかのポイントを抑えた式場探しがおすすめです。

 

まず1つ目は日程面はフレキシブルに対応するという点です。

例えば土曜日の午前中でしかも大安などは、誰もが希望する挙式の日程です。

そうした日程ではハナユメ割の対象になっていないことが多いですし、割引があってもビッグな値引きは期待できません。

土曜日の午前中ではなくて日曜日の午後とか平日などに挙式をすれば、大きなハナユメ割が期待できるでしょう。

 

2つ目のポイントは、挙式は半年以内にするという点です。

半年以上先でもハナユメ割を適用することはできますが、割引率が大きく変わります。

ビッグな割引きで自己負担を最小限にしたり黒字にしたい場合には、挙式は半年以内にするのがベストです。

 

3つ目は式場の選択肢においてもできるだけフレキシブルに対応する気持ちを持つという点です。

式場によってハナユメ割の割引率は異なります。

もちろん挙式では式場選びも大切なポイントなので、割引額だけで式場を決めるというわけではありません。

しかしハナユメ割を最大限活用するのなら、できるだけオープンな気持ちで式場選びをしたほうが自己負担額を小さく抑えることが可能です。

挙式で黒字を出している人たちの多くは、フレキシブルに費用面も含めた賢い式場選びをしています。

ハナユメを通して結婚式費用を100万円以上値引きする方法
【ハナユメは人によって割引額が違う!】ハナユメは正しい使い方を知らなければ100万円以上の割引は得られません。プランナーだからこそ知っているハナユメで最大割引を貰う方法を紹介します。

 

これらのポイントあくまで最大限の割引を貰うコツです。

その為、上記のようなポイントを抑えなかったとしても自分で交渉するのでは絶対に貰えないレベルの高額な割引が得られます。

 

実際に私の式場でもハナユメから予約があった場合には120万円程度の割引が入ったハナユメ割価格で見積もりを出しています。

これだけの割引はそう簡単に貰えませんからハナユメを通してブライダルフェア予約をしましょう。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

4、ハナユメ割で黒字化も可能


ハナユメ割を上手く使えば、挙式にかかる費用を全てご祝儀でまかなうことができて自己負担をゼロにできるだけでなく黒字化することも可能です。

 

しかもハナユメを使うおかげで式場や食事の内容などを妥協する必要がないのですから、これは素晴らしいサービスと言えるのではないでしょうか。

ゲストにも喜んでもらうことができて新郎新婦にとっては大満足の挙式を挙げることができて、しかも自己負担がゼロでおまけに黒字として収入が入るのですからハナユメ割を利用しない手はないでしょう。

 

もしも挙式で黒字化できたら、その分を新婚旅行に当てても良いですし新居での生活に必要な家具などの購入費用に充てることもできます。

使い道はたくさんありますし、新郎新婦がこれまで貯めてきた貯金を崩さなくても良いということは長期的にも大きなメリットになるものです。

ハナユメ割を利用すれば絶対に全員が黒字になるというわけではありません。

しかし黒字にならなくても自己負担をかなり抑えることができるので、これからの二人の生活には大きなプラスとなってくれます。

 

さらにハナユメはブライダルフェア予約キャンペーンを行っており、ハナユメを通してブライダルフェアに参加すれば最大5万円の電子マネーが漏れなくもらえます。

こちらも必ず利用しましょう!

ハナユメ最新キャンペーン情報!商品券・電子マネー5万円を受け取る方法
【ブライダルフェア予約はハナユメを使わなきゃ損!?】ハナユメのキャンペーンは常に業界トップクラスの報酬額を提供してくれています。高額な報酬を受け取る為の方法を最新のキャンペーン情報と合わせて紹介します。

 

公式サイトはこちら

ハナユメ

 

<合わせて読まれている記事>

ゼクシィ相談カウンターは損?デメリットをプランナーが解説
ゼクシィ相談カウンターを筆頭にブライダル相談カウンターのメリット・デメリットを大暴露!直接契約することとの比較をしながら最適な式場予約方法をお伝え致します。結婚式場探しは予約段階から賢く立ち回ることが大事ですよ!
結婚式相談カウンターのおすすめは?プランナーが10社比較
【プランナーが厳選する結婚式相談カウンターおすすめ10社を比較】結婚式相談カウンターには大きく分けて3パターンあるのをご存知でしょうか。目的によって使い分けることが理想の結婚式への第一歩となります。10社それぞれの特徴をまとめながら、あなたに合ったカウンターを見つけられる記事です。
ブライダルフェアのキャンペーン2019年最新のおすすめは?
【プランナーが最新キャンペーン情報を解説!】ブライダルフェアは参加するだけで3万円~5万円程度貰えるキャンペーンを行っています。どのサイトから予約するかによってキャンペーン金額は変わるので、一番お得なサイトを知っておきましょう。
結婚式場紹介サイトを徹底比較!5社をプランナーが解説
ゼクシィやハナユメやマイナビウェディングなどたくさんの結婚式場比較サイトがあると、どれを使えばいいのか分かりませんよね。それぞれ特徴や機能が違う為、欲しい情報によってサイトを使い分けることが「後悔しない結婚式」への第一歩となります。
ハナユメは最悪?裏側を知るプランナーが真相を解説
ハナユメの評判は?最悪なの?実際どうなの?ウェディングプランナーだからこそ知っているハナユメの真相や裏側を徹底解説!どのサイトや相談カウンターを使うのがベストなのか判断する為に知っておくべきハナユメの全てを紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<SNSでフォロワーに共有する>

<takeshi kadotaをフォローする>